ピクシブ百科事典

東浩紀

あずまひろき

作家(小説家)、 思想家。哲学者と呼ばれる事もある。

日本の思想家、評論家、SF作家。「現代思想好きのオタク」を自認し、現代思想と絡めたオタク論で知られる。美少女ゲームのファンでもあり、麻枝准竜騎士07の二人を特に高く評価している。

フランス現代思想を専攻し、1999年に刊行した初の著書『存在論的、郵便的 ジャック・デリダについて』で名を知られる。『動物化するポストモダン―オタクから見た日本社会』ではオタク層の萌えの消費を「データベース消費」「動物化」と表現し議論を巻き起こした。

思想や文芸のサブカルチャー(ここでは主にライトノベルアダルトゲームなどのオタク文化をさす)との接合につとめ、『ファウスト』などのサブカルチャー系文芸誌の刊行に関わる。本人もSF作家としてデビューしている。

アートの分野では、カオスラウンジのメンバーの師匠として活動の場を提供し、彼らが制作した著作権上の問題がある作品を絶賛し買い上げた。その行動により、その後カオスラウンジの引き起こした騒動について責任を問われた。

東日本大震災以降、政治的発言が増えている。ポストモダン系リベラル論者を標榜しており、都知事選では猪瀬直樹を応援した。

関連人物

村上隆 浅田彰

pixivに投稿された作品 pixivで「東浩紀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5121

コメント