ピクシブ百科事典

ソロモン・イブン・ガビーロール

そろもんいぶんがびーろーる

スペインのユダヤ教徒、哲学者。

概要

十一世紀に活動したスペインユダヤ教徒の詩人・新プラトン主義哲学者。
ベン・ガビーロール、アヴィケブロン、とも。

新プラトン主義の哲学者として、プロティノスと同じく流出説をとり、「最高の原理である神の意志から、知性、世界精神、自然の順に流出する」とした。彼は、を除いてあらゆる存在者は質料形相によって合成されていると考えた。
この命題を初めて唱えた人として西方では有名になる。

抒情詩はユダヤ教の典礼の中に残り、「罪の告白」で終わる聖歌「Keter malkut(王冠)」は
ヨーム・キップールの日の礼拝において唱えられている。
虚弱体質であったと伝えられている。世にも珍しい女性型のゴーレムを、召使いとして作成したという逸話があり、この話を聞いた王がガビーロールを罰しようと喚問した時、彼は王の目の前でこれを分解し、再び組み立てたという。

外部リンク

ソロモン・イブン・ガビーロール - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「ソロモン・イブン・ガビーロール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4861

コメント