ピクシブ百科事典

海の底

うみのそこ

著者、有川浩の小説。通称自衛隊三部作の一つ。 題名の通り、海上自衛隊の潜水艦が物語の中心となっている。
目次[非表示]

ストーリー

米軍横須賀基地に停泊中の海上自衛隊潜水艦「きりしお」は、唐突な出航命令を受けた。予定になかったことから大半の乗員が不在のままではあったが、ともあれ命令に従おうとした「きりしお」は、湾内に潜む何かに囲まれたことで身動きが取れなくなった。

艦を捨てての退去を決断した艦長以下の乗員が陸上に見たのは、人間大の巨体を持つザリガニのような甲殻類の大群が這い回る基地、そしてそれらに捕食される人々の姿だった。基地外への退路が完全に塞がれたことで、夏木大和三尉、冬原春臣三尉は救助した民間人の子供ら13名と共に「きりしお」内へ退避した。 しかし、艦の停泊場所が米軍基地内であること、また湾内が甲殻類に埋め尽くされていることから早急な救助対応は望めず、「きりしお」は孤立した状況に置かれてしまう。

「非常識事態」に戸惑いながらも、自衛隊への主導権移行には及び腰な警察。他国が基地施設に介入することをよしとしない米軍。対応が錯綜する中、やがて市街へ侵入した甲殻類の圧倒的な数と強靭な生命力、容赦ない襲撃に対して、市民救助のため前線に立つ神奈川県警機動隊は凄惨な戦いを強いられることになる。

一方、潜水艦内でも子供たちの間で軋轢がおこり、歪んだ人間関係があきらかになりつつあった。

主な登場人物

夏木大和
森生望

関連タグ

有川浩 塩の街
空の中 自衛隊
潜水艦 レガリス

pixivに投稿された作品 pixivで「海の底」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73375

コメント