ピクシブ百科事典

図書特殊部隊

としょとくしゅぶたい

『図書館戦争』シリーズにおける組織・図書隊のなかの精鋭部隊。
目次[非表示]

概要

図書館戦争』の世界における表現の自由を守るための組織・図書隊のなかでも、とりわけ優秀な防衛員から構成された精鋭部隊のこと。「ライブラリー・タスクフォース」とも呼ばれる。
日本で最も危険な職業であり、その戦闘力は自衛隊警察を凌ぐといわれるほどである。

主なメンバー

関東図書隊では50名強の図書特殊部隊員が所属し、。5〜6名ごとの班(堂上班は4名)で構成される。
詳しくは堂上班も参照。
以下は、主なメンバー、役職階級である。

  • 玄田竜助…図書特殊部隊隊長(三等図書監→一等図書監)
  • 緒形明也…図書特殊部隊副隊長(一等図書正→三等図書監)
  • 進藤…図書特殊部隊No.1スナイパー(一等図書正→三等図書監)
  • 堂上篤堂上班班長(二等図書正→一等図書正)
  • 小牧幹久…堂上班副班長(同上)
  • 笠原郁…堂上班班員、図書特殊部隊紅一点(一等図書士→図書士長→三等図書正)
  • 手塚光…堂上班班員(同上)

選抜基準

防衛員なら誰しも選抜されるわけでなく、適性と隊に見合った十分な資質や能力が要求される。
防衛部のなかでもあらゆる業務に精通し、高い戦闘力とずば抜けた優秀な能力をもつ防衛員から選ばれる。また、図書隊員としての高い意識はもちろん、チームワークを重んじる組織であるため、社会性や協調性も必要とされる。
選抜者は主に上官によって推薦され、稲嶺和市司令のもとに拝命する。
防衛部である程度の経験を積んでから転属になるのが普通で、手塚の両名が新人訓練終了後に直接配属されたのは異例である。

主な仕事内容

通常の図書館業務から大規模制圧戦まで、全業務を担う。
図書館業務ではリファレンスなどの司書的業務、大規模制圧戦では良化隊との攻防戦などの戦闘が主となる。平時は基地に駐屯し、市街紹介のほか各図書館の要請に応じて出勤する。
図書館の警備や見回りなどの業務と訓練は、班ごとにローテーションを組んで行う。
図書館で起きる事件(痴漢や盗難など)に関しては、時として囮捜査を実行し、不審者犯人の確保に努める。
敵である良化隊は武装弾圧を厭わないため、場合によっては彼らとの抗争で死傷者が出ることもある。その危険性は、自衛隊警察を上回るといわれるほど。

戦闘訓練

良化隊など表現規制に賛同する組織・団体に対応するためにあらゆる戦闘訓練を積む。
主な訓練内容は、ハイポート(銃を持って走る訓練)、格闘技訓練、リぺリング(降下訓練)、100m走、荷担ぎ訓練、射撃、野営、対催涙ガス訓練など、基礎体力づくりから実践演習まで多岐に渡る。

戦闘装備

主な個人装備は、防衛員の装備に加え64式7.62mm小銃、89式5.56mm小銃、9mm機関拳銃である(弾は弱装弾を配備)。任務によって無線機やファーストエイドキットの携行、防弾仕様の大盾を使用することもある。その他UH-60JAヘリコプター化学兵器によるテロを想定した防護服なども配備されている。
戦闘時には防衛員、図書特殊部隊員ともに機関拳銃または自動小銃を装備し、オリーブドラブ色の戦闘服に戦闘用ヘルメットボディアーマーエルボーパッドニーパッドを着用するスタイルが基本である。

pixivに投稿された作品 pixivで「図書特殊部隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37933

コメント