ピクシブ百科事典

9mm拳銃

きゅうみりけんじゅう

9mm拳銃とは、日本の自衛隊が制式採用している拳銃で、海外ではP9とも呼ばれている。
目次[非表示]

解説

日本自衛隊で採用されている拳銃で、主に海外ではP9とも呼ばれている。
自衛隊創設期より、アメリカ軍から供与・貸与されていた11.4mm拳銃の後継銃として、1982年に制式採用され、スイスSIG社および、当時その傘下であったドイツザウエル&ゾーン社が開発したSIGP220を、新中央工業(現:ミネベア)がライセンスを取得し、生産・調達されている。
P220そのままで製造しているわけではなく、.45ACP仕様も想定したフレームはシングルスタック(マガジン内で弾が一列に並んでいること)と言えども日本人の手には握りにくいとしてグリップパネル形状は変更されている。

使用している弾薬は、9x19mmパラベラム弾(自衛隊での名称は9mm普通弾)であり、ハーグ陸戦条約に準拠している軍事用のフルメタルジャケット弾に分類される。
弾頭の先端はラウンドノーズではなく平たい形状になっており、普通弾以外にも、空包フランジブル弾(銅、スズなどの粉体金属を押し固めた砕けやすい弾丸)も使用されている。
スライドには「9mm拳銃」の文字とシリアルナンバー、各自衛隊を示すマーク(自衛隊武器マーク)が刻印されている。

ちなみにライセンス取得当時の構造で製造されているため、改良が行なわれた現在の本家モデルとは構造が異なる部分がある。
特に目立つ部分はマガジンキャッチ部分で、9mm拳銃や90年代以前のP220はグリップ下部にマガジンキャッチがあり、コンチネンタルタイプと呼ばれるマガジン底部を押さえる構造となっていたが、現在のモデルはP220等と同様にグリップ左側面トリガーガード根元付近にマガジンキャッチボタンがあり、マガジン側面の切り欠きとかみ合って保持する構造となっている。(現在のP220ではコンチネンタルタイプのフレームは製造されておらず、改造などにより構造を変更した特注品のみとなる)

各マーク
陸上自衛隊:桜にW(Wweapon(武器)の頭文字)
海上自衛隊:桜に錨にW
航空自衛隊:桜に翼びW

登場する作品


関連イラスト



関連タグ

自衛隊 軍隊
 拳銃
オートマチックピストル

pixivに投稿された作品 pixivで「9mm拳銃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27337

コメント