ピクシブ百科事典

ハイパワー

はいぱわー

アメリカの銃器設計家ジョン・ブローニングの遺作となった拳銃。

概要

ベルギーFNH社が製造・販売する拳銃
アメリカの銃器設計家ジョン・ブローニングが生前最後に設計した拳銃である。
1926年のブローニングの他界後、FN社のデュードネ・ヨセフ・サイーブが設計を引継ぎ、1934年に完成。

複列弾倉を量産品として初めて採用したシングル・アクションの自動拳銃で、その装弾数の多さから「ハイパワー」と名づけられた。
「FNハイパワー」、「ブローニング・ハイパワー」、「FNブローニング・ハイパワー」とも呼ばれる。
コルトM1911ブローニングM2重機関銃など、数々の銃器を設計したブローニングの集大成ともいえる自動拳銃である。

カム溝を用いた改良ブローニング式のショートリコイル機構は、以降に製品化された多くの自動拳銃で模倣されている。

高い信頼性と実用性から世界の50ヶ国以上の軍隊、警察で制式採用され、ドイツ武器弾薬工業の開発した9mmパラベラム弾が、世界の軍用拳銃の標準的な実包となる一因となった。
長年に亘り正式採用の座を譲らず、その後も改良が重ねられている。

安全装置の一つにマガジンセーフティが採用されている。
マガジンを抜いた状態ではトリガーがロックされ、薬室内に弾薬が残った状態であった場合に誤発射を防ぐ機構だが、この機構のせいでマガジンが抜きづらい等の問題があったために使用者の手によりキャンセルされて使用されることが多かった。

バリエーションとしてダブルアクションモデルのハイパワーDA、コンパクトモデル、変則ダブルアクションのファストアクションモデルなどが開発されている。
ハイパワーの後継機種としてポリマーフレームのFNP、FNX等が開発されている。

関連タグ

FNH FN ブローニング

pixivに投稿された作品 pixivで「ハイパワー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12902

コメント