ピクシブ百科事典

P90

ぷろじぇくとないんてい

ベルギーのFNH社が制作した人間工学に基づき、多用途での活動と高い殺傷能力を備えたアサルトライフルとサブマシンガンの中間に位置する新しいタイプのカテゴリの銃。 元々PDWとは本銃に与えられたカテゴリであり先駆者。
目次[非表示]

開発経緯

第二次世界大戦冷戦が終結するも世界は新たに「テロリズム」「ナショナリズム」「宗教戦争」という新たな戦争に悩まされる事になる。
また、それに対して対テロ部隊が数多く発足するも、防弾チョッキが広く普及し、一般の人間にも手に入れられる様になった現在、既存の拳銃弾では威力不足という事が結論づけられ、短小化されたアサルトライフルなどが使われる様になった。
しかし、アサルトライフルの弾頭は非常に貫通力が高く、外した弾頭や犯人を貫いた弾頭が跳弾し人質などにまで被害を与えてしまうという懸念が示された。また、反動が大きかったのも問題の一つであった。
同時に、同時期にPMSCsつまりは民間軍事企業が発達し彼らの任務において車両の乗り降りは必須でありその中での取り回しも重要視される様になった。

これらを要約すれば「威力高い」「小さくて動きやすい」「跳弾しない」「反動小さい」というものである。無理難題極まりない。

それらをふまえた上で80年代末にFNH社がローエンフォースメント向けに開発したのが本銃プロジェクト90、P90である。

本来は冷戦時代、自動小銃を装備しない、装備し辛い環境の兵士が後方浸透してきた敵兵に対し自衛するための火器という、M1カービンと同じコンセプトで開発されていた。
(初期型の使用弾薬であるSS90は樹脂弾芯の高速軽量弾であった事から当時主流のソフトアーマーのみ貫通できることを求めていると思われる)
アメリカ軍自体はD/296文書により新機軸のPDWを定義したものの、冷戦終結による予算不足やM4カービンの登場もあって、採用はキャンセルしている。

初期は威力は距離10mでSS109 5.56mmNATO弾に近い威力を持ち、長い有効射程を持つSS90(弾芯はポリマー)が使われていたが、貫通力や命中精度に優れたSS190(弾芯は鉄とアルミニウム)の方が優位であるとしてSS190に変更された。
SS90とSS190の見た目の主な違いは弾頭部の長さであり、SS190は約3mm短くなっている。

運用状況

開発国のベルギー特殊部隊を始め世界中の特殊部隊や特別な機関の職員が使用している。
登場当初は表に出ることが少なく、一部のマニアのみが知る程度のキワモノ銃に近い扱いだったが、
在ペルー日本大使公邸占拠事件のチャビン・デ・ワンタル作戦において(協力関係にある英SASが訓練を施した)軍・警察の特殊部隊が使用していたのもあり今では優秀な対テロ装備として知れ渡っている。

そしてイラストを見ても分かる通り非常にSFチックな見た目から多方面から人気があり無論二次元でも大人気である。
ヨーロッパのロリ部隊も使うし、CoD:MWシリーズ等のFPS作品でも人気である。元大統領ガンスピンまでする。

フルオート機構の排除、銃身の延長が行われた民生型のPS90が販売された。
同時に弾頭構造をHP弾に変えることで貫通力を抑えた弾薬が民間用として販売されている。
現在では法執行機関専用の5.7mmFMJを含むPDW用弾薬を防ぐセラミックプレート(ハードプレート)も存在しており、一昔前と違いPDW専用弾薬自体の優位性は減少している。(ソフトアーマーの貫通は現在でも可能)

性能

口径5.7mm
使用弾薬5.7×28mm弾
装弾数50
全長500mm
重量2,540g
有効射程約200m

※wikipediaより概値

そのSFチックな見た目とは裏腹に人間工学に基づく人の身体にフィットする形である為非常に構えやすく、マガジンチェンジを除けば非常に扱いやすい銃であると言える。
50発というハイキャパシティマガジンを備え、突起物も少ないために服などに引っかかることは少ない。
元々自衛用火器として開発されたためにマガジンチェンジに煩わされないよう大容量マガジンを備え、ロングマガジンのような邪魔になる突起物とならないようなデザインを優先しているためにマガジン交換のしやすさはあまり考えられておらず、マガジンチェンジにおいては銃の上にスライドさせる形で挿入する為に熟練までに長い期間要し、採用が一定以上伸びない事に起因している。(これに目をつけたMP7などの登場は脅威である。)
なお、初期のプロトタイプでは機構の検証に必要な最低限の構造しかなかったためか、Vector SDPに似た外見をしていた。
また弾が高価であり、マガジンを落した際に弾がマガジン内で暴れて使用不能になる事があるなどの問題もあり、採用されたものの銃本体及び弾薬の追加注文がないという状況もある。
本銃の為に独自開発された5.7×28mm弾を用い、前述のアサルトライフル弾の欠点を克服している。
弾芯が前部が鉄、後部がアルミニウムで構成された通常弾頭及び曳光頭は防弾チョッキやコンクリートのような堅い物体にぶつかるとそのまま貫通しようとし、人体などの柔らかい物体にぶつかると内部で乱回転を起こし周辺を複雑に傷つけるという。
また、弾頭の重さと火薬量から反動は9mmルガーよりも軽いとされフルオート時の制御を容易にしている。
FNH社は両手に持ち、フルオートで人間大の的に全弾命中させるデモンストレーションを行ったこともあった。
低反動により構造が単純で故障が少ないストレートブローバックのボルト、樹脂を多用した機関部が採用されている。
簡易式バックアップサイトと集光・トリチウムによりレティクルが発光する(光源によりレティクル形状が違う)英リングサイト社製ダットサイトが標準搭載されているがレイルやレイル+調整式アイアンサイトが搭載されているモデルも存在し、拡張性も高い。(レイルのみ搭載のTRではバックアップサイトが無い)
また、内蔵型レーザーサイトを備えたモデルも存在しており、可視光・不可視光のレーザーモジュールが選択できる。(不可視光レーザーは法執行機関のみ)
排莢口にはダストカバーがあり、ボルトの後退と同時に開く構造になっている。
開く方向にばねの力がかかっているため、カバーを閉じる際には手で閉じる。
本来想定されている使い方では無いため推奨は出来ないが、ハンドルを操作しボルト後退させた状態でカバーを閉じることでボルトストップ代わりにもなる。
このように要求された無理難題を完璧に克服しその形状から50発という脅威の装弾数を誇るリアルチート武器とも考えられるが、そのブルパップという形状から射手に若干の負担をかけるなど問題も残ってはいる。
また、薬莢が真下に落ちるため、他の銃と比べて射手が踏んで足を滑らせやすい。(対策として標準でカートキャッチャーの装着が可能となっている)

使用弾薬

SS90旧通常弾。弾芯はポリマー。SS190の登場により廃盤
SS190通常弾。フルメタルジャケット。
SS191曳光弾。性能はSS190と同じ。
SS192ホローポイント弾だが先端の凹みはない。弾芯はアルミニウム。開発は中断
SS193サブソニック弾。
T194練弾弾薬。現在は製造終了
SS195LF鉛非使用のホローポイント弾。弾芯はアルミニウム。
SS196SR民間用弾。先端にポリマーのキャップがされている。現在は製造終了。
SS197SRフィオッキ社製民間用弾。
SS198LF鉛非使用弾。SS195LFの強装弾。


エアソフトガン

当時登場したばかりのP90はトイテックにより外部エアソースエアソフトガンとして販売された。(後に電動化)
当時は今ほど情報が伝わっていない事もあり、SF架空銃扱いされることも度々あった模様。
後に東京マルイが電動ガンとして発売。
バリエーションとしてTRと民間型のPS90が発売されたが、TRはそれ自体の知名度が高くなかった為にマルイお得意の架空モデルと勘違いされることもあった。
当時流行のレイルシステムが存在せず、MP5M4カービン等に比べて拡張性が低い銃となっていた。
そのため、あるサードパーツメーカーがレイルシステムを発売し、更に専用マガジンではなくM16/M4系のマガジンを使用可能とするパーツを出したことからサバイバルゲーム特化に異形化し、宇宙戦艦と呼ばれるようなものまで登場するようになった。
そのレイルシステムのコピー品が実銃用として登場し、リアルに宇宙戦艦が存在するような事態となっている。

他作品あったら追記求

関連イラスト

ぴー90
Myweapon174


FN Project90
初音ミク



関連タグ

サブマシンガン 個人防衛火器 Five-seveN F2000
SAOAGGO・・・主人公のメイン武器

pixivに投稿された作品 pixivで「P90」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1323063

コメント