ピクシブ百科事典

F2000

えふにせん

ベルギーのアサルトライフル。
目次[非表示]

概要

以下Wikipediaより抜粋

FN F2000は元ベルギーの国営銃器メーカであるFNH社が2001年に開発したアサルトライフルであり、同社製のブルパップ式サブマシンガンP90同様、人間工学に基づいた設計がなされているのが特徴である。
弾薬は5.56mm×45 NATO弾 (SS109) を使用する。

モジュール式を採用したブルパップライフルで、米国のOICWの対抗として開発された。将来的に火器統制装置(FCS)を装備する必要性が生じた場合に対応できるように部品(モジュール)を交換することができる。
上部にカバーに覆われた1.6倍スコープを搭載しているが、ピカティニー・レールを搭載している為、ダットサイト等も装着可能である。
また、M16のM203グレネードランチャーよりも操作性に優れたGL1グレネードランチャー(EGLM:Enhanced Grenade Launcher Module、発展型榴弾発射モジュール)を装備することができる。

民間用にセミオートのみで、バレルが少し延長されたFS2000がある。

現在ベルギー軍で制式採用小銃として試験運用段階にある。

性能

プルバップの問題である排薬方向と刺激性ガスの問題を解決している。
排出された薬莢はボルト上部へ押し出され、バレルの上に位置している排出ラインへと押し込まれる。
その後、ところてんのように次に排出された薬莢に押され銃口付近の排莢口から排出される。
装薬燃焼時に生じたガスも同じ場所から排出され、射手が顔にかかることは無い。
ジャム等が生じた際にはボルト付近にあるインスペクションポートを開けることでアクセスが可能となっている。

PMSCsがアフガニスタンで運用していたほかに、リビアで親衛隊が保有していたものを反政府側が所有していたのが見られた。
またスロベニア、サウジアラビア、インド パキスタンが発注している。

データ

全長694mm
銃身長400mm
重量3600g
口径5.56mm
装弾数30発


関連イラスト

とある妹の
Myweapon235



関連タグ

アサルトライフル FNH ベルギー ブルパップ FNF2000
F2000(ドールズフロントライン)

pixivに投稿された作品 pixivで「F2000」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 337620

コメント