ピクシブ百科事典

CoD:MW

こーるおぶでゅーてぃもだんうぉーふぇあ

2019年発売のCoD4:MWのリブート作品。
目次[非表示]

初代MWの詳細は→「CoD4:MW

概要

Call of Duty:Modern Warfareとは、2019年にACTIVISIONから発売された
ミリタリーFPSシリーズであるCall of Dutyシリーズの19作目である。
CoD4:MWをベースにMW2MW3を繋げて設定が作り直された
リブート作品であり、2019年10月24日時点の現代戦を舞台にしたテロリストとの戦いを描く。
今作においてはクロスプレイが可能となり、PC、PS4XBOXONE、全てのプラットフォームで対戦可能となった。
また、現代らしくキャラクターのアクターにYoutubeで動画投稿をしているコスプレイヤーや元軍人、装備開発会社の社長、はたまたラッパーを起用するなど、今どきな面も強い。
銃器描写が強化されており、従来のCoDとは異なり、合成の銃声を使わず実銃録音にこだわったり、リロードモーションの挙動や反動なども従来の作品とは比較にならないほどクオリティがアップしている。(ただしモデリングには架空ディティールが目立つ上、何故かそこまで再現しておきながらチャンバーの一発を再現していない等、粗はあるが)

ストーリー

「この物語には100%の善悪や、白と黒に割り切れない部分があり、複雑な倫理観に基づいています。全ての事象がグレーゾーンの中にあり、どちらかに線引きをすることの難しさが見えてくるでしょう」– TAYLOR KUROSAKI、INFINITY WARD スタジオストーリーディレクター

CIAのアレックスと海兵特殊部隊は、ロシア軍大将でありながら、露政府の意を反する独自の勢力を持つロマン・バルコフ持つ危険な科学兵器を捜索していた。
ヴェルダンスクの秘密工場で対象を発見したものの、謎の勢力に強奪されてしまう。
ヨーロッパと中東を舞台にSASとCIAの化学兵器奪還の極秘作戦が描かれる。

時代背景こそ2019年だが、時系列的にはCoD4よりも前のいわばエピソード0的な側面もある。

マルチプレイ

マルチモードも2019年が舞台であり、アメリカ・イギリス軍中心の勢力
『Coalition(コアリション、"連合"の意)』とロシア軍中心の勢力
『Allegiance(アリージャンス、"忠誠"の意)』との戦闘という設定になる。
オペレーターを変更することで様々な出身のキャラを使用可能。デフォルトのMIL-SIMオペレーターもスキンを変えることでアメリカやロシアではない別の国の兵士にすることができる。
バトルパスも存在し、それを解除していくことで新武器も無料で使用可能となる。
本作では従来の作品で存在したレベル1からやり直すやり込み要素である
プレステージが廃止され、レベルが最大の155になっても次のシーズンになるとレベル55になる、というような体裁をとっており、いちいち武器の解除を最初からやり直す必要がなくなった。
また、前作BO4から体力回復を待たずに行えるスティムショットが受け継がれた。
従来のMWシリーズ同様、デフォルトでのゴア、欠損表現はないが購入したバンドルの設計図によってはBOシリーズ同様、ゴア表現が追加され頭が吹き飛んだり切断面から血が吹き出たりするが、日本語版では規制されており、そのバンドルを購入してもゴア表現がなされることはない。

設計図

本作で新たに追加された要素。過去作のマスタークラフトや武器バリアントに近いが、
違うところは課金で手に入れても性能や獲得経験値は変わらないこと。
そして自分がレベルが足りなくて解除していなくても武器やアタッチメントを先取りして使用可能であることが過去作との違い。
ガンスミスでカスタムしたオリジナルカスタムを改造武器設計図として登録可能。

ガンスミス

これも本作で新たに取り入れられた要素。
Perk関係なく全員が銃にアタッチメントを5つ付けることができ、銃によってはカスタムでカテゴリ自体を変えることができる。(例 LMG→AR SMG→AR AR→SMG)
これによって従来のCoDのカスタムと比べ、銃の改造がより大胆に可能となった。
また、その後のアップデートで設計図のパーツを組み合わせることが
可能になったため、さらに外見のカスタマイズの自由度が広がった。

CO-OPモード

CO-OPモードでは逆にCoalitionとAllegianceが『Armistice(アーミスティス、"休戦"の意)』として手を組んでヴェルダンスクを襲撃したアル・カターラを掃討するという設定になる。1年間のPS4独占コンテンツであり、2020年9月にPC,Xboxで解禁された。
マップはWARZONEと同じヴェルダンスクの範囲を狭めた物やGroundWar用のマップが使われている。
海外では高難易度なゲームが好まれるため、このモードも例にもれず難しく、きちんとリソース管理をしながら4人で協力しあって攻略しないと残り一人で弾薬が切れて詰むということになりかねない。
しかも敵AIが普通に賢い為、隠れていても後ろに回り込んで滅多打ちしてくる。
リリース当初は異常なまでに難易度が高かったが現在ではアップデートによってハードルがかなり下がっている。ただしそれでも気を抜くと死ぬので仲間と手を取り合ってクリアしよう。
ミッションの一つであるストロングボックスは敵が無限湧きする上で仲間4人と固まってプレイできるため、武器経験値の稼ぎ場として非常に有用である。リストックを付けるのを忘れずに。

WARZONE

架空の国家ヴェルダンスクで行われるバトルロイヤル。最大200人対戦が可能。
BO4でもバトロワは存在したが、フルプライズで買わなければならない上、他作の無料FPSバトロワの劣化に近く、あまりにも不人気だった。
そこで今作ではバトロワのみを別で無料で配信し(※)更に同時接続人数を150人にまで増やした上でクロスプレイに対応しているのもあり、
24時間でプレーヤー数が600万人に到達、二か月で6000万ダウンロードの大人気となった。
(※CoD:MWでは追加コンテンツ扱いとなっており、WARZONEをプレイしない場合でもDLは必須となっている)
今作では従来のバトロワでありがちだった素手スタートではなく、最初からプレイヤー全員がX16ピストルを持っているため、先にマップに降り立ち武器を持っているような敵に一方的に嬲り殺しにされないようになっている。
拾ったキャッシュを使用する購入ステーションが存在し、そこでマルチプレイヤーで使えるクラスターストライクや敵の位置をレーダーに移すUAV等が購入可能。負けても刑務所に連れていかれ、そこで1vs1で勝利すれば復活可能、もしそれで復帰に失敗してもチームが復活の権利を購入ステーションで購入すれば復帰可能という仕様であり、もし一人だけになっても上手くキャッシュを集め、敵を回避すればチーム全復活の希望もある。
芋防止の為かマップに攻撃してくるジャガーノートが徘徊していることがある。
投下された物資によってはマルチプレイヤーのロードアウトをそのまま使用可能(流石にレーダーに映らないゴースト等が強すぎるため設定こそできるがPERKは含まない。)という独自のシステムも存在する。ちなみにこれもステーションで購入可能。
マップであるヴェルダンスクはマルチプレイヤーのマップの集合体(もしくはマルチのマップがここから切り取られたもの。)である。
場所によってはMW2等のマルチのマップがあったりする。これも後に切り取られマルチのマップに追加された。
その人気故か、次回作のCOD:BOCWともゲームが統合されることになり、WARZONEで2020年12月10日のアップデート後、BOCWのロードアウトが使用できる他、BOCWのキャラWARZONEでオペレーターとして使用可能になる。
ただし、使用するにはBOCWで先に解除しておく必要がある。

余談

  • バトルロイヤルやCO-OPで使用されるマップであるヴェルダンスクのモデルはウクライナの工業都市であるドネツィク。


関連動画




関連タグ

COD
CoD4:MW
プライス大尉

関連記事

親記事

COD こーるおぶでゅーてぃー

子記事

兄弟記事

  • CoD:MW2 こーるおぶでゅーてぃもだんうぉーふぇあつー
  • COD:MW3 こーるおぶでゅーてぃもだんうぉーふぇあすりー
  • プライス大尉 ぷらいすたいい
  • もっと見る

pixivに投稿された作品 pixivで「CoD:MW」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24499

コメント