ピクシブ百科事典

COD

こーるおぶでゅーてぃ

Call of Duty の略称。
目次[非表示]

CoDは、Call of Dutyシリーズに付けられるタグ。

作品解説

MoH:AAの開発チームが独立した会社、Infinity Wardの作ったFPSゲームである。『メダルオブオナー』とは親戚の関係である。

当初は第二次世界大戦に参加した一人の兵士となり戦闘に参加するという作品だった。実際の戦いを元に作られたステージとリアルな演出がなされた作品である。

元々はMOHを作っていたチームの一部が一人の主人公をヒーロー的すぎると対立が起こり、彼らが独立、彼らを中心にInfinity Wardが結成されて「Call of Duty」が誕生した。彼らのMoH製作チームに対する主張は「プレイヤーはただの一兵士に過ぎない」であった。

なお、「Call of Duty」は「期待以上に」等を意味し、「愛国心等による義務、およびそれを履行する使命感」「理想を求めた叫び(CoD:FHより)」といった風に訳される。

シリーズ

  • Call of Duty

第一作目の作品。すべての始まり

    • CoD:UO
拡張パック
    • CoD:FH
拡張パック
2005年発売のスターリングラードの攻防、北アフリカでの戦闘、ノルマンディー上陸作戦を画く作品
    • CoD2:BRO 米軍第一歩兵師団の兵士となり幾多の戦場を戦う。

1944年、連合軍はフランスを解放すべくナチスドイツへの反撃を開始する。

時代設定を現代にしたフィクション作品。新入りSAS隊員の主人公ソープがロシアの超国主義者と戦うというものである。
前作から5年後、再び世界の危機に英米などの特殊部隊から選抜・編成されたタスクフォース141が新たな超国主義派のリーダーマカロフの計画を阻止すべく動き出す。
MW2の直後から物語が展開するMWシリーズ完結編。

第二次世界大戦を扱った現在最後の作品。システムは4の物を受け継いでいる。またおまけ要素としてゾンビモードなる1から4人で楽しめるモードを追加するなどエンタティメント性が広がった作品である。

WaWの続編。60年代(冷戦時代)の不正規戦(ブラックオプス)を主題とする作品。毒ガス兵器「ノヴァ6」をめぐる攻防と「数字」にまつわる謎を描く。ゾンビモードも引き続き登場。

ブラックオプスの続編。近未来と80年代が舞台である。一人のテロリストがどのように力を手に入れていき、どのように衰退するかを描いている。

新シリーズ。近未来が舞台であるが、MWともBOとも直接の関係は無い。アメリカが開発した軍事衛星ODIN」が南米の連邦軍により乗っ取られ、アメリカの都市部へと運動エネルギー弾が投下された。これにより政府も軍も機能を失ったアメリカの10年後が舞台となる。アメリカ軍と連邦軍は北米でにらみ合い、裏ではアメリカの特殊作戦部隊・ゴーストとゴーストを狩る者達が活動していた。ゾンビモードに代わり謎のエイリアンとの戦闘を行うモードが追加されている。

新シリーズ、BO2、Ghosts等と同様に近未来が舞台となるが、これらのシリーズとのつながりはない。正規軍が衰え、PMCが覇権を握った2060年代の世界が舞台となる。

  • CoD:BO3
BO2の続編であり、BO2でメネンデスが起こした超大規模サイバーテロの影響が色濃く残る2065年が舞台となる。
思考により兵器やシステムを操作するDNI(ダイレクト・ニューラル・インターフェイス)、四肢の機械化といったオーグメンテーション技術が実用化され、それらを備えたサイバーソルジャーが現れた近未来。主人公とブラックオプスの隊員達は、ある任務を切っ掛けに恐ろしい陰謀に巻き込まれていくこととなる。

過去作とはつながりのない未来世界を部隊としたSF要素の強い作品。
宇宙へと進出した人類同士の戦争が描かれる。
レガシーエディションではリマスター版COD4:MWが付属する。

関連タグ

ビューティフォー MOH FPS
山田孝之:CODシリーズの熱烈な大ファンで、Infinite WarfareのCMにも出演している。

pixivに投稿された作品 pixivで「COD」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1867790

コメント