ピクシブ百科事典

9mm弾

きゅうみりだん

銃弾の一種。弾の9mm直径が9mmであるもの。

主に拳銃に用いられる銃弾。
.45ACP弾と比べて単純な威力は劣るが装弾数と低反動性に優れる。
このためサブマシンガンなどにも用いられる。
またこの銃弾を用いる拳銃を「9mm(きゅうみり)」と呼ぶ事もある。
薬莢の全長が19mmのため9×19mmと呼ばれる事もある。
STANAG 4090の標準番号を与えられ、NATO弾として採用されている。

9mmパラベラム弾に対して旧東側諸国で用いられる拳銃弾
特性はほぼ同じでパラベラム弾の9×19mmに対して全長は18mmである。
「ソビエトロシアでは9mmが拳銃を装填する」(ロシア的倒置法

  • 9×17mm(9mmクルツ、.380ACP)
9mmパラベラム弾の薬莢を短縮し、小型拳銃向けにしたもの。
欧州では9×19mmは軍用弾として民間向け販売が禁止されている国もあるため、民間用の9mmといえばこれ。

  • .38spl(.38スペシャル) リボルバーで多く使われている9mm弾。
ヒールド弾(薬莢と弾頭が同径の銃弾)の名称を受け継いだもので薬莢径0.38インチを商品名としている。
弾頭の直径は0.357インチ(9.1mm)である。

.38スペシャルの装薬量を増やしたマグナム弾。
薬莢は.38splよりわずかに長いが径は同じで、.357magが使えるリボルバーでは.38splが使える事が多い。
こちらがあえて弾頭の直径(=対応口径)を製品名とした理由は「.38spl用の銃に威力が高すぎて薬室破損などの危険がある銃弾を誤って使用しないため」
.357magの薬莢が.38splの薬莢に対してわずかに長いのも同様の理由からで、.38spl用の銃に.357magが装填できないようにするためである。

  • .357SIG
SIG SAUERが開発したボトルネックカートリッジ弾。
.40S&W弾の薬莢をネックダウン(所謂ライフル弾のようにボトルネック化)して9mmの弾頭を取り付け、高初速を実現した。
9mm弾だが薬莢のサイズが.40口径サイズのため、上で挙げられている弾と共用できない。

関連タグ

 銃弾 薬莢

pixivに投稿された作品 pixivで「9mm弾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 490

コメント