ピクシブ百科事典

7.62mmNATO弾

ななてんろくにみりなとーだん

NATO加盟国で採用されている小火器用弾薬。弾薬よりも銃器のイラストに付けられる事が多い。

概要

アメリカ軍第一次世界大戦第二次世界大戦を通じて.30-06スプリングフィールド弾を採用していたが、フルオートで撃つと反動が強く制御が困難という問題があった。
そこで.30-06スプリングフィールド弾を短縮した弾薬(7.62×51mm、(M80弾)を開発し、北大西洋条約機構NATO)標準の小銃弾として採用させた。
しかし、薬莢の容積は減ったが新開発の発射薬により威力も反動も.30-06スプリングフィールド弾とそれほど変わらなかった。威力至上主義の一部の軍人を納得させる為とも言われる。
性能の近い.303ブリティッシュ弾の反動が強く、フルオート射撃に向かないのを知っていたイギリス軍は反対したが、アメリカ軍により強引に押し切られた。
その後のベトナム戦争でイギリス軍の主張が正しかったことが証明された。

バトルライフル狙撃銃分隊支援火器と呼ばれる銃に多く用いられている。コントロールを容易にする為に互換性のある減装薬弾を用意している銃もある。

  • M14 - 7.62mmNATO弾を使用する代表的な小銃。
  • FAL - .280ブリテイッシュ弾を採用する予定だったが、アメリカのごり押しで設計変更を余儀なくされた。
  • セトメモデロ58 - 減装薬弾の7.62×51mmCETME弾を使用している。
  • H&K_G3 - 試作時に7.92×33mm弾を使用する試作品もあったが後に設計変更。
  • 64式小銃 - M80普通弾を使用しているが日本人の体格では反動が強すぎたため、通常は減装薬弾を使用している。
  • AK47 - 口径が同じなので、7.62mmNATO弾を使っているとよく間違われる銃。7.62×39mm弾を使用するので、全く関係ない。後年、7.62mmNATO弾仕様とした派生型(TigerAK-12試作型など)が製造されている。

関連タグ

弾薬 5.56mmNATO弾

関連記事

親記事

弾薬 だんやく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「7.62mmNATO弾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9909

コメント