ピクシブ百科事典

いそかぜ

いそかぜ

列車愛称名、架空の艦名など。
目次[非表示]

1. 国鉄JR西日本がかつて運行していた特急列車愛称。本項目で説明。
2. 小説・映画「亡国のイージス」に登場した架空の護衛艦の名。本項目で説明。
3. 大日本帝国海軍駆逐艦磯風」の表記揺れ。
4. 3.をモチーフとした「艦隊これくしょん」の登場キャラクター「磯風」の表記揺れ。

列車愛称

国鉄及びJR西日本(乗り入れ先としてJR九州)で2度使用された。

関西~九州間特急「いそかぜ」

1965年10月改正時に大阪駅~宮崎駅間(山陽本線日豊本線経由)の気動車特急(キハ80系使用)として運行開始。
1967年10月、「みどり」の電車化に伴い同列車の佐世保駅行編成が「いそかぜ」へ変更され、小倉駅以東で併結されるようになる。
1968年10月改正で佐世保行を「かもめ」へ変更、宮崎行を「日向」へ改称し、列車名としての「いそかぜ」は消滅した。

山陰本線特急「いそかぜ」

1985年3月改正で山陰本線の特急「まつかぜ」を途中の米子駅で系統分割、米子駅~博多駅間を「いそかぜ」とする。キハ181系モノクラス4両編成で運行開始(翌1986年から3両編成に)。なお、キハ181系が九州内を走行したのはこれが初めてで、かつ唯一の列車となった。
1993年3月、米子駅~小倉駅間に短縮。なお門司駅には停車しなかったので、九州内だけの利用はできなくなった。
2001年7月には益田駅以東を「スーパーくにびき(→まつかぜ)」とし、益田駅~小倉駅間の運行とする。
しかし利用客減はいかんともしがたく、2005年3月改正で列車廃止(運行最終日は2月28日)。九州内でのキハ181系の運用と、キハ181系の原色塗装の定期列車が終了しただけでなく、益田~長門市~下関の間から優等列車がすべて姿を消したため、この区間は現在にいたるまで普通列車のみの運行である。また、これと同時にキハ181系の定期列車自体も「はまかぜ」を残すのみとなる。

数年後、その「はまかぜ」すらもキハ189系による運行に改められ、キハ181系は引退した。

架空の艦名

小説・映画「亡国のイージス」に登場した架空の海上自衛隊護衛艦
小説設定上でははたかぜ型護衛艦3番艦にイージスシステムを搭載改修したものとなっている。
映画ではいそかぜ型護衛艦1番艦(なお撮影にはこんごう型護衛艦みょうこう」が使用された)。

また、PS2用ゲームソフト「亡国のイージス2035」、にも、主人公の艦として登場している。

関連項目

国鉄~JR西日本
山陰本線 スーパーまつかぜ
スーパーおき:米子~松江~益田~(山口線)~新山口を走るキハ187系の特急。こちらも以前はただの「おき」号として、キハ181系で運行されていた。

その他
はたかぜ型護衛艦:実際に建造されたのは「はたかぜ」「しまかぜ」の2隻のみ。
磯風(艦隊これくしょん)

pixivに投稿された作品 pixivで「いそかぜ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19756

コメント