2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2001年山陰本線米子~益田間の高速化事業完成とともに登場。JR西日本初の特急気動車

急曲線、急勾配の多い山陰本線で運用することから、エンジンはコマツ製SA6D140-H 450PSを2基搭載、制御式自然振り子を装備。運転最高速度は120km/h。

形式がキハ187形しか存在しない(トイレ付きの0・10・500番台とトイレ無しの1000・1010・1500番台に区分されている)ことから解るように先頭車のみの製造で、最短2両編成で運用される。

500番台は智頭急行に乗り入れるためにATS-Pを装備した関係で、0・10番台とは窓や客扉の配置が異なっている。

0・10番台は島根県鳥取県の資金援助を受けて製作されたことでも知られる。

性能は高いが、コストダウン主義全盛期時代のJR西日本ゆえかフロントマスクはスパッと切ったような切妻デザイン。ところが走行抵抗が大きくなったほか、智頭急行線のトンネル侵入時にトンネル微気圧波(トンネルドン)が発生したことから、トンネル侵入時は速度を落とすことに。トンネル進入時の速度制限を受ける車両は本系列のみである。

営業中の定期特急列車


関連タグ

鉄道 キハ189系 JR四国2000系 智頭急行HOT7000系

関連記事

親記事

気動車 きどうしゃ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「キハ187系」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「キハ187系」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18457

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました