ピクシブ百科事典

M24

えむにじゅうよん

アメリカ陸軍が採用する狙撃銃と周辺機器のセット。正式名はM24 Sniper Weapon Systemである。
目次[非表示]
  1. アメリカの軽戦車M24軽戦車


概要

M24はレミントンM700を元に様々なカスタムパーツを取り付け完成した狙撃銃である。
具体的には、M118LR(7.62mm Lake City much)の175グレイン弾頭に合わせた
1-10(10インチで1回転)ないし1-8(8インチで1回転)ツイストの重量弾専用銃身に
H-Sプレシジョン製アルミニウムライナー入りアジャスタブルストック、
ダコタ・アームズ製トリガーガード、リューポルド製スコープ、ハリス製バイ・ポッド、
皮製専用スリングに軍用グレード・ドロップコンテナーを組み合わせワンセットとなる。
(7.62x51NATO弾仕様・初期M24)

既に海兵隊が採用していたM40狙撃銃の前例が有る通り、米陸軍は高性能な狙撃銃を求めてこのように手間のかかることをしたが、採用時評価はよかった。
なおSWS(Sniper Weapon System)とあるようにこのM24は狙撃銃だけでなくケースと皮製スリング等の付属機器がセットが基本となっている。
初期型のM24からM24E1まで5つのバリエーションが存在する。

イラク戦争での問題点

イラク戦争では待ち伏せや敵狙撃兵排除で使われたが、弾倉が旧来のヒンジド・フロアプレート方式で固定されていたため、一旦弾切れを起こすと銃に弾を1発づつ装填しなくてはならず、連続射撃ができなくなる事態に陥った。
着脱式マガジンへと変更されたものの、上記の事例から、複数の敵に対して迅速に対応しなければならない市街戦闘において無理があると評価された。
結果として一時的なM21(M14の狙撃銃仕様)の復活と、更新としてM110 SASSへの転換が図られることとなる。
しかし結局転換は一部だけとなり、後継としてM24E1が採用、既存のM24もアップデートされている。
代わりとしてスポッターがM14EBRやM110等を使用する事でM24が苦手とする速射などを行なうようになった(スポッターの装備として重すぎるとしてCSASS計画でG28Eが採用されている)。

A1モデル

.300ウィンチェスター・マグナムに変更したモデルだが、試験中に問題を起こし採用はされなかった。
XM24A1と呼ばれている。

A2モデル

連続射撃ができない問題点に軍はM24の改良計画を発動、この計画にレミントンは交換可能なボックスマガジンのモデルを提出した。(この他にもストックの交換やマウントレールの搭載も行っている)
このモデルはM24A2として採用された。

A3モデル

更なる長射程に対応する為に使用弾薬を.338ラプア・マグナムに変更、ストックはA2と同じH-Sプレシジョン製PST-026かイギリスのアキュラシーインターナショナル製A.I.C.S.ストックを使用、銃身長を29インチに延長などの変更を行った。
このモデルはM24A3として採用された。

XM2010

特殊作戦軍のMSR(モジュラー・スナイパー・ライフル)プロジェクト向けに開発され、レミントン社のXM2010(MSR)、FNH社のバリスタ、アキュラシーインタナショナル社のAXとの競争が行われ、最終的にレミントンが勝利し、採用されたのがXM2010である。
MSRの案件通り.338ラプアマグナム、.300ウィンチェスターマグナム、.308ウィンチェスターの3種類の弾薬をバレル等最低限の部品のみの交換で撃つことが出来るマルチキャリバーライフルとして開発された。
MSRは新規開発の機関部とMSRストックを組み合わせていたが、XM2010ではM24(M700)の機関部を使用するよう変更されている。
調整可能なストック部の折りたたみ機構や、機関部上からハンドガード先端まで覆うバレルジャケットにはピカティニーレールを持つ。
上面のみは先端までの長いレールを持つが、バレルジャケットは八角形断面のため、左右と真下だけでなく斜め位置にもレールが取り付け可能となっており、自由な位置に小型のレールを搭載することが可能となっている。
M24E1 ESRとして採用、2,500丁のM24がアップデートされることになる。
また海兵隊M40もMSRのストックを使用したM40E1にアップデートされる。
民間型ではオリジナルのままの機関部のものはレミントンMSR、M700の機関部を使用したものがM2010として販売される。

採用する組織

アメリカ陸軍陸上自衛隊イスラエル国防軍

関連タグ

M700 M40 対人狙撃銃

pixivに投稿された作品 pixivで「M24」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81968

コメント