ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

アメリカ海兵隊(United States Marine Corps, USMC)とは、アメリカ軍(連邦軍)のひとつを成す軍事組織。本来海兵隊は海軍の配下にある組織であるが、この組織に関しては法律によって陸・海・空軍とは別個に組織されており、独立した軍として意識されている。
現在ではMAGOF(Marine Air Ground Operation Force:海空陸任務部隊)として、陸海空軍全ての領域の装備を使用し、自前であらゆる任務を遂行できる能力を有している。

アメリカ軍の中では唯一本土防衛を任務に含まず、侵攻・上陸作戦を専門とする緊急展開部隊として位置付けられている。その為揚陸艦・戦車・支援用の戦闘機・戦闘ヘリコプターなどを擁する大所帯となっている。ちなみに事務方・コック・将軍に至るまで全ての海兵がライフルマンとなっているが、衛生兵など一部は海軍任せである。

主に最前線で戦う部隊であり、最初に敵と交戦する部隊である。アメリカ合衆国が独立して最初の宣戦布告を交わした正式な対外戦争では、7人の海兵隊員が現地で500人の志願者を集めて4,000人の敵を相手に戦って勝利したというこの御方もビックリの記録がある。この一件はアメリカ海兵隊初の海外派遣での勝利ということもあって海兵隊讃歌の歌詞に反映され、現在に伝えられている。また、「硫黄島での戦い」では敵前強行上陸で生じた戦死者を501名出し、1日の戦闘によって生じた戦死者数としては、海兵隊創設以来2011年までの間において最大である。硫黄島擂鉢山に星条旗が掲げられた日は、後日「アメリカ海兵隊記念日」に制定されている。

沿岸警備隊を含めたアメリカ軍を構成する5軍では2番目に小さく、最高位の軍人を統合参謀本部の構成員として送り込む4軍の中では最小の組織でもある。なお他の3軍と違って大統領直属の部隊であり、議会の承認無しで動員する事が可能であり、大統領の搭乗するヘリコプターを運航している。その際のコールサインは「マリーンワン」である。また儀仗も海兵隊の任務となっており、大統領の行くところには常に海兵隊員の姿もある。

新兵訓練キャンプはパリス・アイランド(サウスカロライナ州パリス・アイランド)とキャンプ・ペンデルトン(カルフォルニア州サンディエゴ)の東西の2箇所にあり、ミシシッピー河を境に東側の出身者はパリス・アイランドに、西側の出身者はサンディエゴに送られる(なお、女性兵士はパリス・アイランドへと送られる)。ちなみにサンディエゴには悪魔の丘と呼ばれる急な坂道がある事から、パリス・アイランド出身者を「坂を免除されたもの達」と、田舎のパリス・アイランドに対してサンディエゴの近くにハリウッドがある事からキャンプ・ペンデルトン出身者を「めかし屋ども」と互いにからかっている。

沿革

1775年11月10日 - 大陸会議が大陸海兵隊の設置を承認
1783年4月 - 大陸海兵隊が解散
1798年7月11日 - 連邦議会がアメリカ海兵隊の設置を承認
現在に至る。

関連イラスト

USMC Rifleman
Female Engagement Team


射撃姿勢2
ミスフィット1-3



関連タグ

ジェームズ・マティス V-22オスプレイ) AV-8B F35 M1エイブラムス
ぴくせる☆まりたん まりんこゆみ

別名・表記ゆれ

  • USMC
  • マリンコ:Marine Corpsを英語読みをすると海兵の死体となってしまうのでフランス語風発音から。
  • ジャーヘッド:所謂GIカットやブルードレスの襟ががポットの蓋に見えることから。
  • レザーネック:支給されていた黒い皮製のカラーから。日焼けによって革のように硬くなった皮膚という説もある。
  • デビルドッグ:1918年にフランスを支援したアメリカ海兵隊第5海兵連隊第2大隊51中隊の勇敢さを例えた言葉から。
  • イエローレッグ:陸軍では廃止されたアンクルブーツのレギンスから。
  • グラント:不満を意味するスラングで、転じて文句が出るほど重い荷物を持つ歩兵。


外部リンク

関連記事

親記事

アメリカ軍 あめりかぐん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アメリカ海兵隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 729652

コメント