ピクシブ百科事典

攻撃ヘリコプター

こうげきへりこぷたー

軍用のヘリコプターのうち、機銃やロケット弾などで武装し、対地攻撃に特化したもの。単純に輸送ヘリのキャビンの機銃を備えたものなどはこう呼ばない。
目次[非表示]

概要

ベトナム戦争中に登場した軍用ヘリコプター
UH-1汎用ヘリコプターに、僚機を援護するための武装を追加したものに端を発するが、これには搭載量の制約や追加武装で重くなった結果護衛対象についていけなくなるなどの問題があり、専用の機体として1から開発されたのが攻撃ヘリコプターである。
対戦車ミサイルを主武装として装備するようになっていったことから対戦車ヘリコプターとも呼ばれ、英語ではガンシップとも呼ばれる。

なお、上述のUH-1をはじめ、「本来攻撃用ではないヘリコプターに自衛あるいは支援用の武装を施したもの」は「武装ヘリコプター」と呼ばれ、純戦闘用の攻撃ヘリコプターとは似て非なる存在である。
上述したような欠点はあるが、攻撃ヘリコプターと比べると「既存の機体を流用できるため安価」「攻撃以外の用途にも使える」という利点があるため、一概に攻撃ヘリコプターより劣っているとは言えず現在でも一定の需要がある。

長所

地上の歩兵車両から見れば非常に厄介な兵器である。
NOE(Nap Of the Earth)飛行により地面すれすれで飛ばれれば地上のレーダーはおろかAWACSといった上空からの監視網でも発見は難しく、発見できたとしても地形によってはレーダーロストする事が多い為である。

飛行音も『地形に沿って飛ぶ』、『林や建築物等を遮蔽物にする』等をすると殆ど聞こえず、ブレードの形状を変更する等で音を抑える改良を施された機体も存在する事から、携行型地対空ミサイル(MANPADS)が発達した現在であっても、歩兵や戦車にとっては死神同然である(実際、湾岸戦争ではイラク軍が多数のMANPADSを保有していたにも関わらず、砂塵の影響でろくに位置を特定できないまま攻撃ヘリコプターに一方的にタコ殴りにされ、攻撃ヘリコプターを撃墜する事は遂に叶わなかった)。

また、敵味方が入り乱れた激戦中に航空支援を行う際には、ジェット機よりも低空・低速で飛べる事が誤爆の防止に有利に働き、ジェット機がうまくできなかった航空支援を攻撃ヘリコプターが成功させた事例もある。
ジェット機はいくら低速で飛んでも航空機としては速い事に変わりはないし、止まる事もできない以上、比較的小さな目標を見つけ、正確かつ一撃で破壊するのは困難なのだ。その点ヘリコプターならば燃料の許す限りホバリングでその場に留まる事もできるので目標の確認がしやすく、より地上部隊に寄り添った支援(いわゆる直接協同)にはうってつけなのである。

何より、運用する陸軍にとっては空軍の航空戦力に頼らなくて済む、自前の航空支援手段を手に入れられる事が大きい(ただし国によっては空軍が運用する所もある)。

欠点

元々がヘリコプターなので被弾に弱いという弱点を抱えている。
元より航空機は撃たれ弱いが、ヘリコプターは低速なうえ、滞空するだけでもエンジン出力の多くを使っているため固定翼機よりさらに脆弱であり、本格的な防空網にはほぼ無力とされている。ましてや攻撃ヘリコプターは攻撃が任務である以上、そのような危険と常に隣り合わせなのだから猶更である。

防弾装備に優れているAH-64でさえ、『12.7mmの直撃か、23mm砲弾片の数発分に耐える程度』(メーカー)とされている(本格的な対空砲となると20mm以上などざらにある)。
そんなAH-64もイラク戦争では一部隊30機が対空砲火の待ち伏せを受けた結果、被撃墜1機、残り29機も全機被弾・大破して修理が必要になり事実上壊滅状態になるという憂き目にあった(すぐさま補充の機体が届けられて事なきを得たが)。

しかも対戦車兵器にすら落ち落とされる可能性がある現在では、敵地のど真ん中での迂闊な低空飛行は「撃ち落としてください」と言うに等しいハイリスクなものになってしまい、近接航空支援で大損害を受ける事例が続出。攻撃ヘリコプターの戦術は敵の砲火が届かない高度からのアウトレンジ戦法へと移行している。
いくら重武装・重装甲であろうとも低速ではしょせんただの的にすぎないのだ

何より高価であり、最新の機種は下手をすると戦闘機並の値段がするのである
そのため、中小国の軍隊では武装ヘリコプターで妥協している所も多い。

国家同士の大規模戦争の可能性が大きく減った現在は、重要な任務である対戦車戦闘が減り、偵察や火力支援任務に就く事がほとんどである事、装備が貧弱なテロ組織相手には武装ヘリコプターでも十分役に立つ事もあって、「攻撃ヘリコプターは脆い割にオーバースペック過ぎる。どうせ撃たれりゃ脆いしそこまで火力もいらないし、アウトレンジ攻撃に徹すれば機動性もいらないから、他の任務にも使えてコスパもいい武装ヘリコプターで十分じゃね?」という先祖返りな意見も多く出始めている。
また、武装UAVが発達し始めた事で、攻撃ヘリコプターの任務を武装UAVで代替できないかも注目されている。

とはいえ、以上の弱点を踏まえても攻撃ヘリコプターは依然として強力な兵器であり、新型機の導入・開発も依然として続いている。
近接航空支援のリスクは他の航空機にも言える事だし、そもそも敵陣のど真ん中に真っ向から突っ込むのはどんな兵器でも危険という事を忘れてはいけない。
高度なセンサーを持つ現代の攻撃ヘリコプターは歩兵の探知能力さえも高い上に、UAVなど他の偵察手段から情報を受け取るなどのネットワーク戦術にも対応し始めている。
軍隊はヘリコプターだけで戦っている訳ではない。どんな兵器にも得手不得手というものがあり、他の兵器と組み合わせて使う事で初めて真価を発揮するのである。

各国の主な攻撃ヘリコプター

開発国
アメリカAH-1(通称コブラ),AH-1W,AH-64(通称アパッチ),AH-56(通称シャイアン)
ロシアMi-24(通称ハインド),Mi-28,Ka-50,Ka-52
ドイツPAH-2
フランスEC 665
イタリアA129
中国武直-10
南アフリカ共和国AH-2


架空の攻撃ヘリコプター

ジガバチ攻殻機動隊
ヘルハウンド機動警察パトレイバー

関連タグ

軍事 ミリタリー ヘリコプター
戦闘機

関連ゲーム

バンゲリングベイ アンダーディフィート ゼロガンナー
メタルホーク サンダーブレード サンダーストーム
ジャイロダイン タイガーヘリ 究極タイガー
Attack Helicopter Dating Simulator:はーとふる彼氏再び!?

関連記事

親記事

軍用機 ぐんようき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「攻撃ヘリコプター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 63503

コメント