ピクシブ百科事典

攻撃ヘリコプター

こうげきへりこぷたー

軍用のヘリコプターのうち、機銃やロケット弾などで武装し、対地攻撃に特化したもの。単純に輸送ヘリのキャビンの機銃を備えたものなどはこう呼ばない。
目次[非表示]

概要

ベトナム戦争中に登場した軍用ヘリコプター
UH-1汎用ヘリコプターに、僚機を援護するための武装を追加したものに端を発するが、これには追加武装で重くなった結果護衛対象についていけなくなるなどの問題があり、専用の機体として1から開発されたのが攻撃ヘリコプターである。
対戦車ミサイルを主武装として装備するようになっていったことから対戦車ヘリコプターとも呼ばれ、英語ではガンシップとも呼ばれる。

なお、上述のUH-1をはじめ、「輸送用ヘリコプターに自衛あるいは支援用の武装を施したもの」は「武装ヘリコプター」と呼ばれ、純戦闘用の攻撃ヘリコプターとは似て非なる存在である。

長所

地上の歩兵車両から見れば非常に厄介な兵器である。
NOE(Nap Of the Earth)飛行により地面すれすれで飛ばれれば地上のレーダーはおろかAWACSといった上空からの監視網でも発見は難しく、発見できたとしても地形によってはレーダーロストする事が多い為である。

飛行音も『地形に沿って飛ぶ』、『林や建築物等を遮蔽物にする』等をすると殆ど聞こえず、ブレードの形状を変更する等で音を抑える改良を施された機体も存在する事から、携行型地対空ミサイルが発達した現在であっても、歩兵や戦車にとっては死神同然である。

欠点

元々がヘリコプターなので被弾に弱いという弱点を抱えている。元より航空機は撃たれ弱いが、ヘリコプターは低速なうえ、滞空するだけでもエンジン出力の多くを使っているため固定翼機よりさらに脆弱であり、本格的な防空網にはほぼ無力とされている。
AH-64を例に上げると、『12.7mmの直撃か、23mm砲弾片の数発分に耐える程度』(メーカー)とされている。

現状は本来の任務である対戦車戦闘が減っているため、偵察や火力支援任務に就くことがほとんど。しかし、近年は携帯対空火器の発達により、近接航空支援で大損害を受ける例が続出し、「偵察や火力支援任務ならUAVや武装ヘリコプターで十分」と存在意義を疑う声も。いくら重武装・重装甲であろうとも低速ではしょせんただの的にすぎないのだ。

各国の主な攻撃ヘリコプター

開発国
アメリカAH-1(通称コブラ),AH-1W,AH-64(通称アパッチ),AH-56(通称シャイアン)
ロシアMi-24(通称ハインド),Mi-28,Ka-50,Ka-52
ドイツPAH-2
フランスEC 665
イタリアA129
中国武直-10
南アフリカ共和国AH-2


架空の攻撃ヘリコプター

ジガバチ攻殻機動隊
ヘルハウンド機動警察パトレイバー

関連タグ

軍事 ミリタリー ヘリコプター
戦闘機

関連ゲーム

バンゲリングベイ アンダーディフィート ゼロガンナー
メタルホーク サンダーブレード サンダーストーム
ジャイロダイン タイガーヘリ 究極タイガー
Attack Helicopter Dating Simulator:はーとふる彼氏再び!?

pixivに投稿された作品 pixivで「攻撃ヘリコプター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40004

コメント