ピクシブ百科事典

Mi-24

みーどゔぁーっつぁちちとぅーりぇ

ソビエト初の攻撃ヘリコプター。輸送ヘリコプターのMi-8をベースに開発されている。本機は攻撃能力と輸送能力を両方備えており、このような機は『強襲ヘリコプター』として知られている。
目次[非表示]

『空飛ぶ装甲車』

このMi-24はソビエト流電撃戦の為に開発された。
装甲兵員輸送車のように歩兵を同乗させ、戦場を奥深くまで切り開く「空飛ぶタンクデサントである。歩兵8名が同乗できる兵員室があり、機銃掃射の後に着陸して歩兵を展開させられる。
(というか、他に用途が考えられない)

アメリカAH-1コブラ』を参考にしながら開発され、そこへソビエト独自の要素を導入している。それが上記の「空飛ぶタンクデサント」であり、その為に装甲車顔負けの装甲が施されている。

愛称は「Крокодилクラカヂール(クロコダイル)」。NATOコードネームは「ハインド(雌赤鹿)」。非公式には「ブギーマン」とも呼ばれていたとか。

開発について

開発は1968年より開始され、1970年には評価試験用の機体(Mi-24)が完成している。このMi-24や量産型Mi-24A(ハインドA)は基になったMi-8の特徴を残しており、コクピットは3名乗りの防弾ガラス張りである。

しかし、このコクピットは防弾性能の面に不安があり、(ガラス面積が広かった)1972年に登場したMi-24D(ハインドD)では2人乗りの縦列配置(タンデム)の完全防弾コクピットとなって解決された。Mi-24Dは新しく可動式の12.7mm機銃をコクピットの下部に搭載しており、対地センサーも追加されている。同年にはシステムが更新され、誘導ミサイルが使えるMi-24Vも登場。

1974年には可動式機銃を撤去し、機体右側に対地攻撃用の30㎜機関砲(固定式)を搭載したMi-24P(ハインドE)が登場。1986年には新型のターレットに23mm連装機関砲を積んだMi-24VP(ハインドF)が登場している。輸出用に「格下げ」された型はMi-25(Mi-24VはMi-35)と呼ばれ、軽量化を兼ねて車輪が固定式にされている。本家のMi-24共々、現在でも採用された各国で依然として現役である。

余談ながら、Mi-24DのNATOコードネームがハインドDと偶然にも共に「D」を使っている為か、ハインドE(Mi-24P)やハインドF(Mi-24VP)の名称からMi-24EやMi-24Fと誤認して呼ばれる事もある。

装甲車としての有効性

強襲ヘリとしてアフガン侵攻でも使われたMi-24だったが、肝心の能力については不満が残った。
原因は用途の異なるそれぞれのヘリコプターの良いトコ取りをしようとした為である。
輸送ヘリコプターとしてはムダが多く、攻撃ヘリコプターとしては大き過ぎて目標になり易かったのだ。

結果として「攻撃ヘリコプターは専用の機体の方がいい」とされ、後継のMi-28Ka-50では純然たる攻撃ヘリコプターとして設計されている。

それでも一応…

なお、Mi-28に輸送能力は無いが、点検整備用ハッチの奥に2~3名が搭乗できるスペースがあり、「他のヘリの搭乗員等を救出した際に使える」という。
確かにこの方式ならば、殆ど航行速度の制限もされず、無理な機動をしても機内から振り落とされない利点はある。ただし、入る時にはエンジンの排熱を浴びるし、言うまでもなく中はかなり窮屈で、本当に「外よりはマシ」といった程度である。

だが、AH-64AH-1等でコレをやろうとすると、それこそ外にしがみ付くより他に無いので、安全性では有利である。

攻撃ヘリ機外にしがみ付くというのも一応は行なわれており、
アメリカ陸軍では、地上部隊の負傷者の輸送の際に負傷者をAH-64ガンナー席に座らせ、ガンナーは機外にしがみつくという事を行っているが、これは後方への輸送であり、無論安全が確認された地域で行われた事である。(因みに負傷者の出た部隊とAH-64の部隊は協働していたと言った関係はなく、通りすがりのAH-64が救援無線を聞いて駆けつけた模様)

イギリス軍の場合はアフガニスタンにてAH.1に4人乗り(うち2人は機外のコックピット横に搭乗)でタリバン基地を襲撃し、行方不明になっていた海兵隊員の遺体の回収作業も行った。
......まあ、あの国に関してはしょうがない。

対空戦績


 事前の制空権確保を前提としており、開発時は殆ど考慮されていなかったが、イラン・イラク戦争において、イラクがMi-24、イランがAH-1を、繰り出し航空支援や対戦車攻撃に活用し、任務中に両陣営のヘリが出くわしそのまま交戦に至る事態が多々発生した。イラク側の主張ではMi-24は持ち味の強固な耐久性と攻撃力で、優位に立ち奇襲を受けない限り、常にAH-1を圧倒し全期間でAH-1を10撃墜したとしている。もっともイラン側は損失数はイラクの主張より軽微だと主張している。



装甲車の脅威

強襲ヘリコプターとしての有用性に疑問を残す形となったものの、それでもMi-24の脅威は凄まじいものがあり、アフガン侵攻(1978)では、MI6CIAアフガニスタンのムジャヒディン(イスラム系ゲリラ(民兵))に携行型地対空ミサイルを供与している。
(このムジャヒディンの一部が後年「アルカイダ」に発展するのだが、それはまた別の話である)

装備に乏しいムジャヒディンには対空機関砲といったろくな対空火器は無く、かといって小銃の弾丸程度では跳ね返されてしまい、手持ちの武器では立ち向かう術が無いのである。その間にもMi-24はそのお返しとばかりにロケット弾を発射し、機銃掃射でみな次々と土くれ混じりのミンチへと変えられていく。当時のムジャヒディンは「ソ連軍は恐ろしくはないが、彼らのヘリは非常に恐ろしい」と述べている。それほどまでの脅威だったのだ。

CIAやMI6としてはソビエトの足を引っ張る程度でミサイルを供与したのだろうが、これはムジャヒディンにとって大きな助けとなった。ゲリラは地の利の生かし、場合によっては「ヘリコプターの上から」攻撃したのだ。(山の頂上から撃ち下ろした)

この戦争ではMi-24の弱点も明らかになった。
それはエンジンが隣り合っているせいで、片方が被弾するともう片方のエンジンも被害を受けてしまうのだ。この配置は原型のMi-8から受け継がれたものであり、変更はできなかった。とりあえずの暫定策としては、両エンジン間にチタン製防弾版を追加する事で対処したが、後継機では機体を挟んで配置するようにしている。

とにかく、このMi-24の実戦投入で攻撃ヘリコプターとしての理想形が明らかになった。それは奇しくもアメリカと同じものであった。

ゲリラ側に供与されたミサイル

最初はイギリスより「ブローパイプ」、後にCIAより「FIM-43 レッドアイ」や「FIM-92 スティンガー」(当時最新鋭)が供与された。いずれも携帯型の地対空ミサイル(MANPADS)である。

ブローパイプ携帯地対空ミサイル

1975年にイギリスが制式採用した初期のMANPADS(MAN-Portable Air-Defense Systems:携帯式地対空ミサイルシステム)。
誘導装置には「CLOS(Manual Command to Line Of Sight:手動指令照準線一致誘導方式)」が採用されており、ミサイルを発射機のジョイスティックで操作する方式で命中には職人技が求められた。

実態は「無線操縦ミサイル」のようなもので、本国の兵士さえ持てあますほど複雑であったが為にゲリラには使いこなせる筈もなかった。当然の事である。結局CIAが最新型の「スティンガー」を供与し、その後ブローパイプも10年で生産終了となった。誘導装置の不備が決定的だったのである。

ちなみに対戦車ミサイルのような低速で移動する目標に対して使用するミサイル、固定された発射機から打ち出す地対空ミサイルでこの誘導装置を採用することは珍しくはなかったが、歩兵が携行するMANPADSで採用されるのは非常に珍しかった。

後のフォークランド紛争では、イギリス自身が実戦に投入。
一応11機撃墜(2機は不確実)した事になっているが、それはプカラのようなCOIN機相手に、しかも「総合で百数発」とも言われる数を発射してようやく挙げられた戦果である。一応は歩兵が地対空ミサイルを携行しているという威圧は与えることは出来たようだが。

イギリス自身も対空火器としては微妙というのは理解していたのか、「ミラン対戦車ミサイル)のように敵陣地に撃ち込んだ」という話もあるほど。結局はイギリスでも「スティンガー」の便利さに負けて姿を消した。ストックは対地攻撃などで消費されたらしい。後継としてレーザー誘導方式を採用し、目標を捕らえ続けるだけでいいジャベリンが開発され、こちらもアフガニスタンでムジャヒディンに供与された。

冷戦終結後の発展

アフガン紛争で「馬脚を現した」と見下される嫌いもあるが、
・「巨体に似合わず最高速度は300km/h近い」
・「搭載量が大きい(最大積載量では滑走して離陸する。ほとんど固定翼の爆撃機)」
・「故障知らずで、メンテがそこそこでもちゃんと飛べる」
と長所も多く、何より総生産数2,300機以上(おそらく攻撃ヘリとしては世界最多)という数の力だけでも十分な脅威となりうる。

冷戦終結後は後続機が登場したり、機器や兵装を更新した改良型(魔改造)が登場しており、同じくソ連生まれのAK-47T-55のような「生物的進化(それぞれの環境に適応し独自に進化を遂げる)」を遂げつつある。

Mi-24/35 Mk.III「スーパーハインド」

南アフリカで開発された大幅な改修型で、新式の火器管制装置や航空電子機器(GPSなど)を搭載する。
GPSはアメリカ生まれで、かつての敵国の技術が使われているのである。
(Mi-24以外にもT-55T-72戦車等にもこのような事例は有る)

Mi-35P

“P型”の呼称を持つバリエーションは複数存在するが、キプロスのMi-35Pはどう見ても三座(ガンナー席の後ろに並列複座のパイロット席?写真をよく見るとガンナー席の窓が跳ね上がっており、角度などの関係で並列複座のように見えている。)。さらにX字型テイルローターやダクテッドファン(フェネストロン)に換装された機体もあるらしい。

Mi-24の映画

防御力と攻撃力を併せ持ったMi-24は地上戦の脅威とみなされており、その独特の外観は、一度見たら忘れられない印象を残すことだろう。冷戦終結後はソビエトの象徴的な意味もあり、多くの映画・ドラマに登場している。

本家ロシア映画

  • 『タジキスタン国境要塞 アフガンゲリラ 11時間の死闘』(原題:A Quiet Outpost「静かなる前哨基地」)

 終盤に登場し、ロケット弾で文字道理、タジクゲリラ勢力を粉砕する。

  • 『アフガン』(原題:9 Рота。「第9中隊」)
 上記同様終盤に登場し、機関砲とロケット弾でアフガンゲリラを制圧した。

ハリウッド映画

  • 『ブラッド・ダイヤモンド』(原題:Blood Diamond)

 上記の、「スーパーハインド」が登場し、1機でロケット弾とドアガンでシエラレオネの反政府勢力を制圧する。実際はスーパーハインドではなかったが、シエラレオネ政府に雇われた民間軍事会社が4機のMi-24を運用した。

  • 『5デイズ』(原題:5 Days of War)
 ロシア軍機が主人公らを執拗に攻撃するが、上記のムジャヒディン同様、グルジア兵が地の利を生かして、ビル屋上からロケット弾で攻撃し撃墜する。また、グルジア軍所属のハインドが同じくグルジア軍所属のUH-1と編隊飛行を行う珍しいシーンが見られる。
  • 『ヒットマン』
 終盤、戦闘ヘリの属性を最大限に生かし、ビルの中の主人公をホバリングしながらビルごと猛攻撃を加える。
  • 『エアフォース・ワン』
 釈放された、カザフスタン元国家元首を出迎えに登場、純粋に輸送任務のみに使われ、交戦シーンはない。

日本映画

 VRゲームの敵という設定でCG処理されたものが登場。なんとポーランド軍の協力により実機が撮影に使用された。

  • 『東京無国籍少女』
 象徴的な存在として登場。

もちろん、冷戦終結前は実機を使うことは出来なかったので、何らかの代用を用いることになる。
そんな中から2本を紹介しよう。

ランボー3:怒りのアフガン

Mi-24A風ではあるが、尋問されているトラウトマン大佐のセリフに「ブラックピューマ」とあるように、フランスのアエロスパシアルSA330「ピューマ」を改造したもの。

あまりよく似てるわけではないが、それでも武装した大型ヘリが大地をかすめて飛び回る雰囲気(=恐怖感)には十二分で、劇中では機首機銃塔やロケット弾による一斉攻撃、さらにはドアガナー(FN製MAG機関銃)の機銃掃射と、実物のMi-24にも引けを取らない威力を見せつける。

なお、同じく登場する小型の戦闘ヘリはSA341「ガゼル」を改造したもので、こちらは肝心な「ナニかに似ている」という要素が見当たらない、やや残念なもの。劇中では村を襲撃した機がランボーが急遽ひき継いだDShK機関銃(12.7mmDShK38型機関銃。通称「ダッシュK」)で撃墜されたり、または弓矢(ただし矢に榴弾頭つき)で撃墜されたりと、こちらもロクな目には遭っていない。
色々改造してはいるが、実は横から見るとガゼルのまんまだったりする。


ファイヤーフォックス

北極で補給するガント少佐とMiG-31を捜索に巡洋艦「リガ」より現れるが、すんでのところで離陸されてしまって取り逃がす。後に残ったのはテントを組み、気球を上げて「気象観測」と言い張りつつ、友好的な笑顔(自称)を浮かべてヘリに手を振る乗組員たちだけであった。

このとき登場するMi-24Aは非常にそれっぽいが、実は改造したラジコンヘリで、コクピットのアップも「ガゼル」を改造した機だとのこと。




おまけ

また、Mi-24そのものという訳ではないが、STARWARSエピソード2・3に登場するクローンガンシップ(共和国攻撃用ガンシップ・低飛行強襲型兵員輸送艇などとも)は、まさにMi-24の影響を受けているといってもいいだろう。

というか、前後に独立したコクピットといい、下に傾いたスタブウィングといい、後部兵員室といい、見た目からして「まんま」なのだが。

関連タグ

ソビエト ロシア 攻撃ヘリコプター タンクデサント

関連記事

親記事

攻撃ヘリコプター こうげきへりこぷたー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Mi-24」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 240940

コメント