ピクシブ百科事典

アサルトホライゾン

あさるとほらいぞん

アサルトホライゾンとは、バンダイナムコゲームスから2011年10月13日に発売された作品『エースコンバット アサルトホライゾン』の通称。
目次[非表示]


ダダダダダダダダダダダバシュゥッ!デデデデデデデデデンッ!プシュウゥゥゥゥゥゥ!ドカーン!!
もがれる翼の断末魔!

伝統であり久々ともいえる珍妙なCMは、「2」の社長シリーズを踏襲したPVに、小山力也氏による効果音とナレーションを被せたもの。
これがお茶の間の古参エースの腹筋を撃墜していったのはいうまでもない。
また、「超本格的ヒコーキごっこ」というエスコン本来のゲーム方針を新たなシステムによって実現することを模索したゲームであり、多少今までのシリーズとは違う操作感のゲームとなっている。

ソフト情報

タイトル エースコンバット アサルトホライゾン
機種 プレイステーション3 / Xbox360 / Windows(海外のみで発売)
ジャンル 超音速・大破壊シューティング
発売日 2011年10月13日(木)
価格 8,380円
販売元 バンダイナムコゲームス
CERO C(15歳以上対象)

生身の敵兵に向かって直接機銃ををぶっ放して血が散る描写があるなど、少々きつめの描写があるため、いつもよりレーティングが高め。

概要

いつものシリーズと違って、主人公は顔と台詞がある上、元から空軍のトップエースだが、逆に撃墜する最後の瞬間まで敵のエースになめられっぱなし。

PMSCsや架空の軍ではなく、現実世界の実在の軍が運用するという関係で試作機PAK-FASu-35Su-47など少数に留まっている。
またDLCにおいて架空機と共に未登場だった実験機や試作機、旧世代機が配信されている。
ちなみに、架空機のデザインは河森正治氏が担当、機体カラーにも『マクロス生誕30周年』を記念しバルキリーのカラーを模した機体が登場し、DLCで配信されている

それでいて高威力の新型爆弾のみとはいえ伝統の超兵器が物語の主軸だったりする上、米軍で普通にロシア機や欧州機、日本機が使えたりするのだが。
リアル寄りにしすぎるとロシア機や欧州機、西暦2015年という年代的に既に退役しているF-14といった機体が使えない、空軍の戦闘機乗りの主人公達は海軍機や攻撃機に乗れない、短期間では乗換えが出来ない、作戦内容によっては出撃すらできないので内容に制限がかかる、といったゲームとしてどうなのか、という問題もあるのでその点は仕方が無いと思われる。

シリーズ初の攻撃ヘリ爆撃機が使用可能となったことに加え、AC-130の火器管制オペレーター、MH-60ドアガンナーの操作も可能となった。
残念ながらオンラインではAC-130とドアガンナーの使用は不可能である。

クロスレンジアサルトと呼ばれる「ドッグファイト・モード(DFM)」「エアストライク・モード(ASM)」などいくつかの新操縦補佐機能が実装されているが、これを生かすためにプレイにかなり深刻な制約がかかっている。
一部のターゲット機がDFMでないと撃墜できなかったり、DFM中の演出の関係で一部の敵機は異常に硬い、そもそも使用可能な「モード」によって出撃できるミッションが限られている、ミッションの都合上マルチロール機の一部が攻撃機扱いでDFMが使用できない、といった問題がある。

DFMは戦闘機及びマルチロール機が使用可能で、敵機を捕らえることで自動的に背後に着いてドッグファイトを簡単に行うことが出来る。また、表示されるアサルトサークル内に敵機を捕らえ続けることでミサイルの誘導性能を上げることが出来る。受けた側は一方的に追い回されるわけではなく、機動で振り切ったり、地形を利用して敵機を墜落させるマニューバーキルをしたり、条件を満たして「カウンターマニューバー」を行いクルビット機動やバレルロールなどで追い越させてそのまま背後につき返す、攻守入れ替わりの際に機銃で攻撃する事もできる。また、オンラインモードでは友軍を追いかける敵機に対してDFMを仕掛けることで敵機のDFMを強制解除させ、味方を救うことが出来る。

ASMは攻撃機及びマルチロール機、爆撃機が使用可能で、地形追従飛行のアシストにより地形接触の心配が通常より減り、更に兵装のリロードの速度が速くなり、搭載兵器を存分に使用しての攻撃が可能。爆撃機はASMではないと攻撃は出来ない。オンラインではMRFでのみ特定条件下限定で一部目標のみ任意にASMに入ることが可能となるスキルがある。

兵装面では機銃の弾数制限が廃止、撃ち続けるとゲージが溜まっていき、一定以上となるとオーバーヒートして一時的に使用不可能となるようになった。
マルチロック関係も変更、前作までは4目標に撃てば4発消費したがAHでは一度に撃つのであれば目標の数が1であっても6であっても1発しか消費しなくなった。また、同時にロックオンするのではなく、一つ一つ徐々に増えていくように変更されている。
防御装備としてフレアが初登場、使用可能回数が少なく、再装填時間も長いために多用は出来ないが撃たれたら機動で避けるしかなかった遠距離からの誘導兵器を無力化できるようになった。

限定的ながらも初めてVTOL機能が再現されており、一部の機体では減速し続けてストール状態になっても機首を上げ続ければ墜落せず、徐々に高度を失っていくもののホバリングに近い状態になる事が出来る。
この状態でヨー操作をする事で方向転換が可能。

シリーズ恒例のカラーリング変更は進化を遂げ、パターンこそ制限があるものの色を自由に変えることが可能となった。
DLCを含む全パターンに対応し、一部は通常状態では模様が隠されているものもある。
また、6では一部のDLCのみが対応していたミサイルのスモーク色の変更が可能となっており、自由に変更することが出来る。
DLCでは引き続きアイドルマスター仕様が登場。

開発発表当初はエースコンバットの流れを汲む別ゲー、(エースコンバット)アサルトホライゾンといった感で発表されたが、いつの間にかエースコンバットAH(アサルトホライゾン)と呼ばれるようになり、あまりに違うゲームシステムが、正当なシリーズ作として購入したファンからの批判を呼んでいる。
密林の「非常に面白く出来の良いゲームだが、エースコンバットだと思って買うとがっかりする(要約)」というレビューが実に的を射ている。
パッケージに大きく書かれた「ASSAULT HORIZON」に対して隠れるような「ACE COMBAT」の文字は開発陣の最後の抵抗なのかもしれない。

今作では世界展開を前提として海外作家・海外スタジオとの共同制作を行っている。
シナリオには軍事作家のJim DeFeliceが参加しているが、MRFの随伴機が離れたまま対空火器が多く残る地域にAC-130が単独で突入するといった(このような地域には通常A-10などの対地攻撃機が支援に当たる)考証の荒さが突っ込まれている。
しかし、これはACESチームが提示した状況を元に粗案が出され、それをACESが再度監修する形で作られたシナリオで、エースコンバットらしさ、シューティングとしての面白さを優先して「リアル」との食い違いをあえて良しとしたものである。

シリーズ初のWindowsPC版であるEnhanced Editionが2013年1月25日に発売された。
対応するWindowsはXP、Vista、7、8(32 or 64 bit versions, optimized for 64 bit)。
パッケージ版はなくダウンロード販売のみであり、Games for Windows marketplaceやSteamでのみ販売される。
オンラインはGames for Windowsを使用するが、XboxLiveのタグを使用することで実績等のの共用が可能。
最後発のためか追加機体や追加カラーなどの全DLCが入った状態となっている。
しかし互換パックという概念がなくなった為、ルーム設定でDLCで配信されたCFA-44といった強力な架空機やスキルの使用を制限することが出来なくなってしまっている。
日本語字幕及び音声はそのままになっている。
残念ながらWindows marketplaceは日本ではサービスを行っていなかったため、日本のタグでは購入できない。
2013年8月26日にWindows marketplaceのサービスが終了、以降は新規購入が出来なくなったがLiveとクライアントは継続して使用は可能なため、購入済みであれば継続して遊ぶことが出来る。
Steamでは国内での販売はしていない事からネットショップ等で購入したコードを使用することになるが、コードの認証こそはじかれないもののサポート外になる為に日本で遊ぶ場合は自己責任となる。

余談ながらサウンドトラックは単独では販売されておらず、エビテン及びララビットマーケットで販売された2種の限定版に付属するのみとなっている。

外部リンク

公式サイト

関連タグ

エースコンバット バンダイナムコゲームス

pixivに投稿された作品 pixivで「アサルトホライゾン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37751

コメント