ピクシブ百科事典

アイドルコンバット

あいどるこんばっと

アイドルコンバットは、アイドルマスターとエースコンバットのコラボレーション作品に付与されるタグまたはその通称。
目次[非表示]

概要

ニコニコ動画においてエースコンバットゼロのトレーラームービーにアイドルマスターのキャラクターを登場させたMADムービー『IDOL COMBAT ZERO』が一定の知名度を得たことにより登場した通称。
当初はMAD架空戦記の一端だったものの、エースコンバット6ダウンロードコンテンツDLC)によるバンナム公式のコラボにより、アイドルがペイントされたまさかの痛戦闘機が実現したため、通常のプレイ動画などにも適用されるようになる。
pixivにおいてはエースコンバット6に登場する痛戦闘機のイラストが多数を占める。



エースコンバット6におけるアイマス痛戦闘機

アイドルのイメージカラーがペイントされていて、主翼から胴体にかけてアイドルのバストアップ画像やキャラに関する小物がプリントされた機体。
それぞれのキャラクターのイメージにあわせた性格がそのまま機体の性能として反映されており、ミサイルなどの兵器搭載量がアイドルのスリーサイズになっている。
また、一部にはインターネット上のアイドルイメージも反映されているのも特徴。
機体ごとにファンによる愛称も存在する。

なお、痛戦闘機になっているのは無印アイマスまでの765プロアイドルであり、961プロ876プロの機体はない。

エースコンバット6での痛戦闘機の一覧(DLC販売順)

  • Su-33 通常の星井美希が描かれた機体。愛称はあふぅランカー
  • F-117 萩原雪歩が描かれた機体。愛称はゆきホーク。速度が上がるほど機動力が上がる。
  • Su-47 覚醒した星井美希が描かれた機体。愛称はふるクート
  • F-15E 如月千早が描かれた機体。愛称はストライくっイーグル。被弾すると不安定になりやすい。
  • F-22 天海春香が描かれた機体。愛称はどんがラプター。急減速しやすく、失速しやすい。腹側は真っ黒。
  • Mirage2000-5 高槻やよいが描かれた機体。愛称はみれぅじゅ。加速性能が非常に高いが、旋回性能・ブレーキ性能は低い直線番長。
  • RafaleM 水瀬伊織が描かれた機体。愛称はデコール。速度帯によって機動性の変化が激しい。
  • F-2 双海真美が描かれた機体。愛称は複数存在。統一されていない。ピッチ操作の慣性が強烈。
  • F-16C 双海亜美が描かれた機体。愛称は複数存在。統一されていない。ロール操作の慣性が強烈。
  • F/A-18F 秋月律子が描かれた機体。愛称はまほーねっと。ロックオン性能が非常に高く、旋回時に慣性が働かない。
  • F-14D 三浦あずさが描かれた機体。愛称はあずキャット
  • Typhoon 菊地真が描かれた機体。愛称はマコタイフーン。機動力が自慢だがロックオン性能が非常に低く、ミサイルの運用が困難。
  • A-10 音無小鳥ほか高木社長やSD化された765プロアイドル、審査員が描かれた機体。愛称はA-ティン サンダーボルぴょ


アイドルマスタープロジェクト

模型ハセガワが販売したシリーズで、エースコンバット6に登場した痛戦闘機を模型化したものだが、特別編としてハセガワオリジナルのプロジェクトフェアリー仕様も作られた。
すべて6未登場またはプレイヤーは使用不可能な機体であるが、デザインはエースコンバットチームによるものとなっている。


エースコンバット アサルト・ホライゾンでの展開

シリーズ作として初めて複数機種(PS3/Xbox360/WindowsPC)のクロスプラットフォームで発売された『エースコンバット アサルト・ホライゾン』でも(元のディスクにない)機体やカラーリングなどのコンテンツをダウンロードし、購入する機能(ダウンロードコンテンツ)に対応しているため、アイドルがペイントされた機体をダウンロード可能となっている。
今のところ(2012年3月末時点で)、アイドルと機体の組み合わせや基本的なデザインは6のDLCのものと一緒だが、アイドルの立ち絵がアイドルマスター2に準拠したデザインでリニューアルされているほか、色調変化により、モノトーン調にすることもできる。
ちなみに今作で採用された新システムの一つ、カウンターマニューバーにてクルビットが行なわれる事で相手に機体上部の絵を見せる事も可能となっている。

エースコンバット アサルト・ホライゾンでの痛戦闘機の一覧(DLC販売順)


DLC第8弾を最後に、他の機体の配信が停止しており、今後星井美希、水瀬伊織、双海亜美、双海真美、秋月律子、三浦あずさの描かれた機体が配信のめどが立っておらず、不透明な状況となっていたが、2012年11月26日の更新を最後に、DLCの更新を終了する旨が告知されたことで、残念ながら配信されなくなったようだ。

エースコンバット インフィニティでの復活

その後、エースコンバットインフィニティがPS3で基本無料プレイの配信ソフトとして登場。
ゲーム内では過去に2度コラボイベントが開催され、当時はキャラクターエンブレムがドロップするものであった。
(第1弾はドット絵調、第2弾は表情アップ。共に765プロアイドル13人+シークレット3種)

そしてコラボ第3弾として、2015年3月5日から痛戦闘機のドロップイベントが開催中。
全機、ドロップ後に入手するためのクレジットは765クレジットとなっている。

機体とアイドルの組み合わせは『6』『アサルト・ホライゾン』と共通で、新たにAV-8B、Gripen C、B-2が登場。
(ハセガワのアイドルマスタープロジェクト特別編は組み合わせが変更になっている)
キャラクターのビジュアルは前述のエンブレムを含め、アイドルマスターワンフォーオールのものに一新された。

2015年10月にはアイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージとのコラボが開催された。
このコラボはエンブレムや担当P通り名がドロップするイベントであった為、痛機のドロップはなかった。

エースコンバット インフィニティでの痛戦闘機の一覧


プラモデル化

このDLCにより、既製品のプラモデルをアイマス機に改造するユーザーも現れるなど人気となり、それを受けたのかハセガワよりプラモデルが販売された。
各機体ごとに1/72と1/48のスケールキットが販売さており、F-22やSu-33にいたっては新金型を通常に先駆けてアイマス機で発売されるなど、力の入れようが見て取れる。(ハセガワでは製造しておらず、新金型でも出さなかった機体はイタレリやズベズタ等の他社製キットを使用している)
ちなみにfg等においてもこれらのキットを製作したモデラー達による力作が数多く投稿されている。
また、上記のように6のゲーム中には存在しないアイマスSPの961プロアイドルが描かれたキットも販売さている。
なお、限定生産のために一部はすでに販売を終了しており、店頭在庫のみとなっている。

関連タグ

戦闘機 アイドルマスター エースコンバット 痛機 痛戦闘機

外部リンク

エースコンバット アサルト・ホライゾン

ハセガワ アイドルマスタープロジェクト

pixivに投稿された作品 pixivで「アイドルコンバット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101583

コメント