ピクシブ百科事典

ユーロファイター

ゆーろふぁいたー

現代欧州戦闘機の一つ、ヨーロッパ諸国で共同開発された
目次[非表示]

ユーロファイターとは、ヨーロッパを表す「ユーロ」と戦闘機の意味の「ファイター」を繋げた名前からも分かるように、西のヨーロッパ四カ国が共同開発したマルチロール戦闘機である。
別名にEF-2000、愛称はタイフーンで、これを繋げたユーロファイター・タイフーンのタグが付けられた絵も多い。
(第四次)F-Xの候補ともなったことから、もし日本(航空自衛隊)に導入されていたら……という設定で描かれたものも多い。

概要

NATO加盟国であるドイツイギリスイタリアスペインの4ヶ国が共同して開発した、カナードデルタと呼ばれる機体構成を持つマルチロール機(ただし後述のように現行ではマルチロール機とは言いがたい)。

計画当初は上記の4ヶ国に加えフランスも参加していたのだが、要求する内容の食い違いなどから脱退した。(脱退したフランスが開発したのがラファールである)

3段階に分けた生産・アップデートを行う形式を採用しており、さらにその中をブロックと呼ばれる細かい仕様違いで分けている。
現在は第2段階であるトランシェ2まで開発が完了している。
開発計画の変更によりトランシェ3はAとBに分けられ、開発が進められることになった。

現在、対地攻撃能力を完全に実装するトランシェ3Aは開発中(完全なマルチロール機となる予定のトランシェ3Bは計画中止の可能性が出ている)であり、欧州諸国で運用されている現行のトランシェ2はAESAレーダーなどを装備しておらず、対地能力を持たない、もしくは限定的でマルチロール機とは言えない機体が運用されている。
トランシェ3Bは不透明となっており、イギリスは調達中止して予算をF-35導入に振り分け、ドイツでも同様にキャンセルとなっている。
また、トランシェ1はセントラルコンピューターが旧式でトランシェ2以降にアップデートできないという問題もあり、イギリスの初期生産型(おそらくブロック2)は戦力不足となって早期退役(退役した機体は開発非参加国へと売却予定)となっている。
トランシェ3Bの代替となるP1E(フェーズ1エンハンスメント、輸出仕様はP1EB)、ユーロファイター2020(こちらはコンセプトのみ)といったトランシェ3とは別の能力向上計画も提示されている。
イギリスではドロップアップグレードと呼ばれるトランシェ1ブロック2の能力向上が行われており、ドロップ1パッケージではトランシェ1ブロック5相当の限定的な対地攻撃能力を持たせる事が出来、ドロップ2パッケージではアビオニクスをアップグレードする。

先述のとおり、日本でも第4次F-Xの候補としてトランシェ3B相当を候補に挙げていた。
売り込みの際、技術開示、ライセンス生産承認、国産兵装・電子機器への対応許可といった有利な条件を提示していたため、タイフーンをF-Xに推す声も少なくなかったものの、性能面での不安が否めない現状とアップデートの不確実性がたたってか(日本独自仕様部分の開発国への技術開示及び提供の義務、アドーアRT.172 Mk102エンジンの一件における欧州不信、等が関係しているかは不明)、最終的にはF-35に破れている。

トランシェ3Bまで開発が完全に終了した時には(開発開始当時の)Su-27系列機(初代Su-35相当)に圧倒的なキルレシオを持つ...予定となっている。
しかし、現在のところ未完成といえる状態のため、(今後の改修により多少は変わるだろうが)現状の評価はスイスが評したように「優れた部分はあるが総合的にはラファールグリペンに劣る」とされている。
それを裏付けるように、実際のDACT(異機種間空戦訓練)ではラファールに対し、1対1のガンファイトでは10戦10敗(2007年コルシカ)、BVR(有視界外)戦闘では4対4で4戦4敗、ラファール側を2機に減らした2対4で4戦1勝3敗(2009年UAE)と完敗してしまっている
ただし、2012年レッドフラッグ・アラスカ演習において短距離戦においてドイツ空軍のEF-2000がF-22に勝利した記録も存在するが、ドイツ仕様には搭載されていないはずのPIRTEA(受動式赤外線探知装置)によって遠距離からF-22を捕らえている、F-22側に攻撃の禁止、A/Bの禁止、データリンクの禁止、F-22側は自力で探さねばならないがEF側は相手の位置を教えてもらえる、といったEF側が圧倒的に優位となる制限が加えられたという話もあり、当時のF-22は機上酸素発生装置の不具合により制限が加えられており、更に機密保護の為に多数の国が参加する演習では制限を掛けることで全ての性能や戦術を明らかにしないようにするという事も考えると、勝つためだけに通常の仕様ではない機体を用意しての八百長試合の結果とも考えられる。(ドイツ側とアメリカ側の証言が異なっていることもあり、EFの優秀さを示すためであったり、F-22の予算確保の為に話を盛ったという可能性もある)
一方でBVRではF-22からのレーダーシュートに気付かず、電子戦能力が低いという問題が明らかになったという話もある。
さらにインドでは「ラファールより高価でありながら性能は劣り、殲-20(J-20)に勝てない」と判断され採用を逃し(更に2015年のインド空軍と英空軍との演習ではEF側が不利な条件とはいえSu-30 MKIに全敗)、英軍EFの初の実戦であるリビアでの戦闘ではトランシェ1ドロップ1を派遣したものの対地攻撃任務だった為に「役立たずでトーネードの方が使える」とまで言われてしまっている。

開発の遅れと段階的な生産法が完全に裏目に出てしまう最中、2014年にはドイツで後部胴体に製造上の欠陥が見つかり、イギリス空軍とドイツ空軍では納入の見合わせおよび飛行時間の低減(3,000時間から1,500時間に)が決定されてしまった。
さらにドイツ空軍のものは106機中42機のみ使用可能、イギリス空軍では100機中25機と稼働率は半分以下と年間長期稼働率は非常に低く、スペアパーツとメンテナンスコストが問題となっている。
2015年10月には追い討ちをかけるように垂直尾翼部のラダー接続部の穴の仕上げの問題によりクラックが発生する可能性があり(BAE製造担当箇所)、ドイツ空軍は新造機の受け入れを停止。エストニアに派遣された機体では滑走路をタキシング中にネジの破損により右主翼の増槽が脱落、増槽を使用しての飛行を禁止。といった問題が発生。
まさに弱り目にたたり目な状況の最中にあり、今後を危ぶむ声も少なくない。
トラブルの発生や調達機数の減少、販売不振も重なり、新たな契約が結ばれなければ2018年に生産終了の可能性が示唆されている。

なお「タイフーン」の名称はEU全体ではなく、RAFによって決定されたものが輸出用に使われるようになったものである。このため、本機はタイフーンとしては2代目にあたるのだが、それ故かつて初代にこっぴどい目にあったドイツからは猛反対され、結局ドイツとイタリアでは「タイフーン」の名称を使用していない。


関連タグ

戦闘機 タイフーン EF-2000
ラファール

外部リンク

wikipediaの記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ユーロファイター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29615

コメント