ピクシブ百科事典

ラファール

らふぁーる

現在、フランス空軍・海軍で活躍しているマルチロール機。フランスも80年代初頭から開発が開始された『欧州共同開発戦闘機計画』に参加していたが、自国の要求が思うように通らないので1985年に離脱した。ラファールはその最中から独自開発された戦闘機で、ミラージュ2000やF-8(FN)の後継機である。
目次[非表示]

欧州共同開発戦闘機

1970年代、アメリカイギリス、そしてドイツフランスといった西側諸国は危機感を覚えていた。1967年7月9日のソ連のドモデドヴォ空港にて、『マッハ3の新型ミグ』ことMiG-25が初めて世界に公開された。その後MiG-25は世界の飛行記録を次々に更新し、初登場のインパクトに続いて高性能を存分にアピールしていった。

その実態が知られるようになるのは1976年9月6日、ソビエト防空軍(PVO)のビクトル・イワノビッチ・ベレンコ(当時中尉)が函館空港に強行着陸した後に広く知れ渡るようになるのだが、当時はこの高性能機の登場に世界は驚き、そして本当に恐怖したのだった。

この後、アメリカはF-15を対抗して開発し、こちらは期待どおりの高性能を発揮していく事になる。それに対してヨーロッパの開発する戦闘機、それが『ヨーロッパ国際共同開発戦闘機』(当時ECF)である。

「共同開発」の罠

イギリスとドイツと、時々フランス。

といっても、当初から共同開発が決まっていた訳ではない。実際にフランスジャギュアの後継を、ドイツ(当時は西ドイツ)はF-104イギリスなどはジャギュアとハリアーの後継まで兼ねて開発しようとしていた。共同開発に至る道のり、まずはイギリスの試行から始まった。

イギリス空軍(RAF)は、

  • ジャギュアやハリアー以上の搭載力を持つ
  • 空戦が得意で安価
  • なおかつVTOL可能な戦闘機
という要求を提示した。だが、この要求仕様は『欲張りすぎ』と分析されて計画が中止されたため、1972年に対空性能に要求を絞った上でBAe社に「P.106B」を設計させた。

同時期、西ドイツではメッサーシュミット・ベルコウ・ブローム(MBB)が同国空軍の要求に沿った戦闘機の開発を進めていた(要求仕様「TKF-90」)。1979年、この両国の開発作業のついて、共同開発協定が結ばれる。計画は「ヨーロッパ共同開発戦闘機(ECF)」、のちに「ヨーロッパ軍用機(ECA)」と命名された。

ただ、時は冷戦まっただ中であり、両国の開発予算にも限りがあった事から、新たにフランスのダッソー社にも共同開発を打診する。ただしフランスは開発費用の拠出に消極的であり(1980年の政府間協議の時には既に問題となっていた)、結局1981年にイギリス・西ドイツの共同開発計画は一度中止されることになった。

計画のその後

その後、この計画の研究成果を応用してBAe社が「P.110」という発展型が開発された。しかし顧客は現れなかったため、今度はドイツの「TKF-90」を取り入れた設計案(当時はモックアップ)が1982年のファーンボロ航空ショーで初公開された。その後同機を基にしてトーネードが開発される事になり、この開発計画は必ずしもムダとはならなかった。

EAP(実験的航空機計画)

この始末に不満を募らせたイギリスは1983年、BAe社に対して『独自に開発した技術実証機』の試作を命じる。EAP(実験的航空機計画)のはじまりである。同年中にはイギリス、西ドイツ、スペイン、そしてフランスの間で合意ができ、具体的な「詰め」の協議が始まった(これがのちのユーロファイターである)。

だがフランスだけは艦上戦闘機も兼ねて開発する事を望んでおり、「要求仕様の違い」が決定的な溝を作ることになった(フランスの要求が軒並み受け入れられなかった事情もある)。こうしてフランスはEAP計画から離脱し、独自の戦闘機を設計する事になる。1985年7月の事であった。

独自開発の花道

ラファールA

さて1985年8月、こうして独自開発される事になったのが『ダッソー・ラファール』である(1983年命名)。

独自開発は開発費用をすべて自国で負担しなければならないが、その分好き勝手に設計することが出来る。実際にユーロファイターが関係各国の調整に手間取っているのを尻目に、ラファールの開発作業は順調に進んでいったのである。

1984年、まだEAP計画からは離脱していなかったが(すでに溝は決定的になっており、離脱は時間の問題だった)、最初のデモンストレータ(ラファールA)の製作が始まった。このデモンストレータはのちの生産機よりも一回り大きいものになっている。これはエンジン(SNECMA社製M88エンジン)の開発が間に合わず、アメリカのF404を搭載した為である。

デモンストレータは1985年12月14日にロールアウトし、地上で各種試験に用いられた。1986年7月4日には初飛行を遂げ、さっそくマッハ1.3を記録(EAPも8月8日に初飛行)。同年9月にはファーンボロで披露され、EAPよりも高い完成度を披露した。

1987年4月30日、空母運用に向けた初めての着艦テストを実施(実際の着艦はしなかった)その後1989年に終了するまでに多くの試験を行い、実績を積み上げている。1990年2月、右エンジンを国産のM88-2に変更。3月には左エンジンも換装され、すっかりフランス製の心臓を手に入れる事になった。最初のデモンストレータは1994年1月24日、867回目の飛行を最後に任務を終了。現在はシャトード空軍基地にて保管されているという。

ラファールC

ラファールAで得られたデータを踏まえ、再設計すると共に実戦型となったのがラファールCである。(再設計そのものは予定通り)ラファールCは最初に完成した空軍用の型で、海軍のラファールMにも発展していく。

ただし開発途中で冷戦が終結し、空軍250機・海軍86機を導入する計画は大幅に縮小されてしまった。もちろん軍事費が大幅圧縮されたアオリである。

そして変更を余儀なくされたのは機数だけではない。
調達の内容も大幅に変わり、単座機(ラファールC)が減らされて複座機(ラファールB)が増えている。これは『様々な任務に用いるためには2人乗りの方が都合がいい』と判断された為で、もちろんマルチロール戦闘機としての活躍を期待されている。

配備予定はラファールCが95機にラファールBを139機。
元々は225機のラファールCに対して、ラファールBが25機の予定だった。

ラファールB

元々は転換訓練用の練習機として開発されていたが、上記のような方針転換で運命が変わった。練習機では省略される事も多い実戦用装備をそのまま残し、二人乗りの戦闘攻撃機として主力を務めている。2013年9月、AESAレーダー(RBE2)搭載型のトランシェ4が受領された。(欧州初のAESAレーダー搭載機となる)以降のラファールはB以外もRBE2・AESAレーダーを搭載する事になる。

ラファールM

ラファールCに続いて完成したのが海軍型のラファールMである。主な構造や部品などは8割ほどがラファールCと共通にされ、F-8(FN)シュペルエタンダールの後継機として採用されている。

生産はこちらが優先されており、これは特にF-8(FN)の老朽化(旧式化ではない)が著しい為とされる。ついでにシュペルエタンダールも旧式化して久しいので増産・配備は急がれている。それでも完全な入れ替えにはまだ時間が必要で、転換完了は2020年ごろだとか。
(そのおかげで空軍ミラージュの入れ替えにはメドが立っていない)

また空軍と違い、こちらでは単座が主力である。
本当は海軍でも複座機を導入する予定があったのだが、(ラファールN)
経費削減のためか訓練は空軍で一本化するようだ。86機生産する予定だったが、ラファールNの開発中止と共に60機に減らされている。

重爆装型

現在は計画のみだが、兵装搭載量等を増やしたアップデート型を計画している。
2018年ごろまでに完成予定で、空対空ミサイルの搭載可能数を4発から6発へと増やすほかに燃料等裁量も増える予定。

海外での採用

インドでの採用が決定している。
これは同じく旧式化したMiG-21(MiG-21FL・bis)の後継で、予定では126機を配備する。
126機中18機はフランス製で残りはインドで製造されるという予定だったのだが、インドでの製造分まで品質保証をするという条件をインド側が提示したため(ダッソーはインドでの製造分までは品質の保証が出来ないとしている)、代わりに全機フランスでの製造にする代わりにインドへの技術移転が条件として上がり、採用は暗礁に乗り上げてしまった。
あわや交渉破綻かと危ぶまれたが、2015年に36機が無事ダッソーに発注された。残り90機については、今後も製造の交渉が続けられる模様である。

エジプトでは2015年2月に24機の購入計画が無事結ばれたが、わずかその約半年後に3機納入された。さらにダッソー側はF-16の代替となる126機の追加契約を希望している(肝心のエジプト側は興味がない模様)。

カタールでは2015年4月に24機採用されることが明らかにされたが、実は2010年頃に購入を検討したことがあった。そのときは立ち消えになったが、結果5年越しでの購入実現となったのである。

だが実績は(今のところ)それだけで、WIKIによるといくつかの国に提案されたが、ほとんどが不採用となった。
中でも韓国などはいい所までは行ったのだが、F-15Kのための当て馬扱いだったらしく不採用にされてしまった。
スイスモロッコブラジルに関しては「値段高けーよ!!軍事費抑えざるをえないご時世にこんなもん買えるか!!」という理由で断られてしまった(スイスはF-18C/D、あとの2カ国はグリペンを採用)。
なお、日本でも、ファントムの後継機の候補に挙がっているのでは?と言う噂が立ったが、これに関してはフランス側から「ミーはそんな提案した覚えないザンス!!」と、否定している。

シミュレーションではSu-27と互角の勝負ができる』と判定されているが、本国でさえ配備の進まない本機の採用にはどこも及び腰になっている。
納期の都合は合っても、「能力に不安をぬぐえない」と見られているようなのだ。
一応DACTではユーロファイター相手にBVR(有視界外)、格闘戦を共に一方的と言える勝利していたりもするが。(同数での戦闘に加え、相手の半数に減らしての戦闘でも多くの勝利をしている)

現在、フランスの主力戦闘機として配備が進められているラファールだが、どうにも不安はぬぐえない。
輸出するためには「実績」が大事な要因で、その要因すら満たせない状況では売り文句も説得力がなくなってしまうのである。

ゲームでの採用

こちらでは割と恵まれており、エースコンバット等によく登場している。
登場するのは制式型(ラファールC・M)の筈なのだが、ラファールAの黒一色の塗装である事も。もちろん艦上機でもあるので空母にも発着できる。
(人気のせいだろうか)
ゲームによってはフランス版のパッケージ機体をラファールへと変更したものもある。

pixivに投稿された作品 pixivで「ラファール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56371

コメント