ピクシブ百科事典

F-35

えふさんじゅうご

アメリカのロッキードマーチン社が開発している単発ステルス戦闘機。愛称は『ライトニングⅡ』。2015年にアメリカ海兵隊に納入されたB型を皮切りに空軍・海軍に納入された機体がそれぞれ「初期作戦能力」を獲得し、実戦投入可能な状態となった。
目次[非表示]

ドラケンのデンマーク向け輸出型『F-35』は当該記事で

概要

F-35とは米国ロッキードマーチン社(旧ロッキード社)が開発した第5世代ジェット戦闘機である。
空軍、海軍、海兵隊の3軍が使用するJSF(Joint Strike Fighter:ジョイントストライクファイター『統合打撃戦闘機計画』)としてX-32との競合の結果、採用された。
ステルス性能と高い汎用能力を合わせ持つ。

  • 基本形となる地上での運用を想定した空軍仕様のF-35A
  • 強襲揚陸艦でのSTOVL運用を想定した海兵隊仕様のF-35B
  • 空母でのカタパルト運用を想定した海軍仕様のF-35C
の三つのバリエーションがある。

異なる用途の機体の形状を統一することや、海外共同開発(開発国であるアメリカを頂点として、開発にある程度発言できるイギリス、意見は出せないが配備が優先される資金提供国)による大量生産などで製造コストの削減を狙っている。
汎用能力の向上によりF-16A-10F/A-18AV-8BホーカーシドレーハリアーCF-18等多くの機種を代替する機体となった。

コックピットコンソールは一つの大型タッチパネル液晶(二枚のパネルで構成されている)に統合され、HUDを廃止してHMDによる表示を行う。
機体各所に装備された光学センサーAN/AAQ-37 DASの画像を統合し、HMDで表示することで死角の無い全方位視界を得ることが出来る

ステルス機ではあるが外部兵装の搭載も可能で、開戦直後は機内にのみ兵装を装備したステルス形態で敵の防空網を破壊・無力化し、それから機外に兵装を大量に装備し本格的な攻撃を行うという運用が想定されている。
機内兵装の搭載数を増やすため、ウエポンベイハッチ側への搭載も研究されている。
その結果ブロック5で内部にAIM-120アムラーム中距離空対空ミサイルを最大六発搭載可能になる。

戦闘行動半径の大幅な向上
戦闘行動半径とは、基地から離陸して任務達成後に同じ基地に帰還できる距離のことで、目安としては航続距離の1/3程度となる。

F-35Aは現在機内燃料のみで行動半径で1,300kmを飛翔する事が可能であり、それは機内に燃料を8.3tも搭載する事が出来るからとされている。(Bでは6.1t、Cでは9.0tとなっている)
F-22は8.2t(推定値)の機内燃料のみでは1000ポンド爆弾二発搭載で1,092kmほどしか飛べず、F/A-18Eは機内燃料6.8tに加えて480ガロン増槽を三つ、1000ポンド爆弾を四発搭載してやっと1,230km、F-16Cは機内燃料3.2tに加え二つの600ガロン増槽と二発の2000ポンド爆弾を搭載してようやく1,296km飛べるのである。(全て高高度飛行で進出、高高度で戦闘、高高度で帰還するHi-Hi-Hi飛行)

兵装やミッション、飛行の仕方によってはこれ以下の距離になること逆に伸びる事もあり、
F/A-18E/Fを例に挙げると、対艦ミッションで480ガロン増槽を三つ、AGM-84(対艦ミサイル)、AIM-120、AIM-9をそれぞれ二発積んだ場合は1,467km、制空ミッションでAIM-120を四発、AIM-9を二発、480ガロン増槽を三つ積んだ場合は1,475km(Hi-Hi-Hi飛行)、対地ミッションで480ガロンタンクを二つ、1000lb爆弾を四発、AIM-9を二発、FLIRを二つ搭載し、Hi-Lo-Hi飛行(高高度飛行で進出、低高度で戦闘、高高度で帰還する)した場合は722kmとなっている。
ちなみに、F-35B(機内燃料6.1t)で1000ポンド爆弾を二発携行し、Hi-Lo-Lo-Hi飛行した場合は876kmとなっている。

2020年代には全ての仕様のF-35が戦力化される見通し。

海兵隊のF-35Bは2015年7月31日に、米空軍のF-35Aもその翌年である2016年8月2日に初期作戦能力を獲得。一方で海軍のF-35Cはやや遅れて2019年2月となった。
これは開発が完了した事を意味するものではないものの、”概ね”実戦で使用可能というお墨付きを得た事を意味し、限定的ながらも任務を遂行できる状態となった。
現在も「未完成」であるため、実戦部隊への配備と並行してソフトウェアの開発・アップデートも継続して行われている。

価格について

当初はF-16などの第4世代機と同等の価格で提供できる安価なステルス戦闘機とする事を目標としていたものの、新技術の投入や開発の遅れにより、他の第5世代機の例にもれずコストは高騰、本機もお約束通りに高級機の仲間入りを果たしてしまった。

メンテナンス性は最初から考慮されているので、維持費は並の第4世代機より安いとの触れ込みではあるが、あれこれあって依然高い水準にとどまっている。

しかしながらそれでも海空海兵隊3タイプ合計2400機以上を逐次導入していく見込みであるのだから、やはりアメリカという国は大したものである

航空自衛隊次期主力戦闘機へ

祝!!空自次期主力戦闘機(F-X)決定!


航空自衛隊は退役するF-4の後継機として当機を正式に指名しており、三菱重工等の国内企業による部分的ライセンス生産により42機の調達が予定されている。
元々日本は国際共同開発には参加しておらず、導入しようとしたとしても序列的には最後尾となるために配備に時間がかかるとして、F-Xの候補には挙がっていたもののそれほど有力な候補ではなかった。当時は開発が遅滞していた時期でもありF-4の退役まで間に合わないのではないかという見方も強かった。
当初日本はF-XとしてF-22を有望し、ロッキード(当時)やボーイングも乗り気ではあったからというのもある。しかし当時配備されたばかりの最新鋭ステルス戦闘機であるF-22の対外輸出に対して米連邦議会の了承を得ることは出来なかったためF-22はF-X候補から脱落してしまう。
その後、実績のあるF/A-18系(F/A-18Cの発展型であるF/A-18E)、ライセンス生産が出来るタイフーン(トランシェ3B相当)、そして最新機種の本機が最終候補となり、最終的には導入序列を無視して優先的に導入させることや四割のライセンス生産を認めると言う優遇措置もあり、2011年12月にF-35がF-Xとして内定を得た。その後、機体の最終組み立てと検査(FACO)の設置、F135エンジンの共同開発が決まった。航空自衛隊向けのF-35Aの単価は140億円であり、整備費用を含めれば190億円である。
ちなみに当初のF-X有力候補であったF-22はコスト高が嵩じて生産停止に追い込まれてしまうという憂き目に遭っている。

その後の2018年に既に導入が決定している上記A型42機に加え、A型63機、B型42機(計105機)を追加導入することとなった。これはF-4に続いて退役予定のF-15J初期型の後継、及びいずも型護衛艦の事実上の空母への改修を見込んだものである。

航空自衛隊 F-35A ライトニングⅡ 初号機ロールアウト記念式典(ロッキード・マーティン社フォートワース工場:2016年9月23日)


その他

B型は、X-35時代は垂直離着陸時に開くリフトファンのカバーが、左右観音開きだったことで、正面から見るとあたかも猫耳のように見えていたりもしたが、現在では改良されたたため猫耳ではなく便座の蓋のようになっていたりすることで、残念がるファンが一部にいたりもする。(もちろん理由のない変更ではなくカバーがエアブレーキを兼ねるための形状変更。)

形状がF-22に似通っていることや、F-22に比べて小型であることから、愛称の『ライトニングⅡ』が決まる前から、戦闘機ファンなどからはF-22の萌え愛称である『ラプたん』になぞらえて『こらぷたん(小ラプたん、子ラプたんなど表記はさまざま)』の愛称で呼ばれており、正式な愛称が決まった現在でも、『こらぷたん』と呼ばれることがある。

映画『ダイハード4.0』では敵側の策略によって誤った情報を掴まされ、トラックで走るマクレーンの前に立ちはだかる。
STOVL機能をフルに使い、ハイウェイのジャンクションでマクレーンの乗る大型トラックをジャンクションごと機銃(ブリティッシュハリアーのような胴体下の2連装。ちなみに実際のF-35Bには固定機銃はなく、胴体下中央に単装のガンパックを搭載する)でぼろぼろにしたが、落下するジャンクションの破片を避ける為にトラックの下に回りこんだ際にトラック内から落下してきた機材がリフトファンの吸入口に入って故障し墜落するという情けない最期を迎えた(小説版では機上に転がり落ちたマクレーンによりリフトファンに機材を放り込まれて墜落)。
安定性を失った機体の上からマクレーンが決死のダイブを決行するシーンは、本作を象徴するシーンである。

スーパークルーズ(長時間の超音速飛行)は出来ない、とされてきたが、先日ロッキード・マーティン社からウェポンベイ内に武装フル搭載の状態でマッハ1.2でのスーパークルーズがごく短時間ではあるが可能であることが発表された。
しかも、ミサイルや増槽を機外搭載するため性能が落ちやすい旧世代機とは違い、単発でF/A-18やユーロファイター・タイフーンのエンジン二機分に迫る大推力のエンジンの力をダイレクトに発揮できるのである。
(なんでいまさら、とお思いだろうが音速を超えるのに一苦労だったF-102デルタダガー、作ってみたら爆撃機だったF-111アードバーグのように、飛行機作りには「作ってみなきゃわからない」一面がある。)

関連イラスト

F-35A ライトニングII 【戦闘機ワンドロ 51】
Vertical Take-off



関連タグ

軍事 戦闘機 F-22 子らぷたん
P-38:先代のライトニング

外部リンク

ロッキードマーチン 公式サイト『F-35 Lightning II』(外部リンク)

関連記事

親記事

第5世代ジェット戦闘機 だいごせだいじぇっとせんとうき

子記事

兄弟記事

  • Su-47 すーそーらくすぃぇーみ
  • F-22 えふにじゅうに
  • PAK-FA ぱくふぁ
  • もっと見る

pixivに投稿された作品 pixivで「F-35」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 345724

コメント