ピクシブ百科事典

F-35

えふさんじゅうご

アメリカのロッキードマーチン社が開発している単発ステルス戦闘機。愛称は『ライトニングⅡ』(イラストはSTOVL仕様の『F-35B』)。2015年にアメリカ海兵隊に納入されたB型を皮切りに空軍・海軍に納入された機体がそれぞれ「初期作戦能力」を獲得し、実戦投入可能な状態となった。
目次[非表示]

ドラケンのデンマーク向け輸出型『F-35』は当該記事で

概要

F-35とは米国ロッキードマーチン社(旧ロッキード社)が開発した第5世代ジェット戦闘機である。

空軍、海軍、海兵隊の3軍が使用するJSF(Joint Strike Fighter:ジョイントストライクファイター『統合打撃戦闘機計画』)としてX-32との競合の結果、採用された。
F-16A-10F/A-18AV-8BホーカーシドレーハリアーCF-18等多くの機種を代替するために開発され、加えて高いステルス性を有する、という結構な無茶ぶりをやりながら価格を抑えるため、海外共同開発(開発国であるアメリカを頂点として、開発にある程度発言できるイギリス、意見は出せないが配備が優先される資金提供国)による大量生産で製造コストの削減を狙っている。

  • 基本形となる地上での運用を想定した空軍仕様のF-35A
  • 強襲揚陸艦でのSTOVL運用を想定した海兵隊仕様のF-35B
  • 空母でのカタパルト運用を想定した海軍仕様のF-35C

の三つのバリエーションがある。
基本的な素体に各仕様のための独自部品を追加する形式になっており、独自設計割合はA形で19.8%、B形で32.6%、C形で43.1%となっている。

また、従来の戦闘機には存在した複座練習機型は存在せず、パイロット訓練には専用のフライトシミュレーターを使用する。

アビオニクス

コックピットコンソールは一つの大型タッチパネル液晶(二枚のパネルで構成されている)に統合され、HUDを廃止してHMDによる表示を行う。
機体各所に装備された光学センサーAN/AAQ-37 DASの画像を統合し、HMDで表示することで死角の無い全方位視界を得ることが出来る。更にレーダー解析と画像認識により多数の機体を識別、同時追尾し、真後ろの敵にもミサイルが撃てる。
画像認識、赤外線探知、レーダー波の逆探知、更にはAWACSや僚機との目標情報共有により、自らは一切電波を発さないままでも敵を攻撃可能。このことによりステルス性を更に高めることができる。
逆に強力な電波を照射することで敵レーダーをマヒさせる電子攻撃能力も有している。

戦闘以外でも「ALIS(Autonomic Logistics Information System)」と呼ばれる自己診断システムを搭載しており、端末を接続すれば機体の損傷、故障位置を報告し、必要な対処とそのための部品を提示するだけでなく、世界中の在庫状況にアクセスして調達までしてくれる。
このシステムによりF-35の維持管理は大幅に効率化され、ライフサイクルコストも旧来機より削減できる……はずだった。

武装

ウェポンベイは内側扉にAIM-120用ステーションが1つずつ、天井に汎用ステーションが1つずつある。翼下には対空ミサイル専用のパイロンを1つずつ、汎用パイロンを2つずつ装着可能。AIM-9は現状機内搭載できない。
機銃はF-35AのみGAU-22を装備しており、F-35BとF-35Cでは必要に応じてステルス性を持ったガンポッドを胴体下に搭載する。
米海兵隊のF-35Bは、ステルス機として運用する際にはAIM-120×2とJDAM×2、これに加えて機外にAIM-9×2とガンポッドを装備した状態で運用されている。機外装備を行った場合ステルス性がいくらか損なわれてしまうが、米海兵隊では自衛能力を重視したようである。
対空脅威の殲滅後にはステルス性が不要なので、上記の装備に加えて機外に武装を満載した状態での運用もされており、この状態は「ビーストモード」と通称される。

機内兵装の搭載数を増やすため、汎用ステーションの改造やウエポンベイハッチ側への搭載も研究されており、ブロック4(ブロック5の当初予定から繰り上げ)では内部にAIM-120を6発搭載可能になる予定である。
一方AIM-9を機内搭載する具体的な計画は今のところなく、パイロンやミサイルの改良でステルス性を改善する提案がされているのみである。

戦闘行動半径

戦闘行動半径とは、基地から離陸して任務達成後に同じ基地に帰還できる距離のことで、目安としては航続距離の1/3程度となる。

F-35Aは機内に燃料を8.3tも搭載可能であり(Bでは6.1t、Cでは9.0tとなっている)、このため増槽無しで戦闘行動半径1,300kmを達成している、
F-22は8.2t(推定値)の機内燃料のみでは1000ポンド爆弾二発搭載で1,092kmほど、F/A-18Eは機内燃料6.8tに加えて480ガロン増槽を三つ、1000ポンド爆弾を四発搭載してやっと1,230km、F-16Cは機内燃料3.2tに加え二つの600ガロン増槽と二発の2000ポンド爆弾を搭載してようやく1,296kmとなっており、この航続能力は特筆すべきものと言える。
(全て高高度飛行で進出、高高度で戦闘、高高度で帰還するHi-Hi-Hi飛行)

兵装やミッション、飛行の仕方によってはこれ以下の距離になること逆に伸びる事もあり、
F/A-18E/Fを例に挙げると、対艦ミッションで480ガロン増槽を三つ、AGM-84(対艦ミサイル)、AIM-120、AIM-9をそれぞれ二発積んだ場合は1,467km、制空ミッションでAIM-120を四発、AIM-9を二発、480ガロン増槽を三つ積んだ場合は1,475km(Hi-Hi-Hi飛行)、対地ミッションで480ガロンタンクを二つ、1000lb爆弾を四発、AIM-9を二発、FLIRを二つ搭載し、Hi-Lo-Hi飛行(高高度飛行で進出、低高度で戦闘、高高度で帰還する)した場合は722kmとなっている。
ちなみに、F-35B(機内燃料6.1t)で1000ポンド爆弾を二発携行し、Hi-Lo-Lo-Hi飛行した場合は876kmとなっている。

価格

当初はF-16などの第4世代機と同等の価格で提供できる安価なステルス戦闘機とする事を目標としていたものの、新技術の投入や開発の遅れにより、他の第5世代機の例にもれずコストは高騰、本機もお約束通りに高級機の仲間入りを果たしてしまった。

メンテナンス性は最初から考慮されているので、維持費は並の第4世代機より安いとの触れ込みではあるが、あれこれあって依然高い水準にとどまっている。

それでも海空海兵隊3タイプ合計2400機以上を逐次導入していく見込みであるのだから、やはりアメリカという国は大したものである
とはいえ、コストの高さはアメリカでも問題視されており、政府の値下げ交渉などの甲斐あって、2019年に結ばれた契約分からようやく価格が第4世代機並みになる見通しが立った。

開発史

始まりは米国四軍と英国海軍で共通して使用でき、なおかつ手ごろな価格で生産できる機体の開発を目指した「共通低価格計量戦闘機計画(CALF)」である。
この時点でハリアーファミリーとF-16というあまりに性質の異なる機体をまとめて代替することが求められていた。
この上1994年の海軍機開発計画合流により「統合打撃戦闘機(JSF)」開発計画がスタートし、アメリカとイギリス以外にイタリアオランダノルウェーオーストラリアカナダデンマークトルコが開発・生産に参加。
かくしてJSFは、上述の通り6機種を1機種で代替(しかも低価格で)というとんでもないビッグプロジェクトに膨れ上がることとなる。

X-32、X-35の開発競争が行われた結果X-35がF-35として制式に採用されることとなったが、「国際開発」「多目的」と炎上フラグをこれでもかと積載したF-35は遅延に継ぐ遅延、コスト増加が相次ぐことになる。
しかしながらあまりに多くの国、そして目的が積み重なった結果、もはやプログラムはどれだけ破綻してようが中止できないところにまで進んでしまっていた。

プログラム費用は当初計画の2倍にまで膨れ上がり、「全く別々に3機種を設計したほうが安く済んだのではないか」という試算すら出る始末。B型が無くなりかけたり、カナダが計画から脱退しようとしたこともあった。
なにしろ同一機種から全く性能の異なる派生型を3つ生み出さなければならないわけで、どれか1つにトラブルが生じると対応のためにほかの2つまで影響を受ける。どうにか解決したと思ったら今度は別の型でトラブルが生じて…という悪循環がなかなか止まらない。

お世辞にもスムーズとは言えない研究開発の果てに、海兵隊のF-35Bは2015年7月31日に、米空軍のF-35Aもその翌年である2016年8月2日に初期作戦能力を獲得し、海軍のF-35Cはやや遅れて2019年2月となった。
これは”概ね”実戦で使用可能というお墨付きを得た事を意味し、限定的ながらも任務を遂行できる状態である。
開発飛行試験が全て完了したと発表されたのは2018年4月13日の事。

しかしながら現状でもトラブルは続発、特にALISは誤警報が相次いでろくに使い物にならず、2022年までに別のシステムに置き換えられる予定である。

派生型

  • F-35A
F-35A(航空自衛隊仕様)


通常離陸型。空軍での運用を前提とした形式。余計な付属物がないため9Gの負荷に耐えることが可能であり、最も機動性が高い。
派生型の中で唯一GAU-22ガトリング砲を固定装備としている。
空中給油は本型のみフライングブーム方式が標準だが、プローブ&ドローグへの変更も可能。
機銃の銃口、給油口共に普段はカバーに覆われており、必要に応じて露出する。

  • F-35B
メイン画像参照。
STOVL(短距離離陸・垂直着陸)型。胴体内にリフトファン、翼内にスラストノズルを持ち、排気ノズルは真下まで推力を向けられる偏向ノズルになっている。これらにより短距離での離陸と垂直着陸が可能で、強襲揚陸艦や軽空母での運用を想定している。
リフトファンのスペースの分ウェポンベイや燃料タンクが小さくなっており、航続距離が若干短くなり、2000ポンド爆弾を機内搭載することができない。
荷重制限も7Gと派生型の中で最低。
複雑な構造により多くのトラブルに見舞われたが、海兵隊機の老朽化切迫していたこともあり、初期作戦能力の獲得は一番早かった。
  • F-35C

チラシノウラ67


空母での発着艦に対応した型。着艦時の操作性を確保するために翼面積が大きくなっており、付随して搭載量、航続距離も増している。主翼外側は折り畳むことが可能。
着艦の衝撃に耐えるために着陸脚をはじめとした機体構造が強化されており、このため独自設計が三派生型の中で最も多い。
独自設計の多さと老朽化問題に悩んでいない米海軍のやる気のなさにより、最も開発が難航している。
英国海軍が導入する予定があったがB型に切り替えられてしまい、現状米軍が唯一の購入者である。

  • F-35I
A型を基礎としたイスラエル仕様。独自の電子線装備やミサイルに対応する改修を受けたほか、コンフォーマルタンクフューエルタンク(翼下ではなく胴体に張り付ける増槽)の開発も予定されている。
またイスラエルからは複座型の提案が行われている。

輸出

F-35は海外へ輸出可能な最初の第5世代ジェット戦闘機となり、上述したように最初から世界各国での採用を見込んだ多国籍プロジェクトとなった。
アメリカ以外の開発・生産に参加したほとんどの国で導入が決定している他、現在F-16などの旧世代戦闘機を使用している国でも採用される可能性が高いため、最終的な製造数は5,000機以上にのぼる事も予測されている。

とはいえ機体そのものが機密の塊なステルス機なので、機密漏洩の恐れがある国には輸出されない事がある。

例えば、開発・生産参加国のひとつであったトルコは納入直前になってロシア製のS-400長距離ミサイル防衛システムを導入した事でF-35の販売を凍結され、事前に訓練を受けていたパイロットも国外退去となった上に多国間生産体制からも排除された。
これは、S-400が捉えたF-35のレーダー反射特性(要するにどうすればレーダーに映るか)がロシアに漏れる事を懸念したためである。しかもS-400は中国も採用しているため、万が一流出すれば中国にも渡ってしまう可能性さえあった。
トルコは「完全なオフラインで使うから平気平気」と主張したものの、受け入れられなかったのは言うまでもない。

航空自衛隊での採用

祝!!空自次期主力戦闘機(F-X)決定!


航空自衛隊は退役するF-4の後継機として当機を正式に指名しており、三菱重工等の国内企業による部分的ライセンス生産により42機の調達が予定されている。
元々日本は国際共同開発には参加しておらず、導入しようとしたとしても序列的には最後尾となるために配備に時間がかかるとして、F-Xの候補には挙がっていたもののそれほど有力な候補ではなかった。当時は開発が遅滞していた時期でもありF-4の退役まで間に合わないのではないかという見方も強かった。
当初日本はF-XとしてF-22を有望し、ロッキード(当時)やボーイングも乗り気ではあったからというのもある。しかし当時配備されたばかりの最新鋭ステルス戦闘機であるF-22の対外輸出に対して米連邦議会の了承を得ることは出来なかったためF-22はF-X候補から脱落してしまう。
その後、実績のあるF/A-18系(F/A-18Cの発展型であるF/A-18E)、ライセンス生産が出来るタイフーン(トランシェ3B相当)、そして最新機種の本機が最終候補となり、最終的には導入序列を無視して優先的に導入させることや四割のライセンス生産を認めると言う優遇措置もあり、2011年12月にF-35がF-Xとして内定を得た。その後、機体の最終組み立てと検査(FACO)の設置、F135エンジンの共同開発が決まった。航空自衛隊向けのF-35Aの単価は140億円であり、整備費用を含めれば190億円である。
ちなみに当初のF-X有力候補であったF-22はコスト高が嵩じて生産停止に追い込まれてしまうという憂き目に遭っている。

その後の2018年に既に導入が決定している上記A型42機に加え、A型63機、B型42機(計105機)を追加導入することとなった。これはF-4に続いて退役予定のF-15J初期型の後継、及びいずも型護衛艦を改修しての離島防衛力強化に加え各地の小規模空港での運用を見越していると言われている。

その他

模擬戦での結果から機動性はF-16より劣るという評価がされる事もあるが、これはあくまで開発途上でまだ機動性を充分に発揮できないためであり、実際の機動性は充分高く、近年の航空ショーではこれまでの戦闘機と同様のきびきびした機動を披露している。
一説には、F/A-18E/FのAOA(機首向け能力)と、F-16の高速時の持続的な旋回能力の両方を併せ持っているとされており、これが事実ならば非常に高い格闘戦能力を有する事になる。
また、F-35はウェポンベイ内部に武装を満載し、さらに燃料を満タンに積んだ状態でも9G(B型は7G。C型は7.5G)旋回が可能という特性や、外部に武装を搭載しない状態では空気抵抗の増加が起こらない事から、武装状態での運動性では4世代~4.5世代の機種を更に引き離す。

B型は、X-35時代は垂直離着陸時に開くリフトファンのカバーが、左右観音開きだったことで、正面から見るとあたかも猫耳のように見えていたりもしたが、現在では改良されたたため猫耳ではなく便座の蓋のようになっていたりすることで、残念がるファンが一部にいたりもする。(もちろん理由のない変更ではなくカバーがエアブレーキを兼ねるための形状変更。)

形状がF-22に似通っていることや、F-22に比べて小型であることから、愛称の『ライトニングⅡ』が決まる前から、戦闘機ファンなどからはF-22の萌え愛称である『ラプたん』になぞらえて『こらぷたん(小ラプたん、子ラプたんなど表記はさまざま)』の愛称で呼ばれており、正式な愛称が決まった現在でも、『こらぷたん』と呼ばれることがある。

映画『ダイハード4.0』では敵側の策略によって誤った情報を掴まされ、トラックで走るマクレーンの前に立ちはだかる。
STOVL機能をフルに使い、ハイウェイのジャンクションでマクレーンの乗る大型トラックをジャンクションごと機銃(ブリティッシュハリアーのような胴体下の2連装。ちなみに実際のF-35Bには固定機銃はなく、胴体下中央に単装のガンパックを搭載する)でぼろぼろにしたが、落下するジャンクションの破片を避ける為にトラックの下に回りこんだ際にトラック内から落下してきた機材がリフトファンの吸入口に入って故障し墜落するという情けない最期を迎えた(小説版では機上に転がり落ちたマクレーンによりリフトファンに機材を放り込まれて墜落)。
安定性を失った機体の上からマクレーンが決死のダイブを決行するシーンは、本作を象徴するシーンである。

スーパークルーズ(長時間の超音速飛行)は出来ない、とされてきたが、先日ロッキード・マーティン社からウェポンベイ内に武装フル搭載の状態でマッハ1.2でのスーパークルーズがごく短時間ではあるが可能であることが発表された。
しかも、ミサイルや増槽を機外搭載するため性能が落ちやすい旧世代機とは違い、単発でF/A-18やユーロファイター・タイフーンのエンジン二機分に迫る大推力のエンジンの力をダイレクトに発揮できるのである。

(なんでいまさら、とお思いだろうが音速を超えるのに一苦労だったF-102デルタダガー、作ってみたら爆撃機だったF-111アードバーグのように、飛行機作りには「作ってみなきゃわからない」一面がある)

関連イラスト

F-35A ライトニングII 【戦闘機ワンドロ 51】
Vertical Take-off



関連タグ

軍事 戦闘機 F-22 子らぷたん
P-38:先代のライトニング

関連記事

親記事

第5世代ジェット戦闘機 だいごせだいじぇっとせんとうき

子記事

兄弟記事

  • Su-47 すーそーらくすぃぇーみ
  • F-22 えふにじゅうに
  • PAK-FA ぱくふぁ
  • もっと見る

pixivに投稿された作品 pixivで「F-35」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 442631

コメント