ピクシブ百科事典

F/A-18

えふえーじゅうはち

アメリカのマクドネル・ダグラス社が開発した戦闘攻撃機。
目次[非表示]

概要

愛称は「ホーネット(=スズメバチ)」。
かつてはアメリカ海軍の主力艦上戦闘機であったが、現在では全てF/A-18E/Fで代替され、ブルーエンジェルス以外では退役している。
しかしながらアメリカ海兵隊では現役でアップデートも継続されており、それ以外にも多くの採用国がある。
スレンダーなボディに双発のエンジンを載せた特徴的なシルエットにはファンも多い。

元々はF-15の数を補う戦闘機を開発するアメリカ空軍の計画、LWF(軽戦闘機計画)で「YF-17」(非公式愛称:コブラ)として提案したが、不採用。あちこち手直しして今度は海軍の計画に応募し、こちらは見事に採用となる。

その高い汎用性によりF-4戦闘機とA-7攻撃機を一挙に代替することに成功した。
再設計型のF/A-18E/Fでは機体のサイズが従来よりも大型化、KA-6DF-14まで代替したほか、本来の戦闘攻撃機としての能力を拡張する以外にもEA-6Bを代替する電子戦機型のEA-18Gも製造されている。
更にバディポッドを搭載する空中給油機としても使い回せる。
このように様々な機の任務を引き継いでいった結果、米空母はF/A-18ファミリーで埋め尽くされ、F/A-18は高い汎用性を証明することになった。
しかしながら搭載重量は前任のF-4A-6に劣り、空戦性能においては加速性能や高速域での性能低下が指摘されるなど、専門機には一歩及ばずに器用貧乏と言われることも多かったりする。

F/A-18の『同じ機体で様々な任務に対応させる』という考えは冷戦後の軍事事情にも合致しており、その後ヨーロッパに多用途化の風を吹かせたきっかけであるという意見もある。
実際にミラージュ2000Su-27はその後に改修で対応し、タイフーンラファールでは設計から対応する事になった。
だがF/A-18が妥協を余儀なくされたように、対空、対地の両立は困難を伴うため、その後の戦闘機開発では計画炎上が半ば定番化してしまっている。

開発

ノースロップ社はF-5が海外での成功を収めたが、国内では採用を勝ち取れずに失敗したことを反省し、今度は更に近代的な構成を試み、「P-530」を設計する。
F-5Eが多目的機として運用されていることに着目し、低翼から中翼に変更して大型の武装を搭載できるように変更、またF-5で発見されたLERXを拡大、更にエリアルールを考慮し双垂直尾翼をやや前方に持ってきている。

こうして作ってはみたものの、当時大口の採用計画が純粋戦闘機を求める空軍のLWF(軽戦闘機計画)しかなかったので、P-530を空戦特化の「P-600」として再設計、これをYF-17としてLWFに提出する。
結局LWFにおいては、短い航続距離に加えて実績の無い開発中のエンジンを使用していた事、更にF-16のコックピット形状による視界の良さがパイロット達に好印象だったことがあって、ジェネラル・ダイナミクスのYF-16が制式化されてしまった。

YF-17が敗れたのと同じころ、アメリカ海軍はVFAX(海軍戦闘攻撃機研究)というプロジェクトを始動させていた。
元々はF-14がVFAXにより採用されていたのだが、F-14は実際のところ艦隊防空に特化していて対地攻撃能力が不足しており、加えて非常に高価だったので採用数が限られてしまった。再始動したVFAXでは、F-14を数の面で補いつつ、優れた対地攻撃能力を持つ機体が求められ、海軍向けに改修されたYF-16とYF-17が再度ぶつかることになる。
その結果、双発故に動力を完全喪失するリスクが少なく、また艦上機としての改修がより容易であると判断されたYF-17が採用枠を勝ち取ることになり、新たに「F/A-18」として採用が決まった。

なお、ノースロップ社には艦上戦闘機の開発経験が無かった為、海軍はやむなく主契約社をマクドネル・ダグラス社に変更、ノースロップ社はその下請けに甘んじるという結果になった。ノースロップで最後に制式採用を勝ち取った戦闘機は、お株を奪われてしまったのだった。(計画案では輸出専用機としてF-18Lという陸上配備型がノースロップの製造とすることとなっていたが、F-16と競合することや実績がない機体ということで、採用した国はない。どこまでも苦汁を飲ませられる格好である。)

これまでに正式採用されたノースロップ社製の戦闘機
P-61ブラックウィドー
F-89スコーピオン
F-5タイガーⅡアグレッサー機として採用)
以上の3機種のみであり、社運をかけて競作に挑んだことを窺わせる。

機体

後退角が小さく直線に近い翼平面形であり、これとLERXによりF-16よりも低速での旋回性能は高い。この性能は空母での繊細な発着艦を助けており、また対地攻撃でも小回りの利いた動きができる。
しかしながらLERXが空気抵抗を生んでしまい加速性能には難がある。また艦上戦闘機として主翼に折り畳み機能があるため耐G性能が低く、総合的な運動性能としてはF-16にやや劣るという評価がされる。
初期の運用でLERXから生まれた渦が垂直尾翼に直撃、振動により損傷させてしまうことが判明し、渦の方向を変えるためにフィンが設置された。このフィンはE型には存在しないため、外見上分かりやすい違いとなっている。

目には見えない点だが、信頼性、整備性が格段に向上しており、平均故障感覚は他の海軍機の3倍、整備にかかる時間は半分だという。

操縦についてはF-16同様にフライ・バイ・ワイヤが導入されており、パイロットが直接動翼を動かすのではなく、姿勢制御コンピュータがパイロットの操作を受け取り、意に添うようにすべての動翼を統合制御する形式になっている。
一方で操縦桿は従来の形式を踏襲しており、F-16が採用したサイドスティックではなくセンタースティックになっている。
サイドスティックは特に高Gでの操作がやりやすい一方、右手でしか握れないため、右側のスイッチを操作したかったり、身をよじって後方を確認するような場合には不便になる。

バリエーション

F/A-18E/Fスーパーホーネットの配備によって旧型となった下記のバリエーションは、非公式にレガシーホーネットの呼称が与えられている。

  • F/A-18A/B
本機の初期型。C/Dと比べ、垂直尾翼のフェアリングの数や胴体上部のアンテナなどが異なる。(後にA+としてアップグレードされた機体がある。こちらはCに応じて改造されている為、尾翼のみが異なる。)
  • F/A-18C/D
A/Bのアップグレード型。上記に比べ、様々な違いが見とれる。(D型の一部にはATARSが取り付けられている)
  • F-18L
計画のみ。ノースロップが担当するはずだった「陸上配備専用型」。地上での運用には不要な艦上機用装備がないため性能面では艦上機型を上回るという触れ込みだったが、各国ユーザーは実績のある艦上機型をそのまま採用したことから実機は製造されず。

再設計機。機体を一回り大型化し、エンジン、電子機器も強化されている。共通部分が10%しかなく、ほぼ別物とも言われる。
詳しくはそちらの記事へ。
上記のF型の派生型であり、電子戦機。
詳しくはそちらの記事へ。

フィクションでの活躍

反攻の狼煙を上げる米軍の主力機として、「エイリアン共をファック」していた。

F/A-18の放ったハープーンミサイルがハリウッド版ゴジラを撃破している。
毎回大規模な対地(対艦)攻撃作戦が展開される直前のあたりで長距離対地対艦ミサイルと共に使用可能になる為、お世話になったプレイヤーも多い事だろう。

関連タグ

戦闘機 攻撃機 戦闘攻撃機 
アメリカ合衆国 アメリカ海軍
F-4F-14A-6A-7:主だった前任機。湾岸戦争まで活躍。
A-1:前任の前任。愛称「スカイレイダー」。朝鮮戦争からベトナム戦争末期まで活躍したレシプロ機。攻撃機、爆撃機、雷撃機とまさに万能機と呼べる活躍をした。また、ジェット戦闘機を2機撃墜した記録もある。

関連記事

親記事

第4世代ジェット戦闘機 だいよんせだいじぇっとせんとうき

子記事

  • EA-18G いーえーじゅうはちじー
  • F/A-18E/F えふえーじゅうはちいーえふ
  • F-18 えふじゅうはち

兄弟記事

  • F-15 えふじゅうご
  • F-14 えふじゅうよん
  • F-16 えふじゅうろく
  • もっと見る

pixivに投稿された作品 pixivで「F/A-18」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 312804

コメント