ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

E.T.

いーてぃー

1982年公開のアメリカのSF映画、およびそれに登場する架空の地球外生命体。
目次 [非表示]

概要編集

監督・製作はスティーブン・スピルバーグ

地球に取り残された異星人(Extra.Terrestrial.)と10歳の地球人の男の子エリオットとの交流を描いた物語。

当時の史上最高興行を上げた世界的ヒット作であり、スピルバーグの代表作の一つ。


エリオットとE.T.が互いの指先をくっつけあうシーン、エリオットが自転車かごにE.T.を乗せて空を飛ぶシーン、「E.T.…うちへ電話…」の台詞、BGMなどが有名。


パロディの作品も多い。

A.T.P.E.T.

E.T.パロディ【けものフレンズ】月夜に優しく包まれて・・・


配給・公開日編集


キャスト編集

エリオット:ヘンリー・トーマス

E.T.(声):パット・ウェルシュ

ガーティ:ドリュー・バリモア

マイケル:ロバート・マクノートン

メアリー:ディー・ウォレス・ストーン

キーズ:ピーター・コヨーテ


スタッフ編集

監督:スティーブン・スピルバーグ

脚本:メリッサ・マシスン

製作:スティーブン・スピルバーグ/キャスリーン・ケネディ

音楽:ジョン・ウィリアムズ

撮影:アレン・ダヴィオー

編集:キャロル・リトルトン

製作会社:アンブリン・エンターテインメント

製作国:アメリカ合衆国

言語:英語


関連ゲーム編集

1982年に『E.T. The Extra-Terrestrial』(ATARI2600)が発売された。クリスマス商戦に合わせるために6週間という短期間で開発されたソフトであったため、当然ながら伝説のクソゲーとして名高い存在となった。にもかかわらず、バカ売れを確信していたアタリ社ワーナー・コミュニケーションズ(アタリ社の連結親会社)は、版権元のユニバーサル・ピクチャーズに多額のライセンス料を支払ってまで製作。出荷数400万本の内、90%程が売れるだろうと見込み、業績などの成長率が50%にもなると予測していたようである。確かに、ネームバリューも手伝って出荷数400万本中150万本ほどの売上を記録したものの、こんなクソゲーを購入してしまったユーザーの悲鳴は凄まじく、小売業者からは返品の嵐。当然、400万本の出荷分とライセンス料は回収できず大赤字であった。これがアタリショックの原因の一つとなったが、噂では販売前の最終ジャッジを託されたスピルバーグが「最高だよ!」と感想を言ってしまったことが引き金となってしまったらしい。


関連タグ編集

映画 洋画 SF映画 映画の一覧

異星人 エイリアン 宇宙人 SF

人間と人外 USJ

D&D(冒頭でエリオット達が遊んでいるゲーム)

のび太の恐竜…スピルバーグはこの映画の影響を受け、リスペクトした。


表記ゆれ編集

ET E.T


外部リンク編集

E.T. - Wikipedia

E.T.とは(イーティーとは) - ニコニコ大百科

E.T.とは - はてなキーワード

映画 E.T. - allcinema

関連記事

親記事

スティーブン・スピルバーグ すてぃーぶんすぴるばーぐ

子記事

  • ET いーてぃー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1602619

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました