ピクシブ百科事典

F-CK-1

えふしーけーわん

台湾が独自開発した戦闘機。契機はカーター政権によるF-16の輸出禁止で、代替機(F-20、F-16/79)にも不満があったので独自開発する事となった。当初は256機を配備する予定だったが、レーガン政権がF-16輸出を許可したので調達数は130機に留まった。
目次[非表示]

開発の経緯

台湾はF-104並びにF-5の後継にF-16導入を目指していたが、82年に「第三次米中共同声明」が発表されるに及び、台湾への最新鋭兵器売却は議会の側からストップがかけられるようになった。アメリカから替わって提案されたのはCM-11F-16/79F-20など、中国への協力に比べれば明らかに格下げ・見劣りが目立つ兵器群であった。

しかしアメリカ政府は自国の軍需企業が協力する事までは禁じなかったので、ゼネラル・ダイナミクスやゼネラル・エレクトリック、クライスラーなどの協力のもと、台湾では独自の兵器開発を目指しはじめた。80年にはAIDCがAT-3「自強」練習機を初飛行させており、この成功に自信をつけた事も一助になった。F-CK-1はこうした経緯で生み出される事になったのである。

F-CK-1「経国」の誕生

AT-3の生産が始まっていた82年8月、のちにF-CK-1となる航空機の開発が始まった。
開発作業は機体設計・エンジン・電子機器・搭載ミサイルの4つに分割して行われた。

機体設計(鷹揚計画)

F-16にも並ぶ性能を目指し、AIDCはゼネラル・ダイナミクス(以下GD)と共同して機体設計にあたった。といってもGDによる貢献は大幅に制限され、全般的には補助・補佐に留まったという。

AIDCからはいくつかの構成案が提示されており、
A構成:F-5のような機
B構成:タイフーングリペンのようなクロース・カップルド・デルタ機
C構成:F-15のような機
のような案が提出された。一方、GEでも独自にG案という構成案を検討しており、一部C案の内容を取り入れたものとなっていた。最終的にはこのG案が採用され、計画名は「軽量防衛戦闘機」へと変更される。85年からは機体設計に入り、さらに開発期間短縮・費用削減を狙って試作機は製造せず、いきなり先行生産機仕様が作られる事になった。

エンジン(雲漢計画)

ゼネラルエレクトリックF404やプラット&ホイットニーF100といった最新鋭エンジンを導入できなくなった為、ある意味で一番の難産だったともいえる。当初はJ79エンジンが予定されていたものの、これは次世代に求められる性能に見合っていないため、新世代のターボファンエンジンが求められた。
(そもそも今さらJ79搭載機を開発するなら、F-16/79導入で良かったはずである)

中国からの横やりもあり、ようやく導入できたのは前作AT-3用のTFE731から発展したTFE1042エンジンで、これはボルボ・フリグモートルと共同開発したアフターバーナー実装型である。軍用としてはF125との型番が振られており、戦闘機としての採用はF-CK-1のみとなっている。1基あたりの出力はエンジン本体のみで27KN、アフターバーナー併用では42.1KNを発揮し、原型以上の出力向上を果たした。

しかしこのエンジンは元々がビジネスジェット用で、出力向上を果たしたところでF404の半分強、F100に至っては半分以下に過ぎなかった。実用するまでもなく、85年の検討では既に出力不足が懸念され、更に10%の出力向上が求められたが、それでもアメリカの輸出制限によりFADEC(全デジタル式電子制御器。自動車でいうところのECU)で出力が抑えられていた。F-CK-1ではこのエンジンを2基搭載するものの、総出力は3分の2程度に留まり、また重量は4分の3程度なので出力対重量比ではF-16比で悪化している。

1基当り53KNを発生させるTFE1088-12も開発されてはいたが、メーカーの見込み通りにエンジン採用例は増えず、のちにF-CK-1の発注が130機にまで絞られると、採算が合わないと判断されて、新型の開発は中止された。

電子機器(天雷計画)

レーダーFCS「金龍53型」はAN/APG-67を基に開発されており、AIDCとスミス・エアロスペース社の共同事業である。レーダーアンテナにはAPG-66用が使われていて、おかげでルックダウン・シュートダウン能力はAPG-66に迫る機能を実現している。

サイドワインダー等の短射程ミサイルはもちろん、BVRミサイル(AIM-7)・対艦ミサイル(星風II型)運用能力も実装され、F-5をはるかに超えるマルチロールとなった。なお、「金龍」とは李金龍の名に因んでいる。

ミサイル(天剣計画)

これはF-CK-1だけが使えればいいという訳ではない為、同時期とはいえ、他の計画とは独立した状態で進められた。

「天剣」とは台湾独自の空対空ミサイル開発計画で、
・TC-1(天剣1型):サイドワインダーのような短射程ミサイル
・TC-2(天剣2型):AIM-120のような中射程(BVR)ミサイル
の2種類から成っている。

開発はTC-1の方が早く、86年に試射成功、89年から生産が始まって91年には実戦配備された。TC-2はモトローラ、そしておそらくレイセオンが開発に協力したと考えられ、92年には試射に成功している。

派生型

先行生産機

前述のとおり、費用削減のために実用テスト機として4機が製造されている。
10001号機~3号機までの3機は単座型、10004号機は複座型として完成しており、これらはすべてAIDCで運用された。4機はそれぞれ別のテストに充てられ、低高度テスト用の10002号機(フラッターにより尾翼が脱落、墜落)以外は保存されている。

のちに性能向上計画が持ち上がり、このテスト用に2機がさらに充てられることになった。これは単座型・複座型の1機ずつで、テスト終了後は空軍に引き渡されている。

F-CK-1A/B「経国」

A型は131機生産された生産機で、現在は「翔山計画」により電子機器を換装されたMLU仕様となっている。これは事故で喪失した4機を除く127機に行われたもので、2001年のASL計画で生み出されたF-CK-1C/Dの更新内容の一部を適用したものとなっている。

MLU仕様へは2011年~2013年にかけて71機(台南基地配備)が、2014年~2017年に56機(青泉港基地配備)が改造を受けて、現存する全ての機がF-CK-1A(MLU)となっている。

B型は複座練習機で、28機が生産された。こちらにも同様にMLU仕様となっている。

F-CK-1C/D「翔山」

F-CK-1の性能向上を狙ったもので、これはASL計画と呼ばれた。
内容としては、
・搭載力強化、新兵装の導入
・ステルス性の導入
・グラスコクピット化
・金龍53型の更新(AN/APG-67V4仕様へ)
・飛行制御コンピュータの32ビット級への更新
・コンフォーマルタンク装備
等が計画されていた。

もっともステルス性向上・コンフォーマルタンク装備は重量増から早々に放棄され、BAeが手掛けたコンピュータ関連の更新も、実は生産の終わっている民生部品の置き換えが主目的であり、性能向上そのものは主眼ではなかったといわれる(それでも新プログラムが適用されて火器管制・飛行制御では向上したとか)。

この更新計画はすべてが空軍に受け入れられた訳ではなく、更には中華民国監督院から「違法な案件」を指摘されて調査されている。実証機としてA/B型から1機ずつ改造されたが、完全なC/D型はこの2機だけで終わった。更新計画は最終的にコンピュータ関連・兵器対応関連に留められ、現在は全機がF-CK-1A/B(MLU仕様)として改造を終えている。

T-5「勇鷹」
F-CK-1の設計をベースとした練習機型。


配備

上記のように、台南・青泉港の2基地に3個飛行隊ずつが配備されている。
(青泉港基地のうち1個はテスト・評価部隊)

関連項目

第4世代ジェット戦闘機 F-16 ミラージュ2000
中華民国 台湾

関連記事

親記事

第4世代ジェット戦闘機 だいよんせだいじぇっとせんとうき

兄弟記事

  • F-15 えふじゅうご
  • F-14 えふじゅうよん
  • F-16 えふじゅうろく
  • もっと見る

pixivに投稿された作品 pixivで「F-CK-1」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40229

コメント