ピクシブ百科事典

第4世代ジェット戦闘機

だいよんせだいじぇっとせんとうき

1970年代以降に設計された(非ステルスの)戦闘機を指す。21世紀に入ってから世界で飛んでいる戦闘機の大半はこの第4世代ジェット戦闘機で、ステルス性能を持つ第5世代が登場した現在も改良版の生産が続けられている。

概要

ベトナム戦争などの教訓から、未だに近接格闘戦が起こりうる事が分かった。また、ミサイルの回避には、急激な機動を行う必要がある事も判明し、戦闘機は再び機動性が重視されるようになった。
亜音速域で扱いやすいアフターバーナー付きターボファンエンジンが実用化されたため、低速でのドッグファイトに対応できる飛行性能を実現できた一方、速度に対する要求は抑制されるようになり、最高速度が第三世代に劣る機体も多い。というのも、マッハ3以上の速度になると機体表面で発生する熱が高くなりすぎ、耐えられるようにするのはとても現実的ではないためである(熱の壁)。
風防は、ドッグファイトに持ち込まれた場合結局一番役に立つのはパイロットの目であると考えられ、高速飛行には向かないが視界がよい涙滴型キャノピーが使用されるようになった。
こうした第二世代以前のコンセプトが復権する一方で、操縦席のグラスコックピット化やフライ・バイ・ワイヤの導入、更に性能の高いレーダーなど、ハイテク化も進められている。
技術的要求が跳ね上がったことで戦闘機の開発費は年々高騰し、国際共同開発やマルチロール化などの方法が取られるようになった。

飛行性能という点ではひとつの到達点に達した世代と言え、次世代の第5世代ジェット戦闘機は飛行性能を維持しつつステルス性を高めるコンセプトになっている。
30年以上にわたりアップグレードが続けられ初期の機体からの進化が著しく、現在も第5世代ジェット戦闘機からの技術的フィードバックを受けたモデルの生産が続けられている→第4.5世代ジェット戦闘機

主な第四世代機








関連記事

親記事

ジェット戦闘機 じぇっとせんとうき

子記事

  • F-15 えふじゅうご
  • F-14 えふじゅうよん
  • F-16 えふじゅうろく
  • もっと見る

兄弟記事

コメント