ピクシブ百科事典

J-10

じぇーてん

現在、J-7の後継として完成した主力の戦闘機で、高機能だが高価なSu-27(J-11)を補う意味でも調達が進む。開発や技術の詳細は現在も明らかではないが、おそらくF-16に並ぶ程度の能力があるものと推測される。本国ではJ-10「ヴィゴラス・ドラゴン(猛龍)」、輸出名にはF-10「ヴァンガード(前衛)」、NATOコードネームは「ファイアーバード」の名が割り振られている。
目次[非表示]

愛称は英語で「ヴィゴラスドラゴン」と名づけられているが、これは「活発な竜」くらいの意味になるため、ここでは趣味により本国での「猛龍」という愛称を使う。

『ちくわ戦闘機』からの脱却

J-7の誕生

共産主義対決!:中国vsソビエト

ことの始まりは1956年、朝鮮戦争が休戦となり、共産主義の「その後」が問われていたころ。
党大会にてフルシチョフがスターリンを批判し、中国共産党とイデオロギー対立が始まった辺りにまで遡る。中国とソビエトの関係は以降ギクシャクしたものになり始め、しかし技術的にはまだまだ遅れをとっていた中国は、なんとか宥めながらも技術の吸収に取り組んでいた。

が、1960年になって中国共産党は「レーニン主義万歳(そういう名前の論説)」を発表し、ここに対立は決定的となり、中国へ技術指導を行っていた技師団は急きょ帰国させられる事になってしまった。翌1961年、MiG-19に引き続き、MiG-21のライセンス生産も許可されるようになるが、指導に技師は派遣せず、なんと本当に図面と見本だけを送り付けるというイヤガラセ同然のものだった。

「うわぁ、どうしようコレ・・・」

当然、困ったのは中国側である。
当時の中国の工業技術ではとうてい作れない品だけ渡され、「どうやって作るのか」等など他一切質問もできないことになってしまった。工業技術の向上に時間が必要だったのは当然のこととして、しかもそれを文化大革命のさなかに求められたのだから、技師たちの困難は想像するに余りあるだろう。当然ながら就役は遅れに遅れ、それを補うためにJ-12などが急きょ設計されたが、肝心の技師は「下放」により放逐され、また「資本主義的な」設計も嫌われて、結局使い物になるようなものにはならなかった。

結局はJ-7の開発を進めるより他になかった。1965年、最初の試作J-7が完成し、1966年に初飛行を遂げる。この時点で本家よりも11年遅れていた。一説には北ベトナムに送られる前のMiG-21を無断で持ちだし、解析したともいわれる。そこまでして苦心の末実用化されたJ-7だったが、ダマンスキー島事件(1969年)ではMiG-23には手も足も出なかったという。しかし、中国にはこのJ-7を改良して配備していく以外に道はなく、以降遅々としたものでありながらも地道な改良を続けていくことになる。

独自に進めた結果と海外への嫁入り組

また、J-7は輸出も盛んに行われ、中東やアフリカを中心に多くの国家に向けて輸出された。なかでも一番のユーザーはパキスタンであり、F-7P「スカイボルト」として多くの機を就役させている。推力対重量比も良くて評判も上々であり、パイロットに曰く『局地防空用戦闘機としては最高の戦闘機である』とも評価されているのだとか。

1990年には空力的な部分も含めた本格的な再設計(主翼のダブルデルタ翼化)を行ったJ-7Eが登場し、本国に配備される一方、これもパキスタンは採用している。が、いくらなんでも21世紀にもなろうとしている頃に、ターボジェットエンジン搭載で積載力も1.5tに満たない戦闘機など魅力的である訳もなく、これ以上の発展も限界で、まったくの新型戦闘機が必要なのは明らかだった。

フィンバック(ナガスクジラ)来たる

7から8へ

当然、いつまでもJ-7に満足している訳にはいかない。
そこで、J-7開発を進める一方、今すぐできそうな性能向上案として、大型化してエンジン双発化を図ったJ-8が計画される。この計画は1965年から開始されたといわれており、ならばJ-7初飛行の直後から進められていた事になる。1969年には試作機が完成し、試験が始められた。

が、J-8開発は空力的な問題や、エンジンの信頼性不足などで大いに足踏みを続けることになった。結局、最初の生産型J-8Ⅰは干支が一回りするころ(1981年)に完成し、電子機器などの完成にはさらに3年の月日を要した。しかも、完成したのは周回遅れもいいところの「新品の骨董品」であった。

J-8.1(?)

そこで、J-8にも本格的再設計が行われ、新型レーダーのためにエアインテイクを機体左右に移設したJ-8Ⅱ「フィンバックB」へ発展する。もともと、J-8は貧弱なレーダーFCSが弱点であり、この解決のためレーダーFCSにAPG-66を搭載すべくアメリカのグラマン社と共同開発を行うことになった。他にも兵器などは西側の技術が大いにとり入れられ、すっかり最新型になるはずだった。

が、1989年、天安門事件(中国ではとくに「六四天安門事件」と呼ばれる)が起こり、民主化運動は一度絶滅の憂き目にあってしまう。無論、民主主義国家たるアメリカなどはこれに反発し、一度は約束した技術協力をすべて反故にして撤退してしまう。
もちろん、やりかけの仕事はそのままにして。

またも困難に立たされたのは中国(の技師)であった。
一度は開発を続けようとしたのだろうが、いまだ習得していない技術なのでは出来る訳もなく、またも独自技術で補うことになる。もう性能が悪いのはどうしようもなかった。

が、1991年のクリスマスにはソビエトが崩壊し、以降は技術拾得(あながち誤字でもない)も目的にロシアへ接近していく事になる。ここで得られた成果や、あるいはフランスやイスラエル等から買った技術(完成品)を取り入れ、J-8Ⅱは少しづつ実力を認められるようになっていく。

現在では生産は終了したようだが、能力拡充には余念が無いようで、ロシア技術による改修型の開発も進められているもよう。

「猛龍」が生まれるまで

国を超えたそっくりさん

といっても、現在のJ-10「猛龍」が生まれるまでには紆余曲折があったようだ。
J-10の型番はJ-7開発が難航している頃に生み出された一連の試作機にもあって、だとしたら他の機が次々に放棄される中でも、開発作業が続けられていたようである。

それでも技術的な遅れは否めず、どうやらイスラエルの技術により「テコ入れ」が図られたと言われている。実際、J-10は1980年代にイスラエルがいいところまで試作した「ラビ」戦闘機に類似しており、また両国とも寄る辺ない国同士、資金で技術を提供したのではないかと推測された。

疑惑、相変わらず?

が、この疑惑は中国・イスラエル両国により公式に否定されている。
大いに怪しいところはあるが、それが本当に事実かどうかはさておき、この否定にも一理はある。「似てる」と言うならユーロファイターラファールあたりもカナード付きデルタなのだし、単発ならグリペンだってそうだ。翼形が似ているだけでコピー呼ばわりはいかがなものだろうか。「ラビ」のようなF-16の面影もないし。

また、中国はJ-7の開発遅延に伴って、別の戦闘機開発にも取り組んでいたが、この中でもJ-9はJ-10に通じるカナード付きデルタとなっている。能力向上を狙って双発化したのがJ-8で、J-9は単発のままとされていたようだが、さすがに形態もそのままでは性能向上は難しいと思われた結果、まず純デルタ翼が思案され、次いでカナード付きデルタ翼となったのだろう。

J-10はこれを引き継ぎ、最初からカナード付きデルタとされたのなら似ていても道理にかなう。
ただしカナード付きデルタの利点は、エンジンの出力が十分高ければいくらでも取返しがつくものでもあるため、中国の場合はエンジン技術の遅れによるものと思われる。
事実、JH-7の開発の遅れは「スペイ」エンジンにまつわるものだし、パキスタンによる中国エンジンへの反応はそれを裏付けるものであろう。

時系列のなぞ

現在のJ-10は80年代に開発が始まったようだが、この型番は1960年代に一度は使われていたはずで、そちらとの関連性はいまなお不明。

もしかしたら、J-11ともども、J-10の型番は一度は計画されたものの、設計図になる以前に断念された案なのではないだろうか。それが80年代に再使用され、今日のJ-10やJ-11になったとすれば説明はつくかと思われる。

J-10とF-16

J-10はSu-27(および国産型のJ-11)を補う存在とされており、これはF-15に対するF-16の立ち位置にも似ている。また、F-16は海峡を挟んだ台湾が保有しており、当然仮想敵としても設計されたものと思われる。

サイズ

J-10:16.43m×9.75m×5.43m(全長・全幅・全高)なのに対し、F-16は15.03m×9.45m×5.09mと少々大型。

重量

空虚重量は9.75t(J-10)に8.6t(F-16CG)と、こちらも少々重量過多気味のもよう。

パワー

最大離陸重量でも18.6t(J-10)に19.2t(F-16CG)となっており、これはAL-31FエンジンがP&W製F110と同じく120Kn級なのを考え合わせれば、機体の大きさが祟っているのかもしれない。

ただし、最新モデルではより適応を高めて、最大出力も向上させたAL-31FNとなり、これは互角となるだろう。

輸出について

現在、FC-20としてパキスタンに売り込みが図られているが、当のパキスタンにはその気が無いもよう。これは中国製エンジンに難色が示されたことが主な原因といわれ、今のところはJF-17の導入を進める方針に変わりがないものとみられる。

また、元々JF-17は輸出用戦闘機として位置づけられており、ここでもわざわざ高価で複雑なFC-20にしようとする顧客はいないようだ。

7⇒8⇒8.1(?)⇒10

とはいえJ-10は、少なくとも機体そのものの設計は、中国独自の設計である可能性は高いと思われる。

弱点になっているのはそのままロシア製に依存している部分とみられ、つまりエンジンや電子機器ということになる。中でもエンジンは未だに中国が弱点にしている部分のようで、J-11用などロシア製エンジンのライセンス生産仕様でさえ、本国に及ばない性能に留まっているようである。

このあたりはパキスタンの反応にも顕著なところで、JF-17にはロシア製エンジンの導入が「強く」求められていたとされている。実際、J-7やQ-5の中国製エンジンは耐久性や寿命に劣っており、主力として数が配備されている事も考え合わせると、維持費用がシャレにならない事になってしまうのは想像に難くない。J-10もFC-20として売り込みが図られたが、ロシア製エンジンへの換装を渋ったために話が進まないでいるという。

ただ、これはもちろん中国本国では問題ではなく、現在でも主力として続々と配備が進められているとおりである。最近ではJ-10Bからダイバータレス超音速インレット(DSI)を導入したことが話題になっており、これは世界に先駆けた導入である。

何かと劣って判断されがちなJ-10ではあるが、「テロとの戦い」で陸軍に注力させられがちな欧米諸国に比べて、最近では海空軍にも予算を多く配分する中国がぐんぐん追い上げているのは紛れもないことだろう。(技術スパイの疑いはあるとはいえ)そんな中国とともに成長するJ-10が、いつまでも劣った戦闘機だと思うのは、近いうちに猛省させられることになる可能性がある、かもしれない。

ダイバータレス超音速インレット(DSI)

飛行中の航空機は気流に包まれているが、この気流はすべて一定のものではなく、航空機の表面にそって流れる気流は機体との摩擦で若干「勢い」がそがれたものになっている。こうした気流(境界層流という)はエンジンにとって正常な圧縮の妨げになるため、できれば吸わないほうがいい。

従来はこうした気流を分離するため、エンジンの空気取り入れ口に「境界層流分離版(ダイバータ)」を設置していたが、ステルス技術・対ステルス技術が発展するにつれ、この部分のレーダー反射断面積(RCS)も無視できないようになってきた。

そこで生まれたのが空気取り入れ口の寸前に「ふくらみ」を作る方法で、この部分が境界層流を押しのけることにより、境界層分離板の役割を代替できるようになる。これがダイバータレス超音速インレット(DSI)である。「ふくらみ」が垂直にレーダー波を返すことはなく、またエンジンのファンブレードを(一部だけ)隠す役割も果たすため、ステルス性には大きな貢献を果たすといわれる。


参考webサイトなど

日本周辺国の軍事兵器(J-10)

日本周辺国の軍事兵器(J-7)
日本周辺国の軍事兵器(J-8)
日本周辺国の軍事兵器(J-8Ⅱ)
日本周辺国の軍事兵器(J-9)

pixivに投稿された作品 pixivで「J-10」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19634

コメント