ピクシブ百科事典

中国共産党

ちゅうごくきょうさんとう

1921年に上海で結党した中国の共産党。その後の人民共和国の唯一の統治政党。
目次[非表示]

概要

 中国共産党簡体字:中国共产党〉( ちゅうごくきょうさんとう )
 〈英語:Communist Party of China,通称"CPC"〉
 この政党共産党であり、中国において1921年に中華民国統治下上海で結党した。その後人民共和国の唯一の統治政党となった。
 政治協商会議に変わる会議人民共和国の最高会議( 全国人民代表大会、全人代 )を独裁支配する政党で、他野党( 民主諸派 )を人民民主主義に基づく統一戦線体制により支配下に置く。
 また、中国軍と呼ばれ国軍扱いされる中国人民解放軍は実質的にこの政党の所有する軍隊であるとされる。

歴史

 この政党に関しては1921年の結成、1949年の中華人民共和国の成立など、各種ファクターが存在する。

黎明期

 1921年に上海で結党。略称は中共( ちゅうきょう。この呼び名は蔑称ととられる可能性があるため使用は注意 )。
 当初コミンテルンの影響が強かったとされ、中華民国の一部を支配していた中国国民党と対立・協力を繰り返しながら、中共と農民武装集団( 共匪 )は勢力と知名度を増していった。
 地方の共産党員の書記だった毛沢東1923年に党中央の運営に参加するようになった。1931年に瑞金( 中国の長江南岸に位置する内陸部に位置する江西省の都市 )に中華ソビエト政府を建国し毛は臨時政府の臨時主席( 臨時元首 )となるも、中華民国中国国民党( 以下国民党 )の軍隊である国民革命軍の攻勢に負け1年で崩壊。毛も落ち延びる。
 その後、毛と中共は長遠などを行い、中国各地を共産シンパを増やしながらしぶとく勢力を維持した。
 西安事件( 軍閥の関係者である張学良および楊虎城により蒋介石が西安にて拉致監禁 )以降は国民党と協力体制を築き( 第二次国共合作 )、当時大陸の一部を占領していた日本軍に対して共闘し、さらに国民革命軍に浸透する政策を行った。
 1945年、毛は党中央の首班主席( 共産党主席 )に就任した。その後大日本帝国ポツダム宣言受け入れによる日中戦争の終了と共に日本軍が大陸から撤退すると、再び内戦状態となるが、共産党に対する戦後のアメリカの協力や、国民党が戦後の統治に失敗し国民の信頼を失ったこともあり1949年までに中国大陸から撃退駆逐されてしまった。
 国共内戦後の北京では共産党とその友党などが主導し、共産国家である中華人民共和国を打ち立てた。
 当初は中国の諸政党と連携した政府だったが、その後共和国政府を明確に共産党一党主導の国家に変貌させた。建国に協力した共産紅軍国民革命軍新四軍国民革命軍第八路軍などが統合し人民解放軍となった。

「新中国」時代

 建国当初の共和国は「新中国」とも呼ばれ、当初は比較的穏健な形式であったとされる。ところが1952年ごろより急に社会主義への移行を目指しソ連に習い社会主義建設が行われ、1954年には全人代が設立され憲法( 中華人民共和国憲法、1975年、1978年、1982年に全面改訂され、その後4回の小規模な改定が行われている )が制定され、毛沢東は国家主席の座についた。そして反対者を粛清し、これにより個人独裁国家に近い政治となった。しかし毛主導の大躍進政策が合理的なものではなかったうえ地域の指導者も粛清を恐れ正しいデータを出さなかったため失敗、数千万人とされる餓死者を出し、さらに製鉄では良質な鉄製品をくず鉄に変え、さらに遺跡森林破壊などが発生した。これによって毛はいったん政界を引退する。
 ところが劉少奇鄧小平による政治および毛沢東を批判する勢力に対し毛は反旗を翻し、文化大革命を引き起こしてそれまでの中国の歴史・伝統と決別する。これによりいわゆる「古き良き中国」が失われたとされ、ひいては現代中国人マナーの微妙さにもつながっているとされる。
 結局、再び中国は毛沢東個人による独裁国家となった。ところが大躍進政策ごろから政策に齟齬が見られるようになっていたがもはやそれを止めることはできなくなっていた。四人組による専横政治が敷かれたとされ、毛沢東が党主席のまま1976年に亡くなり、四人組が逮捕されるまで中央政府の混乱は収まらなかった。
 四人組の失脚後はこの国難にて失脚のみで生き残った鄧小平らによる党内改革派が行政改革を推し進めた。

天安門事件

 1989年前後から加速した冷戦体制の崩壊は、当然中国にも影響を与えた。
 党内においても保守派と革新派に分かれた。革新派である鄧小平の片腕であり党主席も歴任した胡耀邦の死去後、多くの学生が民主政府などを叫んで天安門広場( 北京の故宮の南に存在する天安門の南側に存在する広場 )で大規模なデモが発生。このデモは各地に飛び火した。共産党陣営は一時的に反体制派との和解路線に入った。
 デモを起こした学生側や諸外国では中国の一党体制放棄が目前に迫っていると感じた。
ところが、改革派や知識人は平和的解散を求めたもののデモ隊が強硬姿勢を見せたことなどから一転して徹底的な武力抑圧体制に共産党は転化。北京のデモ隊を武力制圧し死者多数を出すことになり、さらに改革派とされた趙紫陽総書記は失脚、この事件は日本では天安門事件と呼ばれ、中国においては六四天安門事件あるいは第二次天安門事件と呼ばれる( これは1976年に周恩来の死去を引き金にした同様の市民の弾圧行為が存在し、それを四五天安門事件と呼ぶためである )。
 最終的に民主化を叫んだ人々の多くが弾圧され、投獄されたり亡命せざるを得なくなった( この「事件」に関しては中国政府は現在も情報秘密にしており、インターネットでも「六四天安門」などが検閲されていることも有名である )。この当時の諸外国の共産党が国家権力を失っていく中、中国共産党は独裁権力の維持に成功した

「改革開放」路線

 天安門事件以降、党副主席・国家及び党軍事委員会委員長( 兼任 )など要職についたり失脚を繰り返していた鄧小平が主導権を握り、「改革・解放」を掲げ中国の国家資本主義化を推進した。
 1990年代以降、国内では貧富の差の拡大・環境問題の悪化・マフィア( 黑手党黒社会と呼ばれる )の跋扈など社会の歪みが顕在化するなか、党の指導体制は改革開放をさらに推進すべきとする新自由主義派と毛沢東への回帰を掲げる新左派に分かれたが、党内での権力闘争の末新自由主義派が主導権を握り、経済の開放を進めつつ政治改革は極力遅らせる方向で進んでいる。
 中共は今尚共産主義というモットーを捨てていないとしているが、経済優先の開発独裁色が強くなっており、一部では大韓民国朴正煕シンガポールの支配者など、保守政治家政党に限りなく近いとも言われる。
 しかしその独裁権力は他国の諸政党とは大きく異なる特徴であるのは言うまでもない。改革・開放以前は労働者( プロレタリア )階級の政党とされていたが、近年では私営企業家の入党が認められるようになるなど、雑多な集団へと変質してきている。現在の党内は必ずしも一枚岩ではなく、内部には団派( 胡錦濤トップとする、中国共産主義青年団出身者の一団 )、太子党( 過去の高級幹部の子弟 )、上海幇( 江沢民に連なる集団、ちなみに「帮」は「閥」などと同じ意味 )などの非公式派閥の存在が疑われている。
 近年までは世界最大の党員( 2015年まで。ちなみに現在ではインドのヒンドゥー至上主義の穏健政党であるインド人民党に党員数で抜かれている )を抱え、一党独裁の政党であるだけに内部の腐敗も深刻であるが、政治とカネが絡んだ政争も絶えず、汚職等を名目に投獄処刑される幹部や中枢も存在する。

胡錦濤から習近平に

 その後、鄧小平の跡を継いで江沢民( 党総書記 )政権( 1989年 - 2002年 )と胡錦濤( 党総書記 )政権( 2002年 - 2012年 )の「改革・開放」路線が継続された。この間、中国は、新中国建国以来の“比較的平和”な統治が続いた。その後2012年に政治局常務委員だった習近平が総書記に就任した。習近平は2013年の12月に〈防空識別圏設定〉を中国で初めて行うなど、周辺諸国との摩擦が顕在化しつつある。

国家安全委員会設置

 習政権は共産党政権延命のために党員の綱紀粛正を苛烈に進めると同時に起きた多発的暴力事件に対処すべく国家安全委員会を設置し、国内の治安維持に全力を注いでいる。

権力構造

 中国の統治体制を規定する最高法規たる「中華人民共和国憲法」には、「中国共産党指導の下における多党協力及び政治協商制度」と記されている。
 ところが実際には現在の中華人民共和国に存在する政党である民主党派と呼ばれるグループはすべて傀儡に過ぎず、中国共産党があらゆる者の上に立つ独裁権力機構であることを示している。中国には、立法機関として全国人民代表大会、行政機関として国務院、司法機関として最高人民法院が存在するが、民主主義国の多くで見られる三権分立の原則はほぼ存在せず、実質的には、共産党内の最高指導集団たる中央政治局常務委員会の影響下に置かれている。
 中国の最高指導者としての役職は、例えば日本などで「習近平“国家主席”」と報道されるように、国家主席( 正式名:中華人民共和国国家主席 )であるかのように思われる。確かに、国家主席は国家を代表する元首にあたり、世界各地の共和制国家における大統領に相当する地位とされるが、この役職そのものにはほとんど政治的権限は存在せず、事実上の名誉職( イタリアドイツの大統領に近い扱い )となっている。
 実質的な最高指導者の地位は、中国共産党の党首に相当する中国共産党中央委員会総書記や、党の私的軍隊たる人民解放軍のトップ党中央軍事委員会主席にある。どちらもあくまで中国共産党組織内の役職にすぎないように思えるが、憲法に共産党の支配が明記されているため、これらに政治的権限が集中する構造となっている。
 特に歴史的には、権力の源泉とも言える軍事力を束ねる、後者の党中央軍事委員会主席に就く人物が最高指導者として振舞った。例えば、毛沢東鄧小平などがそれである。
 とは言え、国家主席、党中央委員会総書記、党中央軍事委員会主席それぞれに別の人物が就任するのは政治的混乱の要因となり得、実際に歴史が証明していることでもある。こうしたこともあってか、鄧小平の死後は一人の人物がこれら3つの役職を兼ねることで名目上統一された体制を確立するのが慣習となっている。
したがって、現在の最高指導者である習近平は、国家主席であり、党中央委員会総書記であり、党中央軍事委員会主席である。
 また、最高国家行政機関である国務院のトップは国務院総理であり、国家主席により任命され、全国人民代表大会にて選出される。

党綱

 この政党の規約には以下が記述されている。

  • 中国共産党は『中国労働者階級の前衛部隊』『中国人民と中華民族の前衛部隊』『中国の特色のある社会主義事業を指導する中核』『中国の先進的生産力発展の代表』『中国の先進的文化前進の代表』『中国の最も広範な人民の根本的利益の代表』である。
  • 党の最高の理想と最終の目標は共産主義を実現することである。
  • 中国共産党はマルクス・レーニン主義、毛沢東思想、鄧小平理論と「三つの代表」という重要な思想を自らの行動の指針とする。
  • 〈マルクス・レーニン主義、毛沢東思想、鄧小平理論と「三つの代表」という重要な思想〉は共産主義者が長期にわたって堅持し終始一貫しなければならない。
  • わが国は現在、そして長期にわたって社会主義の初級段階にある。
 この後も『・・・~指導し』が永遠と続くので割愛。
 また、2017年には習近平の思想が追加されるのではないか、という報道が存在した。

そのほか

  • 日中戦争中、中国国民党日本軍を戦わせ消耗を狙ったといわれることがある。
    • さらにひどい場合、日本軍癒着していたとまで言われることがある
  • アメリカ合衆国第二次世界大戦終了後、この政党の肩を持った動きをしているといわれている。
    • 陰謀論的な考えに近づくが、ソ連との密約に基づくものであり、ジョージ・C・マーシャル( アメリカが州国の軍人、政治家。マーシャル・プランで有名 )がその実行者であったとされ、アメリカにおける赤狩りにつながったとされる。
  • 大躍進政策では原始的な溶鉱炉を用い製鉄を行ったり、スズメ等の「害獣」を駆除しようとしたり、集団農業化した人民公社や現代では誤りとされているが共産主義国家では一時期もてはやされたルイセンコ主義による農業生産を行ったりした
    • 製鉄においては良質なでできた鉄製品や鉄原料を鉄くずと変える結果をもたらした
    • また、炉の建設のためのレンガ取得のため遺跡を解体したり木炭のため森林等を伐採し環境悪化につながった
    • 集団農業に関しては比較的長く行われたが、従事者の意欲低下や資源の浪費などをもたらす結果となり、生産力は減少した
    • ルイセンコ主義による農業は全く根拠はなく、さらに素人の考えが混入しカオスな状況となっていたとされる
    • 四害駆除運動においては害獣とされた中で最も駆除しやすいスズメを大量に捕獲したため、逆に他の害獣が増加する、という悪影響を生むだけであった
  • 四人組は四人幫文革四人組とも呼ばれ、メンバーは毛の4番目の妻江青、毛に気に入られていた張春橋、文革の引き金を作り出した姚文元、文革で頭角を見せた王洪文である。
  • 四五天安門事件は、四人組と鄧小平の権力争いと、誠実に問題に取り組んだように見え、国民にも人気があった周恩来が死亡したさらに四人組に対する民衆の非難が高まり、さらに彼の追悼を名目に天安門広場で群衆が集い、避難活動も行われた。四人組はこれを武力で取り締まり、多数の逮捕者を出した( 犠牲者に関しては当局は否定している )
    • この事件の責任を問われ鄧小平は失脚することになるが、その後復活した
  • 〈防空識別圏〉の設定は、社会主義国家では旧ソ連の〈防空識別圏〉や旧東ドイツの〈識別圏〉などが存在し、空域を飛行するあらゆる国の航空会社などが〈飛行計画〉を提出しなければいけないというものであり、未提出の場合スクランブルがかかり撃墜されても文句が言えない状態になる。
    • 当然中国は設定したため航空計画を提出する必要があるが、その中に中華人民共和国他複数国が領有権を主張する尖閣諸島などにも識別圏を設けたことが日本及び米国の反発を呼び、中国に識別圏の解除を要求する事態となっている。特に、日本は大手航空会社に〈飛行計画〉を中国に提出しないよう呼びかけている。
  • 彼らを称して天朝、つまりこの政党を朝廷とみなす皮肉が存在する。
  • また、先に記述した六四天安門等の検閲揶揄サイバー天安門と呼ぶことがある。

関連

中共 共産党
中華人民共和国
中国共産党中央委員会総書記 中華人民共和国国家主席
中国人民解放軍人民解放軍 紅衛兵

人物

毛沢東 林彪 梅蘭芳
江沢民 胡錦濤 習近平 李克強
リアルチート

参照

wikipedia:同項目毛沢東、およびリンク先

pixivに投稿された作品 pixivで「中国共産党」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93858

コメント