ピクシブ百科事典

天安門事件

てんあんもんじけん

中国におけるタブーの1つ。

1989年6月4日、人民解放軍北京天安門広場で起こした白色テロ行為。

概要

1976年に同地で起きた事件も天安門事件と呼ばれるが、現在日本で天安門事件と言えば大抵こちら(区別するため1976年の事件を「第1次」、1989年を「第2次」と付けることもある)。

ソ連でのゴルバチョフによる自由化(ペレストロイカ)が進み、中華人民共和国でも鄧小平による改革・解放路線が広がり、学生達を中心に中国の自由化を求めるようになった。

そんな中、改革・解放路線推進者の一人・胡耀邦の死去の追悼をきかっけに、天安門広場で100万人規模の自由化デモが起こり、中国の民主化と自由化の機運が高まった。

しかし、中国共産党李鵬を筆頭とする保守派はデモ隊を恐れ軍隊を出動させ、広場にいた無防備の民衆を装甲車機関銃で弾圧。多数の死傷者を生み、国際的に批判を受けたが、中国指導部は全く意に返さず、中国の民主化は遠のくこととなり、21世紀にいたっても資本主義の市場経済と共産主義政治共産党一党独裁という歪んだ国家体制が続いている。

この言葉は現在、中国国内において口にしてはならない言葉であるかのような言論弾圧や封鎖を受けている。これは当局がこれらの悪事や暴走の一切を否定、隠蔽しているためである。

この事件時、道路を行進する戦車隊の前に立ち塞がる一人の男性「無名の反逆者」の画像が世界的に知られた。

螳臂當車



R-18G注意!

pixivに投稿された作品 pixivで「天安門事件」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54184

コメント