ピクシブ百科事典

警察予備隊

けいさつよびたい

日本が敗戦後、GHQの指令を受けて設立した警察の予備兵力部隊とされるが。武装は軍隊と変わらなかった。
目次[非表示]

新しい酒は新しい革袋に

日本が敗戦後、朝鮮戦争などの影響による1952年にGHQの指令を受けて設立した警察力の予備兵力部隊を創設するというカバープランの元創設された国防組織創設の準備組織である。

おぼろげな警察軍から水面下における軍隊創設の準備組織へ

しかし武装は軍隊と変わらない(アメリカ軍の兵器を使用していた)上、朝鮮戦争開始時には日本から派出される駐日部隊の空白を埋めるべく、旧軍軍人における大佐級の人員の公職追放を限定的に解除し組織構築を開始した。予定ではGHQにて顧問将校の位に在った元陸軍参謀本部作戦課長 服部卓四郎元大佐及びその部下たち数名が予備隊司令部に配置され服部元大佐は予備隊司令官として登用される予定であったが、GHQでは民生局局長コートニー・ホイットニー、日本政府からは吉田茂ほか政権中枢から頑健な抵抗があり、服部大佐率いるグループが日本の再軍備に関与する事は無くなった。

服部グループの排除

服部大佐排除の理由として、服部の率いたGHQ内の顧問集団“服部グループ”を含めた旧帝国陸軍系軍人台頭への危惧、先述のホイットニーの上伸とマッカーサー自身に対する服部への不信感、また、服部自身がG2(GHQ参謀第2部)部長であるチャールズ・ウィロビーに対してGHQ顧問時代に提出した当時の日本の国力では賄いきれない上に旧軍とほとんど変わらない統帥形態の再軍備計画がマッカーサーの構想した“西側規格の軍事システム(自由主義国における民主的参謀システムの構築)”にそぐわないとされた為だと言われる。

“内務軍閥”の完成

結局人事に於いて予備隊は内務省警保局、及び内務省の実務者などを米国ウェストポイント陸軍士官学校などに留学させるなどして、上級司令部は殆どが旧内務省系の人材で占められることとなった・・・が朝鮮戦争に於いて同様の手法で構築した韓国軍の幕僚組織が北朝鮮軍にいとも簡単に撃滅されたことから先述の通り、職種における現場の専門職に在った大佐級の元軍人の公職追放を限定的に解除し、その人事に汲みいれていくことになる。しかしながら服部元大佐は純粋な軍人の割合が少ない予備隊司令部に対して“内務軍閥”と揶揄する言葉を残している。

準備組織から実力組織へ

その後警察予備隊は保安隊自衛隊と組織は変遷し現在は自衛隊となった。

関連動画



関連タグ

自衛隊 警察 帝国陸軍

pixivに投稿された作品 pixivで「警察予備隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6212

コメント