ピクシブ百科事典

胡錦濤

こきんとう

中華人民共和国の政治家。中国共産党の第4世代の最高指導者、第4代中国共産党中央委員会総書記(1942 - )
目次[非表示]

中国語発音ではフー・チンタオ、またはフー・ジンタオ。1942年12月21日上海で生まれ、江蘇省で育つ。
家柄の良くない胡は政治活動に興味を抱き、読書に没頭していた。授業態度はまじめで、家での予習復習も怠らなかったために成績は優秀で、小学校を飛び級で卒業した。
中学、高校と進学し高校では体育以外の科目で90点以上を取り、3年次には級長に任命されている。高校卒業後中国の工学系最高学府である清華大学へ進学する。

大学時代は演劇部の部長を務め、かかあ天下で知られる嫁と知り合うなどかなりリア充な生活を送っていたとされる。
しかしこの時期の中国は毛沢東による文化大革命の真っ最中。教師や知識人は迫害を受けていたが、若き胡錦濤は教師となるべく大学院へ進学した。

大学院卒業後、教師にはならなかったものの水力発電のエンジニアとして内陸部へ赴任する。
この時の勤務成績が優秀であったために上層部から気に入られ、後に胡錦濤派の支持基盤である中国共産主義青年団(共青団)の甘粛省支部長(第一書記)に指名された。

文化大革命が収まった頃、胡耀邦総書記と出会い、彼に弟子入りを果たす。しかし胡耀邦が失脚すると胡錦濤はチベットへの赴任を命じられた。表向きはチベット自治区党委書記伍精華が重病のため辞職し、その後任として二つの貧困地区での経験を買われ、適任と判断されたためだが事実上の左遷である。
チベットでは当時暴動が起きていたが戒厳令を敷くことで見事に鎮圧し、その決断力が再び中央への栄転へと繋がる。

49歳の時、党中央委員会常務委員と党中央書記処書記に就任。事実上江沢民総書記の後継者として内定した。その後院政を行おうとした江沢民の妨害を切り抜け、無事最高指導者となった。

共産党総書記として

2002年11月、中国共産党中央委員会総書記となった胡錦濤は中国を「民主文明を持った政治大国」とするべく、漸進的な政治改革を進めた。

和諧社会

党総書記と国家主席就任後に国務院総理(首相)に任命した温家宝と共に掲げたスローガン。1990年代に始まった改革開放政策を機に都市と地方の格差が拡大し、それが官僚の腐敗、民族対立などと相まってデモ・暴動・騒乱が増加していたため、中国語で調和を意味する和諧を盛り込んだスローガンを掲げた。しかし抜本的な格差是正は出来ておらず、和諧社会の到来はまだ先だと見られている。

対日姿勢

歴代の中国共産党の総書記の中では比較的穏健である。その態度は、反日教育の緩和、日本からのODAに感謝の意を中国の首脳で初めて述べたことなどに見られる。
尖閣諸島についてもうやむやに領有権主張を促すのではなく、あくまでも相互理解のもとで解決していくべき姿勢を貫いている。
反日的な部分が全く見られないわけではないが、これは派閥争いの激しい中国共産党内部で露骨に親日アピールをしてしまうとそれだけで売国奴のレッテルを貼られ、今後の政治活動に影響を及ぼす恐れがあるためである。

pixivに投稿された作品 pixivで「胡錦濤」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14697

コメント