ピクシブ百科事典

乃木坂46

のぎさかふぉーてぃーしっくす

AKB48の公式ライバルとして誕生したアイドルグループ。
目次[非表示]

概要

AKB48の生みの親・秋元康が新たに用意したAKB48の公式ライバル。世の中に数多ある類似グループではなく公認グループ。また、SKE48NMB48などのような姉妹グループとも違うというスタンスをとっている。全員が「乃木坂46合同会社」(サイトによっては「乃木坂46 LLC」【アメリカでは合同会社の略称としてLLCと表記される】)の所属である。
・結成された理由は、元々AKB48はソニー・ミュージック内の「デフスターレコーズ」(現ソニー・ミュージックレーベルズ)に所属し、CDを発売していた(1st~7thまで)。しかし『桜の花びらたち2008』のキャンペーンでのトラブルによりAKBはデフスター側から契約を打ち切られた後にキングレコードへと移籍したが、移籍後から右肩上がりで売上を伸ばし、いつの間にか大ブレイク。デフスター側は2010年に『逃した魚たち』というそのままのネーミングの旧作のMV集を発売、“53(=誤算)”の涙シーンを収録するなど自虐的なことも行っていたが、そんなAKBに一泡吹かせたいという事で秋元に謝罪した後にとタッグを組み、公式ライバルを誕生させた。
・グループ名の「乃木坂」は、最終審査の会場「SME乃木坂ビル」に由来。AKBプロジェクトは地名をアルファベット表記にするが、ライバルであることを強調するために、あえて漢字表記にしている(あえて書くとすれば「NGZ」か)。
・AKBやその姉妹グループのように「48」ではなく、「46」となっっている理由は、『AKBより人数が少なくても負けない』という意味を込めて名付けられた。なおAKB同様人数の変動が頻繁だが、46名に到達後は特別な例を除き増員を行っておらず人数は減少しており、2015年6月現在37名となっている。
・2015年の第66回NHK紅白歌合戦に初めて出場し、「君の名は希望」を披露した。ちなみに、前年の2014年に紅白出場内定が報じられるも、例の雑志が原因で出場内定が一転取り消しとなった(その煽りで、HKT48が滑り込みで紅白初出場となった)。
・2017年輝く!日本レコード大賞にて「インフルエンサー」がレコード大賞を受賞する。
・しかし2018年元旦、芸能人格付けチェックにて映す価値なしとなった
 レコード大賞受賞は単なるまぐれだったんかーーーーーー
アキラ100%放送事故と並ぶ2018年元旦の2大惨劇となった。

AKB48との違い

  • 専用劇場を持たず、ホールを中心に活動。通常のライブコンサートツアー、および1回2週間程度のミュージカル公演を行う。
  • AKB48のように選抜総選挙は行わない(AKBの総選挙にも参加しなかったが、第6回選抜総選挙でAKB48チームBとの兼任となった生駒がエントリーし、14位に入った)。
  • ミュージカル16人のプリンシパルの第1回公演では、ショーを前半と後半に分け、間に設けられた休憩時間に投票が実施され、1位を獲得したメンバーが主役となり、以下16位の端役までが決められる。秋元康「どこまでできるかはまだわからないが、毎回投票によって立ち位置が変わることで、全てのメンバーにチャンスがある」。
  • 第2回・第3回公演では、後半の演劇の配役が立候補制となり、人気投票というよりはオーディションのような形を取っている。
  • AKB48が掲げる「会いに行けるアイドル」などのコンセプトはない。秋元康「コンセプトが無いのがコンセプト。一番大きな点は、AKBが選抜総選挙やじゃんけん選抜をやったりしていますが、たぶん、その時のファンの皆さんの反応でメンバーを入れ替えていくスピード感は、こちらの方が早い」。AKBがブレイクするまでかかった5年の軌跡を、5ヶ月で追いつこうというのが目標。
  • AKB他、48系グループのようなチーム制を採用せず、完全な一体型の運営がなされている。


メンバー

1期生・2期生

秋元真夏 
生田絵梨花・・・学業の都合により一時的に離脱していた時期もあった。 
生駒里奈・・・元AKB48チームB兼任。
伊藤かりん 
伊藤純奈 
伊藤万理華 
井上小百合 
衛藤美彩・・・美人百花レギュラーモデル。
川後陽菜・・・Popteen専属モデル。
川村真洋 
北野日奈子・・・Zipper専属モデル。
齋藤飛鳥・・・元子役。母親がミャンマー人のハーフ。sweet専属モデル。元CUTiE専属モデル(現在休刊)。
斎藤ちはる 
斉藤優里 
相楽伊織 
桜井玲香・・・乃木坂46キャプテン。NYLON JAPANレギュラーモデル。
佐々木琴子 
白石麻衣 ・・・Ray専属モデル。LARMEレギュラーモデル。
新内眞衣・・・ニッポン放送の関連会社に兼任勤務している。 
鈴木絢音 
高山一実 
寺田蘭世 
中田花奈 
中元日芽香 
西野七瀬 ・・・non-no専属モデル
能條愛未 
樋口日奈 
星野みなみ 
堀未央奈・・・2期生で唯一のセンター経験者かつ2期生の出世頭。arレギュラーモデル。
松村沙友理 ・・・CanCam専属モデル。
山﨑怜奈 
若月佑美 
渡辺みり愛
和田まあや

卒業生

岩瀬佑美子 
安藤美雲 
柏幸奈 
宮澤成良・・・現・宮沢セイラ、2015年東レキャンペーンガール、元サッカー選手・宮澤ミシェルの娘
西川七海・・・元AKB48の8期生 
市來玲奈・・・早稲田大学文学部入学後に卒業、現日本テレビアナウンサー
伊藤寧々 
大和里菜・・・契約終了
矢田里沙子・・・研究生のまま卒業 
畠中清羅
深川麻衣・・・乃木坂46最年長。2016年1月7日のブログで卒業発表。
松井玲奈・・・元交換留学生でSKE48チームE兼任。2015年5月をもって兼任解除。
永島聖羅・・・2016年3月20日卒業
橋本奈々未・・・2017年2月20日卒業。同時に芸能界を引退した。

3期生

伊藤理々杏
岩本蓮加・・・乃木坂46最年少。ラブベリー専属モデル。
梅澤美波
大園桃子・・・3期生で初のセンター(与田祐希とのWセンター)
久保史緒里・・・Seventeen専属モデル。
阪口珠美
佐藤楓
中村麗乃
向井葉月
山下美月
吉田綾乃クリスティー
与田祐希・・・3期生で初のセンター(大園桃子とのWセンター)

ディスコグラフィ

シングル

タイトル発売日センター
1stぐるぐるカーテン2012年2月22日生駒里奈
2ndおいでシャンプー2012年5月2日生駒里奈
3rd走れ!Bicycle2012年8月22日生駒里奈
4th制服のマネキン2012年12月19日生駒里奈
5th君の名は希望2013年3月13日生駒里奈
6thガールズルール2013年7月3日白石麻衣
7thバレッタ2013年11月27日堀未央奈
8th気づいたら片想い2014年4月2日西野七瀬
9th夏のFree&Easy2014年7月9日西野七瀬
10th何度目の青空か?2014年10月8日生田絵梨花
11th命は美しい2015年3月18日西野七瀬
12th太陽ノック2015年7月22日生駒里奈
13th今、話したい誰かがいる2015年10月28日白石麻衣&西野七瀬
14thハルジオンが咲く頃2016年3月23日深川麻衣
15th裸足でSummer2016年7月27日齋藤飛鳥
16thサヨナラの意味2016年11月9日橋本奈々未
17thインフルエンサー2017年3月22日白石麻衣&西野七瀬
18th逃げ水2017年8月9日大園桃子&与田祐希
19thいつかできるから今日できる2017年10月11日齊藤飛鳥&西野七瀬
20thシンクロニシティ2018年4月22日白石麻衣
21thジコチューで行こう2018年8月2日

アルバム

1st透明な色2015年1月7日
2ndそれぞれの椅子2016年5月25日
3rd生まれてから初めて見た夢2017年5月24日

リンク

公式HP

関連項目

16人のプリンシパル アイドル 欅坂46

pixivに投稿された作品 pixivで「乃木坂46」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1482345

コメント