ピクシブ百科事典

東京ディズニーランド

とうきょうでぃずにーらんど

東京ディズニーランドとは、東京ディズニーリゾートにあるテーマパークの一つである。
目次[非表示]

略称はTDLディズニーランドなど。
キャッチコピーは「ようこそ、夢と魔法の王国へ」

概要

東京ディズニーリゾート内で最初に生まれたディズニーテーマパーク。またアメリカ国外初となるディズニーテーマパークでもある。

当時はこのパークのみであったが、後に東京ディズニーシーを始めとし、イクスピアリ・提携ホテル・ボン・ヴォヤージュなどを包括した東京ディズニーリゾートの一部となる。
殆どの世界各国のディズニーランドは「眠れる森の美女の城」であるが、東京ディズニーランド
では「シンデレラ城」をシンボルとしている。
1983年4月15日に開園、2018年に開園35周年を迎えた。

テーマランド

東京ディズニーランド(以下TDL)は「テーマランド」と呼ばれる、それぞれのテーマで統一された区域に分かれている。

注意
解説に関しては内容が偏っている部分あり(随時 追加・訂正を推奨)

ワールドバザール

TDLに入園して最初に来るテーマランド。
TDLの玄関口とあって、ショップやレストランが多数集まっている。
他国のディズニーパークでは、「メインストリートUSA」という名前で屋根もついていないが、TDLのみ雨が多いという日本の事情を考慮してガラス製の屋根がついている。

  • 登場キャラクター:なんでもあり。パーク内に登場するキャラクターの多くがここに出現することもある(特に悪天候時)。

アドベンチャーランド

海賊時代やジャングル探検などの「冒険」をテーマとしたテーマランド。
主なアトラクションは海賊時代にタイムスリップするカリブの海賊、建設段階で役人といろいろもめたという逸話があるウエスタンリバー鉄道

一番の見どころは船長の軽妙なトークとリニューアルされ、ナイトクルーズや見どころが増えたジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション など。
またスティッチファンにとっては魅惑のチキルームも見逃せない。


ウエスタンランド

西部開拓時代アメリカをテーマとしたテーマランド。
目玉はなんといっても三大マウンテンの一つ、鉱山列車で金鉱を爆走するビッグサンダー・マウンテン

その他にガンマンの気分が味わえるウエスタンランド・シューティングギャラリーや、達の楽しい演奏を聞けるカントリーベア・シアター蒸気船マークトゥエイン号などがある。

近年、キャンプ・ウッドチャックというエリアができ、ウッドチャック・グリーティングトレイルでドナルドダックデイジーダックに会える。

余談であるが、船内のメーカーズプレートにもある通りマークトゥエイン号の製造を担当したのはJR京葉線潮見駅前にある造船所・墨田川造船である。潮見駅に進入する直前に工場が見えるので、東京駅方面からTDLにアクセスする方は探してみてどうだろうか。


クリッターカントリー

1992年10月1日オープン
TDLで最も面積の小さいテーマランド。
動物たちが開拓した場所である。目玉は三大マウンテンの一つ、終盤で茨が茂った滝つぼに突っ込む急流下りのスプラッシュ・マウンテン。他には自身の手で仲間とアメリカ河を渡るビーバーブラザーズのカヌー探険がある。

など

ファンタジーランド

ディズニーの真骨頂と言える、西洋のお伽話をテーマとしたテーマランド。
実はパレードの管制センターがとあるアトラクションの裏側にあるらしい。正にTDLの中枢といえる区域なのである。

アトラクションの中で白雪姫と七人の小人は(コミカル寄りのホーンテッドマンションとは比べ物にならない程に)TDL最恐のアトラクション候補と噂されており、ピノキオの冒険旅行も似たようなタイプのアトラクションと噂されている。

またファンタジーランド一の人気を誇るイッツ・ア・スモールワールドは、35周年イベントの目玉としてリニューアルし、ディズニーキャラが40体ほど追加された。因みに過去には、冬季に「イッツ・ア・スモールワールド“ベリーメリーホリデー”」という特別仕様になっていたが、2014年、惜しまれつつ冬季バージョンを終了し、現在は通常バージョンのみである。

余談だが、メリーゴーランドキャッスルカルーセルは米国PTC社の作品。pixivにもキャッスルカルーセルをモチーフとしているであろうメリーゴーランドのイラストが確認されている。時折ディズニーキャラたちがゲストに紛れて乗ってくる他、ハロウィンの時期にはお化けも乱入してくる。

プーさんのハニーハントは、システム上かなりデリケートなアトラクションであるため高頻度で止まるアトラクションとしても有名。携帯電話その他の電子機器の使用は厳禁なのでご注意。(そもそも殆どのアトラクションでいけないが…)

2015年4月に、トゥモローランドの一部を縮小しファンタジーランド(美女と野獣のエリア)の再開発を行うことが決定した。(詳細は 再開発計画についてに記載)。

など

トゥーンタウン

多忙なミッキーが「ミッキーに会いたい」という子どもたちの願いに応えるために公開した、ディズニーキャラの住む街。1996年4月15日にオープン。

街中のあちこちにトゥーンのいたずらが施してあり、それをいじるのも楽しい。
主なアトラクションは裏路地をタクシーで大爆走するロジャーラビットのカートゥーンスピン
ガジェットが様々なものをかき集めて作ったガジェットのゴーコースターなどがある。
ミッキーの家とミート・ミッキーでは必ずミッキーに会える。

再開発計画にて、ミニーと会える新グリーティング施設の新設が発表された。(再開発計画について・に記載)

など。

トゥモローランド

未来をテーマとしたテーマランド。近年、新アトラクションが続々建設されたのもあって、レトロフューチャーな風貌から現代人の想像する未来に移り変わっていった。まさにウォルト・ディズニーの「ディズニーランドが完成することはない。世の中に想像力がある限り進化し続けるだろう。」という言葉を体現したテーマランドと言えよう。

アトラクションは、宇宙空間を疾走する三大マウンテンのトリスペースマウンテン
近年リニューアルをしたスターウォーズ好きにはたまらないスターツアーズ ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー、ファストパス瞬殺に定評のあるバズ・ライトイヤーのアストロブラスターモンスターズ・インクライド&ゴーシーク、2015年には スティッチと会話ができるアトラクション スティッチ エンカウンターがオープンした。

なお、20017年まで運営されていたグランドサーキット・レースウェイ及びスタージェットの跡地には、ファンタジーランド再開発計画(エリア拡張)により魔法(現実的には工事)がかけられている真っ最中である。(再開発計画について に記載)

など。

再開発計画について


※詳細については、東京ディズニーリゾートに記載

TDLには、720億円をかけて美女と野獣のエリア(約320億円をかけた大型施設の発表もあった。《過去のアトラクション建設最高額であるタワー・オブ・テラーの総工費約210億円を超える、東京ディズニーリゾート内の大型施設として、新しい史上最大の投資額となる》)や、ベイマックスをテーマにしたアトラクション、ミニーのスタジオをテーマにしたグリーティング施設、ライブエンターテイメントシアター(名称未定)などを建設することが決定。その後メインエントランスのリニューアル、立体駐車場の建設も決定し、旧トゥモローランドの土地にファンタジーの魔法が注がれている。


関連イラスト

夕暮れのTDL
夢が叶う場所



余談


「夢の国」として謳ってきた東京ディズニーランドだが、その建設と運営の秘話は決しておとぎ話のような話ではなかった。また、「人工的な生き物たち」(実際に使用された表現)が活躍し「自然を大切に」というメッセージも謳っているのにも関わらず、やってきたことはその真逆であった。
魑魅魍魎が跋扈する」という意味ではファンタジーっぽさがあるのかもしれないが…()()()()。
ちなみに、ディズニーランド香港が開園した際も全く同じ問題が起こっている。

関連タグ

ディズニー 遊園地 ディズニーランド
東京ディズニーリゾート 東京ディズニーシー 

アトラクション 

ホーンテッドマンション イッツ・ア・スモールワールド 白雪姫と七人の小人 ビッグサンダー・マウンテン カリブの海賊 トゥーンタウン

イベントなど

エレクトリカルパレード 隠れミッキー
イースターワンダーランド 蜘蛛執事 うさたま

外部リンク

株式会社オリエンタルランド

pixivに投稿された作品 pixivで「東京ディズニーランド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 268420

コメント