ピクシブ百科事典

ビッグサンダー・マウンテン

びっぐさんだーまうんてん

ビッグサンダー・マウンテンとは、ディズニーランドのアトラクションの一つであり、三大マウンテンの一つである。
目次[非表示]

概要

ビッグサンダー・マウンテンとは、ゴールドラッシュが過ぎた1880年代の廃鉱を暴走するローラーコースタータイプのアトラクションである。略称は「BTM」
ゲストたちは、鉱山会社「ビッグサンダー・マウンテン・マイニング・カンパニー」の跡地から鉱山列車「マイントレイン」に乗り込み、無人と化した廃坑を猛スピードで駆け抜ける体験をする。

このアトラクションはカリフォルニアの「ディズニーランド・アナハイム」、フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの「マジックキングダム」、「東京ディズニーランド」、「ディズニーランド・パリ」にある。
さらに、アナハイム版は約45km/h、フロリダ版は約58km/hと、海外のディズニーパークにあるビッグサンダー・マウンテンは最高速度が東京版(最高速度は40km/h)よりも速く、パリ版に至っては最高速度が約65km/hである。
また、香港のディズニーランドには「ビッグ・グリズリー・マウンテン・ラナウェイ・マイン・カー」というビッグサンダー・マウンテンとは別の廃鉱を舞台としたアトラクションがある。

ビッグサンダー・マウンテンにはモデルが存在し、外観はアメリカアリゾナ州セドナにある「サンダーマウンテン」を、原案は後にウォルト・ディズニー・イマジニアリングに勤めることとなるトニー・バクスターという人物が、青年時代にクルミの木で作ったおもちゃの迷路である。

細かなトリビア

  • 中央に高くそびえる岩山の名は「メインビュート」と呼ばれている。
  • オポッサム、ビッグホーン、コウモリ、コヨーテなどの動物が生息している。
  • ビッグサンダー・マウンテンには実は住人がいる。セドナ・サムといい、愛犬のディガーと共にナマズ釣りをしている。その姿は蒸気船マークトウェイン号に乗ると確認できる。


この他にも、ビッグサンダー・マウンテンには様々なトリビアが散りばめられている。

余談

東京版のビッグサンダー・マウンテンの入り口には、機関車のような自動車が置かれている。これは「スチームトラクター(蒸気で走るトラクター)」という蒸気自動車で、1898年製の本物。世界で数台しか存在していない貴重なトラクターで、持ち主と交渉の末に手に入れた。
実はその交渉は元々はアナハイムのディズニーランドに設置する予定だったが、その時は交渉に失敗している。(当然だろう、貴重なトラクターをそうそう譲ってくれる訳もない)
ところが、東京ディズニーランドでビッグサンダー・マウンテンがオープンすることをきっかけに再度持ち主にダメ元で交渉したら、何と交渉は大成功。
交渉が成功した理由は持ち主の奥さんの「トラクターよりも旅行に行きたい」という一言だった。
つまり「スチームトラクターを譲ったお金で旅行に連れて行ってくれ」と持ち主である夫に言った訳である。

また、パリ版とフロリダ版のビッグサンダー・マウンテンにはメインの設定に独自のストーリーが足されている。詳しくはググってみよう

関連タグ

ディズニー ディズニーランド 東京ディズニーランド

pixivに投稿された作品 pixivで「ビッグサンダー・マウンテン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25

コメント