ピクシブ百科事典

シンデレラ

しんでれら

ヨーロッパの民話。及び、その主人公。 継母と義姉に虐げられる少女が、日ごろの善行によって魔法を得、王子との幸せな結婚を掴みとる物語。
目次[非表示]

概要

シンデレラとは、ヨーロッパに伝わる民話、およびその物語の主人公の少女のことである。シンデレラ(英:Cinderella)とは『灰かぶり』を意味し、彼女の生い立ちから名付けられたあだ名とされる。

この民話の起源は諸説あり、古くは古代ギリシャにまで遡ることができるとも言われる。また類似する物語は世界中で見られ、日本にも『鉢かづき』や『落窪物語』などがある。

現在よく知られている『シンデレラ』の物語は、ペロー童話の『サンドリヨン(仏: Cendrillon)』物語が、ディズニー映画などの影響を受けてさらにアレンジされたものである。一方、グリム兄弟による童話はペローより100年以上も後のものだが、グリム兄弟は地元ドイツの古い民話に物語を採集しており、むしろこちらのほうが原典により近い形だとされている。

後世への影響

  • 「虐げられたけなげな少女が、最後に王子様と結ばれて幸福な人生を手に入れる」という筋立ては、平凡な女性が玉の輿や特別な引き立てによって幸福を手に入れることを指す「シンデレラガール」という言葉を生んだ。また、ガラスの靴はその象徴として用いられるようになった。
  • 夜中の12を過ぎると、魔法が解けて元の姿に戻ってしまうというギミックは「時限装置付きの幸福」という一つの形式を成立させた。 



ペロー版とグリム版の違い

ペローはルイ14世お抱えの作家であったため、サンドリヨンもフランス貴族の子女に向けた説話として脚色を加えたと言われている。サンドリヨンは不幸にも耐え忍び、困窮しても作法や礼儀を忘れず、優しさを失うことのない理想的な貴族女性である。
対してグリム兄弟がアシェンプテル(シンデレラ)の物語を編纂した当時、ドイツはフランスの占領下にあり、国家主義の機運が高まっていた。そのためアシェンプテルは自ら行動して幸福を勝ち取る、美しくもたくましい女性として描かれている。

ペロー版の物語(サンドリヨン)

あるところにサンドリヨンと呼ばれる少女(シンデレラ)がいた。彼女は裕福な家庭に生まれたが、実の母親を亡くし、そのあとに来た継母や彼女についてきた義理の二人の姉にいじめられ、召使いのようにこき使わる辛い日々を送っていた。少女は寒く日の差さない屋根裏へ追いやられ、仕事を済ませた後は暖炉のそばで灰にまみれることでようやく暖を取ることができたため、彼女はサンドリヨン=灰かぶりと呼ばれていたのである。

ある日、国王が上流階級を招いての舞踏会を開くことを決め、ブルジョワであるサンドリヨンの家も招待を受けた。継母たちは宝石だドレスだと浮かれ、サンドリヨンに着付けやメイクを手伝わせた挙句、留守番を言いつけるといそいそと出かけて行った。

取り残されたサンドリヨンが惨めな思いで泣いていると、彼女の名付け親である婦人が通りがかって理由を尋ねた。実はこの夫人は魔力を持つ妖女であって、事情を知って憤慨し、サンドリヨンに裏庭で栽培されていたカボチャと、じょうろの裏に隠れていた6匹のトカゲ、台所の捕獲機に捕まっていた7匹のハツカネズミを持ってこさせる。妖女が魔力をふるうと、カボチャは豪華な馬車に、トカゲは立派なお仕着せを着た従者に、ハツカネズミは御者と6頭の馬に姿を変えた。さらに妖女はサンドリヨンの服を美しいドレスに変えたうえ、ガラスの靴を一足与えた。ただし、魔力で整えたものはすべて、夜中の12時を過ぎると元の姿に戻ってしまうから、それまでに必ず家に戻るよう、サンドリヨンに言い聞かせる。

美しい姫君となったサンドリヨンは、舞踏会で注目の的となる。王子もサンドリヨンに夢中になり、上席に招いて果物を勧めながらあれこれ話しかける。そのうちサンドリヨンは継母たちを見つけて話しかけ、王子に貰った果物をおすそ分けして様子をうかがうが、あまりの変わりように継母たちは彼女だと気が付かなかった。

サンドリヨンは12時になる前に無事帰宅、待っていた妖女に礼を言いつつ、王子に是非にと望まれたため、明日もう一日だけ舞踏会へ行かせてほしいと願う。妖女は快く請け合い、翌晩サンドリヨンはさらに立派に着飾って王子の前に現れる。王子が彼女を返すまいとして話し続けたので、サンドリヨンは危うく帰宅時間を逃すところだったが、なんとか正体が露見する前に逃げることができた。しかし慌てたためにガラスの靴を片方落としてしまい、王子はこれを手掛かりとして愛しい姫を探すことを決意する。

王子がガラスの靴にぴったりとあう足を持った娘を妻にするとふれを出したため、サンドリヨンの継母も娘たちに何とか靴を履かせようとするが、小さすぎて全く足に合わなかった。最後にサンドリヨンが試してみると、靴は当然ぴったりと合い、またサンドリヨンはもう片方の靴を差し出して見せた。さらに妖女がタイミングよく現れて例の魔法をかけたので、誰もが謎の姫の正体として納得した。
サンドリヨンはこうして王子と結ばれ、継母たちも許して幸福に暮らしたという。

グリム版のあらすじ

富裕な家庭に生まれたアシェンプテル(シンデレラ)だが、生みの母はまだ幼い彼女を残して早世してしまう。父は後妻を迎えるが、アシェンプテルの義母となった女とその娘たちは厚かましく強欲で、先妻の娘であるアシェンプテルに辛く当たり、下女のように扱った。

あるとき義母とその娘たちは、父に高価な宝石やドレスをねだるが、アシェンプテルはハシバミの枝が欲しいと望む。アシェンプテルがハシバミの枝を実母の墓に植えると、枝は見る見るうちに成長して大木となった。
アシェンプテルがハシバミの木に「舞踏会に行くための衣装が欲しい」と願うと、ハトが飛んできて金銀のドレスや靴を運んでくる。

衣装を整えたアシェンプテルは、さっそく宮廷で3日間催される舞踏会に出かけていく。アシェンプテルと踊った王子は、見知らぬ美しい姫君にすっかり魅了され、彼女が何者かを尋ねるが、アシェンプテルは上手にはぐらかして王子を焦らす。
舞踏会の後、王子は帰宅するアシェンプテルの後をつけて正体を突き止めようとするが、アシェンプテルは一日目はハト小屋に逃げ込み、二日目は木に登って姿を隠し追及を逃れた。
そこで最終日となる三日目、王子は階段にタールを塗らせてアシェンプテルの足止めを試みる。アシェンプテルはそれでも逃げて姿を隠したが、金の靴の片方がタールにからめとられて残っていた。

王子はそれまでの情報からアシェンプテルの家を割り出し、確証を得るべく靴を携えて訪れる。アシェンプテルの義母は、なんとか自分の娘たちを売り込もうとするが、娘たちには物証である靴が小さすぎ、履くことができなかったため失敗に終わる。
この家にはまだ娘がいるはずだ、と言う王子の言葉に、義母も渋々折れてアシェンプテルを呼び出す。金の靴は彼女の足にぴったりと合い、アシェンプテルは王子の妻となって幸福を手に入れる。

グリム版の解説

ハシバミの枝について

ハシバミの枝は不動産の譲渡式に用いられたアイテムで、これを渡すことは財産分与を、土に挿す行為はその完了を意味するという。
グリム兄弟の地元ドイツでは、母親の財産は娘に受け継がれるという慣習があった。つまりアシェンプテルがハシバミの枝を欲しがったのは、父が預かっていた実母の遺産を要求したということであり、母の墓に植えたハシバミが大木となって恵みをもたらすのは、アシェンプテルが母の財産を運用してより大きなものにしたということを表しているという。こうしてアシェンプテルは宮廷に出る格を整えたのである。

恋の駆け引き

アシェンプテルはその美貌に加え、あえて正体を知らせないことで相手の興味を掻き立て、追えば逃げるという焦らしのテクニックで王子の心を掴む。さらに、ハト小屋や木によじ登って姿を隠すという行為は、王家の跡取りをどんどん産めますという健康度をアピールするものとされる。

R-18G

グリム童話には版によって展開に違いがあり、その中には義母が娘たちに靴を履かせるため足をナイフで切らせる、義母と娘たちがハトに目をつつかれて盲目にされるなど、強欲ゆえの報いを受ける残酷描写を含むものがある。これらの描写は道徳観の変化よりカットされたが、現代に至り『本当は怖いグリム童話』などとして紹介されることもある。


二次創作での扱い

「一般的に知られた物語のバージョンに裏がある」という二次創作もある。シンデレラが魔法使いから声をかけられたのは、シンデレラこそが魔に属する邪悪な存在だったからで、だからこそ義母や姉たちはシンデレラを遠ざけていた。王子がシンデレラに目をつけたのも、贅沢三昧の生活で上流階級の女性に飽きており、もっと美貌を持つ女性を手中に収めたいと考えた為、という理由付けである。

他にも「シンデレラの本名はエラである」とする二次創作も存在する。これは「Cinderella」という綴りを「Cinder(灰)」と「ella」に分け、「エラが灰を被ったためこの2つをくっつけてシンデレラと呼ばれた」という説によるものである。ただし、本来この「ella」というのは「小さい」という事を強調するために単語に付ける指小辞であり、日本語で表すと「~ちゃん」あるいは「小娘」というようなニュアンスとなる。


別名・表記揺れ

サンドリヨン 灰かぶり 灰かぶり姫


外部リンク



関連タグ


「シンデレラ」に関連した作品・人物

関連記事

親記事

民話 みんわ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シンデレラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9613693

コメント