ピクシブ百科事典

アシェラッド

あしぇらっど

アシェラッドとは、漫画『ヴィンランド・サガ』の登場人物。アシェラッドの名の由来は、ノルド語で「灰かぶり」の意。
目次[非表示]

来歴

CV:内田直哉(アニメ版)/山路和弘(朗読劇)

ヴァイキング傭兵集団・『アシェラッド兵団』の首領。
過去にヨーム戦士団のフローキの依頼を受けて、トルフィンの父親トールズを奸計によって殺害したことで、トルフィンからは何度も決闘を仕掛けられている。
表向きはデーン人で通しているが、ルーツにはウェールズの王族と将軍アルトリウスの血が流れており、ローマ風の鎧を着て真剣に約束する際は北欧神話の神々ではなくアルトリウスに誓う等、母の血筋にこそ誇りを持っている。

人物像

表向きは気さくで飄々とした性格だが、根っこは狡猾な策謀に長け、部下であろうとも情け容赦のない仕打ちをすることもある冷酷非情な人物。剣の腕前は兵団でも随一を誇る歴戦の強者。人の才覚や性格を見抜き操る術にも長け、常に沈着冷静、いかなる状況においても最善を尽くす男であったが、デンマークの王位継承問題に足を突っ込んだために苦難の道を歩むことと成った。

デーン人豪族の父ウォラフと、その奴隷にされたウェールズの元王女の母リディアの間に生まれたが、奴隷との間に生まれた子だった故にアシェラッドと名付けられ、庶子として馬小屋で育てられた。だが11歳の時に父に才覚を見出され異母兄と共に館に住むことを許され、2年で家族内での地位を固め、隙を見て父を暗殺し母の復讐と財産獲得を果たす。この時の自身への嫌疑をそらすために父と仲が悪かった兄に濡れ衣を着せるやり方は、後のスヴェン王暗殺計画でも踏襲している。14歳の時に危篤の母を連れて故郷ウェールズへ赴き、このときウェールズの人脈を得た。
そのため内心では短慮で粗暴なデーン人を「豚にも劣る」と軽蔑しており、また、母方の故国ブリタニアを滅ぼしたアングロ・サクソン人に対しても非情。ただし父親殺しなどで見られる悪辣なまでの自分の冷酷非情さもまた父方のデーン人の血筋故であることを自覚しており、心の底では自分という存在すら嫌悪している。

故に自らを指導者や王になれる器とは思っておらず、母より聞かされたウェールズの英雄アルトリウスの帰還を待っていた幼少時を引きずるかのように己を導いてくれる理想の主君を求め、その手助けをしたいと願っている。
一口に言えば”矛盾の人”であり、その複雑な心を理解し得たのは親友であるビョルンだけであった。
己を仇と狙うトルフィンに対し、かっての自分を見るのかどこか師匠の様な接し方をしており、かつて暗殺した彼の父親トールズにも理想の主君になりえたとして憧れに近い感情を抱き続けている。

関連タグ

ヴィンランド・サガ トルフィン
カリスマ ヴァイキング

関連記事

親記事

ヴィンランド・サガ ゔぃんらんどさが

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アシェラッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35760

コメント