ピクシブ百科事典

トルフィン

とるふぃん

トルフィンとは、漫画『ヴィンランド・サガ』の登場人物。本作の主人公。
目次[非表示]

概要

CV:上村祐翔石上静香(幼少期)/松岡禎丞(朗読劇・ロードオブヴァーミリオンⅣコラボ)

ボサボサの金髪に荒んだ茶眼の少年。
フルネームはトルフィン・トルザルソン(トールズの息子トルフィン)。
他に、トルフィン・カルルセヴニ(侠気のトルフィンの意)という渾名もある。

アシェラッドに殺された父親・トールズの仇を討つために彼の命を狙い続けている。
二本の短剣を得物として使い、若いが並みの兵士では敵わないほどの技量を持つ。

来歴

幼い頃は冒険好きの少年で船乗りレイフの冒険譚に目を輝かせていたが、ある日トールズがヨーム戦士団の元大戦士で有る事を知る。幼さ故にその武勇にただ憧れ、なぜ父が戦いを捨てたのかは理解できなかった。父からは、戦いに対する無邪気な憧れを諌められるが、やはり理解できず、父がやむにやまれぬ事情から戦場に行く時には、好奇心から隠れて密航してしまう。その船旅で、アシェラッドとの戦いに遭遇してしまう。

父の恐るべき強さを目の当たりにしながらも大将の一騎打ちの約束を違えられ、自らが人質になってしまった時、父が剣を捨て自ら死を選んだ場面を目の当たりにしてしまう。復讐の念に取りつかれたトルフィンはアシェラッド兵団に加わり、褒賞は常にアシェラッドとの一騎打ちを望み何度も挑み続けている。

修羅場を経験するたびに死にかけながらも戦士として成長し、並の兵士では敵わないほどの力量を持つに至るも、精神に未熟な面がある。何度もアシェラッドと一騎打ちを行っているが、その精神的な脆さをアシェラッドに突かれ、未だに復讐は果たせていない。

やがてアシェラッド兵団はデンマーク王家の第二王子クヌートに付くようになるが、王位継承の争いにより、クヌートの手でアシェラッドは殺害された。自らの手で復讐を果たせなかったトルフィンは、錯乱して思わずクヌートに襲いかかってしまう。王族を傷つけたことで処刑もやむなしであったが、クヌートの計らいにより、奴隷身分に落とされることで命は助かる。

ヴァイキングの誇りも人間としての尊厳も奪われたトルフィンだが、ここからが彼の真の戦いの始まりであった。

コラボ

アーケードカードゲーム作品「ロードオブヴァーミリオンⅣ」において、アフタヌーンコラボとして参戦する。その際にボイスが実装される事となった。
ボイスに関しては、朗読劇でトルフィンを担当した松岡氏が引き続き担当。

関連イラスト

ヴァイキング
Rebirth of the soul



関連タグ

ヴィンランド・サガ アシェラッド トールズ

関連記事

親記事

ヴィンランド・サガ ゔぃんらんどさが

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トルフィン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 145309

コメント