ピクシブ百科事典

モフデレラ

もふでれら

モフデレラとはシンデレラになったモフルンのことである。
目次[非表示]

説明

魔法つかいプリキュア!』第29話で、夢の中でシンデレラの姿になったモフルンのこと。
この夢の中ではモフルンは擬人化ではなく、いつものくまのぬいぐるみ姿でシンデレラになっていた。
夢の世界の登場人物たちはモフデレラの姿に何の疑問も抱いていなかったため、この世界ではモフデレラは「人間の女の子」という扱いのようだ。

この夢はただの夢ではなく、リンクルスマホンがモフルンに見せてあげた「魔法の夢」である。
スマホンの神秘の力はモフルンと同じ部屋で寝ていたリコみらいことはも巻き込んでしまい、3人はモフルンの「魔法の夢」の世界へと閉じ込められてしまった。
そして、いつものメンバーでのハチャメチャ大冒険が繰り広げられることになる。

ラストにはモフデレラが魔法使いになるなど我々のよく知っているシンデレラのストーリーとは違った展開になっている。
闇の魔法つかいの幹部が女装して登場したり、バトルでなくプリキュア音頭のダンス対決で決着をつけたりと、どうせ夢オチなんだから何をやってもいいよねと言わんばかりのシュールな放送回だったが、プリキュアシリーズではこういうカオス回が毎年一つは出てくるのも伝統なのである。

「モフルンがシンデレラという役柄を演じている」という設定なため、モフルンが普通に女の子に見えてしまう稀有な回でもある。
秋の映画版に向けて「モフルンを女の子とみなしても問題ない」ということを小さいお友達にもわかりやすく伝えるお話という意味合いも持っている。

登場人物

夢の世界の登場人物たちは今までモフルンが出会った人物たちが演じている。
リコみらいことはの3人は自分たちが「モフルンの夢の世界に巻き込まれた」という自覚があるが他の登場人物たちは完全にモフデレラの世界の住人として振舞っていた。すでに倒したはずの闇の魔法つかい達の幹部も平気で登場しており、上記3人以外はモフルンの記憶から適当に姿を構成されたNPCの類と思われる。当のモフルン自身も「モフデレラ」という役になりきっており、みらいたちと出会っても初対面という認識だった。

  • モフデレラ
名前の通り演じるのはモフルン。意地悪な継母や姉達に蔑ろにされていたが、見かねたリコ達の魔法でドレスとガラスの靴を履きカボチャならぬ冷凍みかんの馬車に乗りお城へ。
本来のモフルン同様、献身的で健気な性格。見るからに女装チックかつ意地悪な継母に対しても家族愛があるようで、川の中に沈んだ継母を救って欲しいとプリキュアにお願いしていた。
  • 魔法つかい
演じるのは十六夜リコ。モフルン達が寝る前に読んでいた魔法界のシンデレラの絵本の挿絵に出てくる「魔法つかいのお婆さん」の服装をしている。
別にリコが老婆になっているとかではなく肉体的にはいつも通りなのだが、眼鏡をかけているので見た目の印象は新鮮。モフデレラの前で「えらい魔法つかい」と自称するも、やはり冷凍ミカンの解凍魔法はあと一歩上手くいかなかった。変身バンクにてみらいのことをお姫様抱っこする形となったシーンが話題を呼んだ。
  • ネズミ
演じるのは朝日奈みらい花海ことは。ネズミの耳と尻尾をつけただけの人間の姿だが、サイズだけはネズミと同じくらいの手のひらサイズになっていた。小さすぎて王子の肩に乗って話しかけても気づかれない。ネズミなので語尾に必ず「チュ」がつく。
本家シンデレラのネズミは馬車を引く馬に変身するため登場するが、そんな配役は無視して好き勝手に動いていた。結局馬にはならなかったが、ネズミだけど魔法が使えるためリコのサポートに励んでいた。
  • 意地悪な姉
演じるのはバッティスパルダ。スマイルプリキュアのバッドエンド王国のメンバーはプリキュアを陥れるためにこの役に成り済ましたが、この作品では普通にその世界の登場人物である。そのため特殊な能力などは使わない。
長女役のバッティはオシャレにとても気を遣う性格であったが、外見は変わらないのでほとんどオカマ同然。
次女役のスパルダはかなりわざとらしく意地悪していたが、王子の写真を見て顔を赤らめたりしていた。三幹部の中では一番シリアスだっただけに、いろいろとギャップの激しい様子を見せた。
  • 意地悪な継母
演じるのはガメッツ。こちらもオカマ同然。「舞踏会」を「武道会」と勘違いして「強い奴と戦うんだよ」と意気込んだりと、元のガメッツ同様戦闘好きな面は見られたもののそれ以外ではあまり元の面影は無かった。モフデレラにはずっと意地悪していた。「王子様ラブ!」と古いアプローチをし、悪い魔法つかいの魔法で巨大化したがプリキュアによって浄化され改心。なお亀なのに泳げない。
中の人である中田譲治は本編でおふざけアドリブを抑制されていたせいか、今回は「アドリブではないか?」と思われるセリフが各所にあった。
  • 王子
演じるのは校長。元と異なりこちらは金髪。名実ともに若いはず…なのだが一人称などの口調はそのまま。ただ本物より少々テンションが高く、舞踏会ではなぜかアクロバティックかつエキセントリックなジャンプを決めながら登場した。モフデレラの美しさに一目惚れする役柄なのだが、モフデレラは最初から最後までくまのぬいぐるみの姿なので重度のケモナーにしか見えない。
  • パーティー参加者
演じるのは補習メイト。パーティーに参加し、王子とダンスしようとするも悪役軍団に押しのけられてほとんど出番がなかった。
  • 悪い魔法つかい
ナシマホウ界のシンデレラには存在しないはずの役。演者はヤモー。本人曰く「悪い魔法」を使い、対象を怪物にする能力を持つらしい。しかし冷凍みかんに跳ね返され継母に当たってしまい、責め立てられてタジタジになっていた。魔法つかいのローブを羽織っている以外、中身のデザインは復活前のものに近い。
  • プリキュア
これまたナシマホウ界のシンデレラには存在しないはずの役。協力を要請されたモフデレラと、ネズミのみらいと魔法つかいのリコが手をつなぐことで変身する。プリキュア変身時は、みらいはリコに合わせ変身時だけ巨大化されて普段のキュアミラクルと同じ姿になった。しかし単独変身のことははキュアフェリーチェに変身してもサイズは変わらなかったため、なんで私だけ小さいままなんだと不満を述べている。
ネズミ役の2人に関しては変身後は「チュ」の語尾はつけなくても良くなっているらしい(語尾を付けながら不満を漏らしたフェリーチェに対しキュアマジカルが指摘している)。
校長王子の提案でバトルは肉弾戦ではなくダンスバトルとなり、笑顔でばっちりプリキュア音頭を踊っていた。

結末

悪い魔法つかいによって怪物にされた継母を元のサイズ(ガメッツの姿ですが…)に戻したことで、モフデレラの継母と姉妹たちも反省の様子を見せる。
だが、リコたちの未熟さゆえかここまで予想以上に時間をかけてしまったことで夜の12時を迎え、魔法が王子の眼の前で解けてしまう。村娘の姿に戻ったモフデレラだが、王子はそのありのままを受け入れモフデレラもこれが自分の本当の姿だと胸を張る。
これで二人は結ばれてめでたしめでたし。我々が知るシンデレラの物語とは異なる展開となったものの、モフデレラの物語はハッピーエンドを迎えた。

後はどうやって元の世界に帰るかとみらい達が思案していると、校長王子から「伝説の魔法つかいが生み出した馬車は次元を超える力を持つと伝えられている」と教えられた。
伝説の魔法つかいといえば当然プリキュアのこと。そして、モフデレラの物語の冒頭でみらい、リコ、ことはの3人が協力魔法でかぼちゃの馬車ならぬ「冷凍みかんの馬車」を生み出していた。つまりこの馬車を使えば夢から脱出できると知る。

王子やモフデレラの見送りを受けながら、みらい達を乗せたみかんの馬車は虹の道を辿って空へと向かう。しかし12時の魔法はこの馬車にもかかっており、みかんの馬車はカビが進み途中でただのみかんに戻ってしまい、3人は虹の道から空中に放り投げ出された。
その時、モフデレラの中にはないはずの「3人を助けなければならない」というモフルン本人の気持ちが高まり、モフデレラは魔法使いの衣装を着たモフルンの姿へと変化。そしてモフデレラはその魔法でクリスタルの馬車を作り出し、それに乗ってみらい達は夢から脱出する。

翌朝目が覚めたみらい達。
ベッドのサイドテーブルの「ある物」に驚愕し、互いに同じ夢を共有していた事を知る。
魔法学校の図書館にあったシンデレラの絵本を見返してみるとタイトルがモフデレラに変わってしまていることに気づき驚愕。
その物語の中身も、夢で体験したものと全く同じ。そしてエピローグでは、みらい達が脱出した後のモフデレラのことも書かれていた。
あれからモフデレラは魔法の才能に目覚め、人々を助ける「伝説の魔法つかい」となったというのだ。
何故かベッドのサイドテーブルに置かれていた「ある物」。それはその「伝説の魔法つかい」が生み出したクリスタルの馬車のミニチュアで……

……夢だけど夢じゃなかった!?

諸々の話

プリキュアとシンデレラ

過去のプリキュアシリーズでシンデレラを題材にしたストーリーには、


と、どちらもかなりのカオス回となっている。
で、これだけに留まらず、スマプリの映画『絵本の中はみんなチグハグ!』では絵本の世界に入り込んだみゆきがシンデレラになったり(その後ニコによって他の物語とミックスされた状態になってしまう)、『Go!プリンセスプリキュア』第37話では学校での劇として、きららトワのクラスがシンデレラを演じている(トワがシンデレラ役、きららが魔法使い役)。
ということで、シリーズを通して物語の題材としてはシンデレラはかなりの頻度で出ていることになる。

シンデレラプリキュア!



魔法界の童話の存在

今回の夢の発端となったのは、魔法学校の図書館にあった「シンデレラ」の絵本をモフルンが読んだことにある。
魔法界にはナシマホウ界と同じ内容の童話が伝えられているが、物語展開は異なっている。
「シンデレラ」は魔法つかいのお婆さんが主人公に据えられシンデレラを助けるために活躍するというお話になっているほか、「ピーターパン」もティンカーベルが勇気ある魔法つかいとして活躍する物語、「花咲かじいさん」に至ってはおじいさんが魔法つかいとなって桜を咲かせるという物語となっておりとにかく魔法つかいが主人公として描かれている。

みゆきやゆいがこれを知ったらどんな反応をするのかはともかく、ナシマホウ界と魔法界でここまで物語が異なるのは興味深いだろう。
「魔法界の住人は昔から正体を隠してナシマホウ界に接触を続けていた」というのが本作の根底の世界観なため、同じルーツの物語が双方の世界で知られる中でそれぞれの世界に合わせて改変が続けられ今の形になった…などと想像力が広がるところもある。

今回のエピソードでは、物語の末にモフデレラが魔法使いになるという物語改編が行われた。こうした結末の改編というのはスマプリの時でもやったことなのだが、今回は少々事情が異なる。
今回の改変はモフルンの視点から言えば「変えた」のではなく、シンデレラが主人公という本来の形に「戻した」のだとも言える。しかし、シンデレラが魔法つかいになるというオチで終わっているので魔法つかいが活躍してこそナンボという魔法界の矜持にも配慮された改変と言えるだろう。

今回の演出と脚本は

今回演出を担当した土田豊氏は直近では『プリキュアオールスターズみんなで歌う♪奇跡の魔法!』の監督を手がけているが、元々はギャグ演出に定評がある演出家である。中でもスマプリにおいては第13話(修学旅行シリーズ前半戦、みゆきが不幸の連続大凶顔)、第20話(ミエナクナ~ルふたりはステルスプリキュア)、第29話(ゲームバトルからの夏休みの宿題を忘れていてどん底状態)など、ギャグ面での傑作回を手がけ、『マリー&ガリー』でもかなりの頻度で演出を担当している。田中裕太氏も今回の話を見て「やっぱり土田さんは頭がおかしいと思いました(超リスペクト)」と絶賛していた。

一方、脚本の坪田文氏はまほプリでプリキュアシリーズ脚本初参加だが、『プリティーリズム』シリーズや『リルリルフェアリル』で脚本を担当していることもあり、それで察する人も多かった模様である。

カオス回と裏腹に

次回予告の時点で内藤圭祐プロデューサーは「実はとっても重要な回だったりもします」と意味深なつぶやきをしていた。
そしてふたを開けてみると、最後にモフデレラが魔法を放った時に現れた謎の馬車……それは既に後期オープニングで登場していた謎のアイテムだったのである。直ちに「財団Bはここで販促か!?」とツッコミが飛ぶが、校長王子が「レインボーキャリッジ」と名付けたこの大型アイテム、夢から覚めると机にあったことから今後のキーアイテムとしてクローズアップされることになるだろう。

また、上述したように今回の夢の世界はリンクルスマホンの力によって作られたものであり、現実が夢に合わせて改編されたのもスマホンの力ゆえである。
なぜスマホンが3人+1匹にモフデレラの夢を見せたのかという具体的な説明はこの話中ではなかったが、モフルンが「魔法界のシンデレラ」の絵本を見て強い憧れを持ったことがきっかけではあるようだ。
いつも頑張ってくれているモフルンへのご褒美に、夢の世界でシンデレラ体験をさせてくれた……というところなのだろうが、モフルンはあくまで「魔法界のシンデレラ」に興味を持っていたことや最後のオチを考えると、乙女ちっくな憧れというより「魔法使いに自分もなりたい」という憧れの方が多分に含まれていたと考えられるだろう。
また、これまでもことはが「無から有を創造する」魔法を使う際にスマホンが動作した描写があるため、レインボーキャリッジが現実世界に現れたのも、夢の中で「みらい達を助けたい」という思いにスマホンが反応して新たなアイテムを創造させたということになる。
このようにカオス回に見せかけて、リンクルスマホンの驚異的な力の一端をうかがわせるエピソードであったとも言えるだろう。

その他に

  • 王子との舞踏会と言う事で王宮の場面では『Go!プリンセスプリキュア』のBGMが多数使われているが、その他に王子とモフデレラのダンスではハピネスチャージの映画版『人形の国のバレリーナ』で用いられたヨハン・シュトラウス2世の「ウィーン気質」(サントラ上では「ドール城の舞踏会」と表記)がそのまま流用されている。リコとつむぎ中の人が同じだから、ということはさすがにないだろう。実は姫プリ第9話のノーブルパーティーでの舞踏会BGMや、同作映画『パンプキン王国のたからもの』でみなみがバレエを踊ったシーンで使われていたりと結構流用されている。
  • 王子とモフデレラのダンスシーンでは、よく見ると舞踏会の客の中に勝木かなが怪訝な表情をして紛れ込んでいる(演出助手の豊田百香氏も「夢の世界に巻き込まれたかわいそうな勝木さん」と明言)。校長や補習メイトなど、プリキュア以外の人達が夢の内容を共有していたかはわからないため物語的にかなも同じ夢を見ていたかどうかは不明。他の人達が羨むような顔をする中、一人だけ訝しげに見ていた辺りどちらにせよ他の面々と感性は異なっていたようだ。
  • モフデレラの変身前は頭巾にエプロン姿。予告時点でその姿を見た人の中には、モフルン本来の体型も相まってラーメン屋の店主がタオルを目深にかぶった感じのあの写真を連想した人もいたようである。
  • プリキュア音頭を踊っているプリキュアの3人とモフデレラ。よく見るとサビに入る「プリキュア~♪」の所ではキュアフローラの変身名乗り時の決めポーズを取っている。実は公式のレッスン動画を見ると分かるのだが、ここの箇所は各プリキュアの決めポーズを取ることになっている。モフデレラはともかく、プリキュアたちは本来はおのおのの決めポーズを取るはずなのだが、変身直後でもう一度同じポーズを取ったら滑稽なことになるので、作画的にあえて変えたのかもしれない。
  • 製作局のABC(関西地方)ではこの時期恒例の高校野球中継による時差放送期間に入っていたのだが、この年の高校野球はリオデジャネイロオリンピック開催に伴い、日本の真裏という時差を考慮した日程となったため開会式が8月7日9時から、決勝戦は8月21日開催となった。この為、通例では話数的にトータルで2~3話程度のラグが発生するところが7日は通常通り放送し、翌週の14日は中継で休み、21日に14日放送分の第28話を放送後24日にこの第29話という、第28話に関しては1週、第29話はなんと3日のラグで済むという近年では異例の放送スピードとなった。


関連項目

魔法つかいプリキュア! モフルン
公式が病気 まほプリ第29話ショック

pixivに投稿された作品 pixivで「モフデレラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35465

コメント