ピクシブ百科事典

ニコ(プリキュア)

にこ

映画『スマイルプリキュア!絵本の中はみんなチグハグ!』に登場するオリジナルキャラクター。
目次[非表示]

この記事は物語の核心を含みます。
ネタバレにはご注意ください。

CV:林原めぐみ

概要

映画版オリジナルキャラクター。
「絵本の国」の住人で、みゆき達5人を絵本の世界に導く、というのが事前情報で公開されている。

『絵本の世界』に住んでいる女の子。アホ毛と鳥の翼のようなツインテールが特徴。
みゆきと頭一個分くらいの身長差。追われているところを世界の絵本展覧会へ訪れていたみゆき達に助けられる。
そのお礼として、みんなを絵本世界へ招待する。
どうやらみゆきのことを知っているようだが…?

以下ネタバレ
















正体

彼女の正体はみゆきが幼少の頃に拾った、続きのない絵本の主人公であり、名前の由来は「ニコニコした笑顔でみんなを幸せにする」ことから。
「仲良くなるには笑顔が一番」をモットーにする心の優しい少女で、喧嘩ばかりしていた動物たちを自ら説得し、喧嘩をしていた彼らも和解するほどだが、笑顔が大嫌いな魔王に誘拐された事で、動物達も再び喧嘩を始めてしまった。
しかし、話の途中でページが破られていたため続きがなく、幼かったみゆきが続きを描くと約束したのだが、物語のエンディングを思うように描けなかったため諦めてしまい、いつしか忘れられてしまった。

ニコと魔王


みゆきに見捨てられた事で傷心したニコは魔王につけこまれ、笑顔を(特にみゆきの)を憎むようになる(なお、彼女の憎しみが魔王に力を与えている。おそらく彼女自身が何らかの力を持っていると思われる)。

劇中での活躍

金角と銀角に追われた所をみゆき達に救われ、彼女達を絵本の世界に導くが、みゆき達を待つのはめちゃくちゃにされた絵本の世界だった。これらは魔王と協力したニコの罠で、影から魔王の力を使い、違う世界に迷い込んだ物語の主役たちを洗脳してプリキュアと敵対する。

大ッキライ!
ニコの陰謀


その後、敵になった主役の紅一点、シンデレラが打出の小槌で元の大きさに戻ったのと同時に魔王の影と分離した後、みゆきを「嘘つき」「大嫌い」となじり、みんなを巻き込んだ(四人をプリキュアの使命に巻き込んだことも含めて)と指摘するなど精神的に追い詰めるが、みんなに励まされたみゆきの必死の謝罪や「ニコちゃんに笑顔の大切さを教えてもらった」という言葉に動揺し、彼女に対する憎しみも薄れていく。

姿を表した魔王に閉じ込められてしまうが、必死に自分を助けようとするみゆきや、キャンディ牛魔王に自分の気持ちに素直になるよう説得され、魔王を説得しようとする。用済みとばかりに魔王の攻撃にさらされそうになるも、みゆきに庇われる。彼女を庇って倒れたみゆきを見て、自らの過ちに猛反省。そしてミラクルつばさライトの効果でウルトラキュアハッピーに変身するきっかけを作る。

浄化された魔王と和解し、絵本の世界を荒らした事をみゆき達や物語の人物たちに謝罪。
みゆきに「大嫌いなんて言ったけど、本当はみゆきの事、大好き!」と本心を伝えてわだかまりは氷解した。
EDでは魔王とともに各物語の世界を巡る姿が描かれている。

なお、後発のオールスターズ映画ではモブキャラとしてさえも出演できていない。
ベベルつむぎが「春のカーニバル」でモブ出演の機会を得たにもかかわらず、である。

中の人

中の人はプリキュアシリーズ初出演である林原めぐみ。
林原と言えばアニポケで無印からレギュラー出演している声優の1人で、ムサシを始めフシギダネツタージャなどの多くのポケモンを担当。
スマイルプリキュアでは何かとアニポケ出演者が多く出演している。
ポケモン関連のラジオ番組では、みゆきれいかの中の人がゲスト出演した時にムサシが「林原さんも出てる」とこの映画について語っていた。

関連タグ

スマイルプリキュア ニコちゃん

他作品
真中らぁら…外の人繋がり。

外部リンク

公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「ニコ(プリキュア)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 357352

コメント