ピクシブ百科事典

バッドエンド王国

ばっどえんどおうこく

バッドエンド王国は、スマイルプリキュアの敵組織の名称である。
目次[非表示]

世界よ!最悪の結末、バッドエンドに染まれ!白紙の未来を、黒く塗りつぶすのだ!

概要

お伽話の悪役ばかりが集まった国であり、世界をバッドエンドに変えるため人間界に侵攻してきた。
首領である悪の皇帝ピエーロと、ウルフルンアカオーニマジョリーナ三幹部+ピエーロ直属の配下であるジョーカーで構成される。
かつては他にも多数の手下がいたようで、かなりの大軍を従えていたようだが(第6話より)、現在は上記5人以外にキャラの存在は無い様子。
ピエーロはメルヘンランドの女王・ロイヤルクイーンによって封印され、3幹部は人々の負の感情から産まれるバッドエナジーを吸収し、それを用いてピエーロの復活を目論んでいる。

…というのは『伝説の戦士の絵本(プリキュアの絵本)』に書かれていたシナリオであり、実際には3幹部はピエーロのことを知らないなど、この絵本に書かれていたこととはいくつかの矛盾が発生していることから、上記のことは本当の話ではない可能性もある。
次々回敵組織に比べて国家としての実態は薄く、新キャラの導入が一切行われていない事から個々の戦闘力が低くなくても歴代で最も人材が不足している組織と言える。

構成員

上層部

ピエーロ(声:玄田哲章
全てを怠惰な世界に…
バッドエンド王国の頂点に君臨する「悪の皇帝」。人間の負の感情から生まれた存在。かつてメルヘンランドに侵攻した際、ロイヤルクイーンに封印された経緯をもつ 。「バッドエナジー」の力で復活を果たすが、最後はプリキュアの浄化技を受けて消滅した。
ジョーカー(声:三ツ矢雄二
ジョーカーさん
ピエーロの側近を務める道化師風の男性怪人。王国内では三幹部の助言役として振る舞い、彼らにピエーロの意思を伝える役割を担う。最終決戦ではバッドエンドプリキュアを使役してプリキュアに襲いかかるが、最後は復活したピエーロに吸収されて消滅した。


三幹部

いずれも元々はメルヘンランドに住む妖精で、そこでは絵本の悪役として周囲から忌み嫌われていたが、ジョーカーの誘惑によってバッドエンド王国へと寝返った。

ウルフルン(声:志村知幸
きょうのわんこ
バッドエンド王国の幹部を務める人狼風の男性怪人。元々はメルヘンランドに住む「ウルルン」という妖精。最終決戦では「黒っ鼻」の力でプリキュアに挑むが、最後は彼女たちの浄化技を受けて元の姿に戻り、改心した後は故郷へと帰還した。
アカオーニ(声:岩崎ひろし
バッドエンドに染まるオニ!
バッドエンド王国の幹部を務める赤鬼風の男性怪人。元々はメルヘンランドに住む「オニニン」という妖精。最終決戦では「黒っ鼻」の力でプリキュアに挑むが、最後は彼女たちの浄化技を受けて元の姿に戻り、改心した後は故郷へと帰還した。
マジョリーナ(声:富永みーな
バッドエンドに染まるだわさ!
バッドエンド王国の幹部を務める魔女風の老婆。元々はメルヘンランドに住む「マジョリン」という妖精。最終決戦では「黒っ鼻」の力でプリキュアに挑むが、最後は彼女たちの浄化技を受けて元の姿に戻り、改心した後は故郷へと帰還した。

バッドエンドプリキュア

物語終盤にて登場。いずれも浄化された三幹部の「醜い心」から生まれた存在で、生みの親であるジョーカー曰く「心のない戦闘マシーン」。

バッドエンドハッピー(声:福圓美里
バッドエンドハッピー
キュアハッピー似の少女。他人が不幸になっても平然とする自己中心的な性格。ジョーカーの指示でハッピーに襲いかかるが、最後は彼女の浄化技を受けて消滅した。
バッドエンドサニー(声:田野アサミ
ブラック・サン
キュアサニー似の少女。破壊衝動をもつ狂人的な性格をしている。ジョーカーの指示でサニーに襲いかかるが、最後は彼女の浄化技を受けて消滅した。
バッドエンドピース(声:金元寿子
れんしゅう
キュアピース似の少女。卑劣な作戦を平然と行う性悪な性格をしている。ジョーカーの指示でピースに襲いかかるが、最後は彼女の浄化技を受けて消滅した。
バッドエンドマーチ(声:井上麻里奈
センシティブな作品
キュアマーチ似の少女。弱者を徹底的に痛めつけようとする戦闘狂な性格をしている。ジョーカーの指示でマーチに襲いかかるが、最後は彼女の浄化技を受けて消滅した。
バッドエンドビューティ(声:西村ちなみ
バッドエンドビューティ
キュアビューティ似の少女。外見の美しさ以外を認めない冷徹な性格をしている。ジョーカーの指示でビューティに襲いかかるが、最後は彼女の浄化技を受けて消滅した。

怪物

アカンベェ(声:佐々木啓夫
アカンベェ
バッドエンド王国が使役する怪物。メルヘンランドの「キュアデコル」をピエーロの力で「赤っ鼻」に変え、それを物体・生物に融合させて誕生する。その他にも「青っ鼻」の防御個体、「黄色っ鼻」の強力個体が登場する。
スーパーアカンベェ(声:佐々木啓夫)
アカンベェ(4)
通常のアカンベェよりも強力な怪物で、物語の中盤で登場する。2つの「赤っ鼻」を1つに融合させた「デカっ鼻」から誕生する。その強さが災いして召喚者にも危害を加える危険性をもつ。
ハイパーアカンベェ(声:佐々木啓夫)
今週のハイパーアカンベェ
スーパーアカンベェよりも強力な怪物で、物語終盤で登場する。「赤っ鼻」を黒い絵の具で塗りつぶした「黒っ鼻」から誕生する。召喚者と融合できるが、召喚者の命を縮めるという欠点をもつ。
絶望の巨人(声:佐々木啓夫)
絶望の巨人
ピエーロが使役する巨大な怪物たち。「バッドエナジー」から生まれた存在で、周囲を荒野に変える能力をもつ。ピエーロがメルヘンランドに侵攻した際にも使役された。
ピエーロモンスター、ピエーロ軍団(声:不明)
【スマプリ】 お前の股間にハッピーシャワー 【キュアハッピー】
ピエーロが使役する5体の巨大な怪物。「ピエーロモンスター」は3つの顔を持つライオン型、クモ型、草が生えた恐竜型、2つの顔を持つヘビ型、蝶々型が登場する。「ピエーロ軍団」は道化師のような顔をした人型の姿が特徴。いずれも「バッドエナジー」から生まれた存在で、名称は設定資料集によるもの。


特徴

三幹部はいずれも有名なおとぎ話の悪役(実在動物、東洋伝説、西洋伝説から1つずつ、それぞれ魔女という代表的な者を抜粋したと思われる)をモチーフとしており、本拠地もそれらのイメージに合わせた風景になっている。

幹部とジョーカーはそれぞれ「闇の絵本」という何も描かれていない白紙の本を持ち、そのページに「闇の黒い絵の具」を塗りたくることによってバッドエンド空間を発生。周囲にいる生物たちに深い絶望感や無気力感を与え、バッドエナジーを吸収する。
バッドエナジーを生み出す犠牲者になるのは主に人間たちだが、メルヘンランドの妖精でもバッドエンド空間に閉じ込められれば同じように悪影響を受ける(第24話)。それどころか、昆虫(第11話)やアマゾン川の生物(第30話)など、およそ知性や心がなさそうな生物からでさえバッドエナジーが発生する。
プリキュアに選ばれるとバッドエンド空間の中でも悪影響を受けずに行動できるようなる。また、プリキュアでなくても強い意志や刺激があれば悪影響から開放されることもあり、絶望・無気力を覆す力があれば案外大丈夫なようだ。事実、星空みゆきはプリキュアになる前からバッドエンド空間の悪影響を受けていなかった。ちなみにキャンディとポップ、そしてみゆきの祖母である星空タエにも無効。逆に圧倒的な絶望が襲い掛かった場合、たとえプリキュアといえどもバッドエナジーを放出してしまう。
また、闇の絵本を使うと使用者に合わせて周囲の景色が変化する(ウルフルン→満月の夜、アカオーニ→夕焼け空、マジョリーナ→蜘蛛の巣が張り巡らされる、ジョーカー→紫の曇り空)。
バッドエンド空間の射程距離は町一つを覆える程度(数キロメートルぐらい)であり、その中はある種の結界となっており、周囲や第三者に自分たちの戦いがバレることはまずない。
なお、破壊が目的ではないためか、バッドエンド空間で破壊された物体は空間が解除されると元に戻る。

また、バッドエナジーを吸収する際に場所は不明だが(おそらくバッドエンド王国だと思われる)時計らしきものの針が進む描写がある。この針が一回りすることによって皇帝ピエーロが復活する(23話)。
基本的にはバッドエンド空間を一回発生させたら針が一目盛り分だけ進む。
その一回で街全体を絶望に満たしても一目盛分しか針が進まない。
と思ったら、その一回で子供二人、果ては花壇にいた虫数匹に絶望感を与えた程度でも針が一目盛り分動く。
バッドエナジーの質とか量とかは関係ないのだろうか…。
これらのことで分かることは、バッドエナジーの吸収が手軽かつ無差別にできることである。従来シリーズの敵勢力のように悪事の計画を練ったり、イケニエとなる一般人を探して街を探索する必要がない。いつでもどこでも何も考えずとも、闇の絵本を開けばそれだけでバッドエナジーを生み出すイケニエが生まれて針が進む。この点から見れば歴代でも一番厄介な敵勢力である。

闇の絵本は、三幹部自らの戦闘用パワーアップにも用いることができ、ウルフルンは狂暴化、アカオーニは巨大化し、マジョリーナに至ってはなんと若返った

三幹部は基本的に、ピエーロがメルヘンランドから奪い取ったキュアデコルの力を利用して生み出したアカンベェ(キュアデコルを用いずに生み出したものもある)を使用してプリキュアと戦うが、肉弾戦を行うこともある。

三幹部は最初こそいがみ合っているような描写が見られたが、実際にはそれなりに仲良くやっている様子。また、初期の頃は言動や行動に悪役らしさが感じられたものの、だんだんボケをかますことが多くなり、詰めが甘くて結果的に敗れることなどから、タイムボカン三悪を連想させる、「愛すべき3バカトリオ」とも言えるだろう。
上述した通りバッドエナジーの吸収には計画など不要なので、闇の絵本を開く気になるまでは、人間界をエンジョイしたり自分の趣味に没頭してたりする様子も頻繁に描かれていた。しかし逆に言えば、そんなお茶目な連中が、軽い気持ちで闇の絵本を開くことで絶対的な絶望を世界に蔓延させているのである。彼らの陽気で無邪気な側面はむしろ不気味さを強調していた。

その他の特徴

ちなみに全員、人間の文字(平仮名・片仮名はもちろんの事、漢字からローマ字まで)を読む事が出来る。

あとニチアサ&中の人繋がりだからといって、くれぐれもゴリサキがラスボスなどと言ってはならない(もっとも、あちらの敵組織目的怪人を生み出す方法も酷似しているが)。

そして、ついに3幹部のキャラソンが『スマイルプリキュア!ボーカルアルバム2 ~みんな笑顔になぁれ!~』でリリースされた。

劇中の活躍

第1話から順調にバッドエナジーを集め続け、第23話にてピエーロが復活した。

その第23話にてプリキュアとの総力戦になる。ウルフルンvsキュアサニー、アカオーニvsキュアピース、マジョリーナvsキュアマーチ、ジョーカーvsキュアビューティポップ、アカンベエvsキュアハッピーの構図になり、一時はプリキュアを壊滅寸前にまで追い込むが、キャンディを助け、みんなと一緒に帰る約束のために奮起したプリキュアの前に逆転を許し敗北。
復活した皇帝ピエーロもプリンセスフォームとなったプリキュアの新必殺技、プリキュアレインボーバーストで打倒され、完全復活を果たせなかった。

第24話にて彼らはまだ生きていることが判明。そしてピエーロ完全復活には更にメモリ18個分のバッドエナジーを貯めなければならないらしい。
しかし、第27話以降はバッドエナジー収集に失敗したり、デカっ鼻にキュアデコルを二つ使っている関係上デコルをプリキュア側に大量に取られ、そして最強と謳われた黒っ鼻アカンベェも破られてかなり劣勢に立たされている。そして第40話以降、三幹部はジョーカーから最後通告を受ける。

第45話で三幹部は最後の黒っ鼻を自分たちのパワーアップに使用して戦い、圧倒的な力でプリキュアたちを追い詰めるが、キュアハッピーの優しさに触れて自ら浄化され、メルヘンランドの妖精だったころの姿に戻った。

第46話ではバッドエンドプリキュアとの戦いの最中にジョーカーが地球上のありとあらゆる生き物からバッドエナジーを集め、ピエーロ完全復活に必要なバッドエナジーを遥かに超える量のバッドエナジーをピエーロの卵に捧げたことで、ピエーロは最強状態となって復活。そしてジョーカーも自ら黒い絵の具と化してピエーロに取り込まれて消滅した。

第48話にてピエーロはウルトラ化したプリキュアロイヤルキャンディによって浄化され消滅。そして、バッドエンド王国の三幹部だったウルルン、オニニン、マジョリンもメルヘンランドで幸せに暮らしていることが「プリキュアの絵本」の中で語られた。

出撃一覧

幹部が人間界へ出撃するのは基本的に1人ずつ。
第17話では珍しく三幹部が全員人間界へ出向いたが、ウルフルンとアカオーニはお笑いコンテストに参加する目的だったため出撃したとはいえないだろう(実際コンテストでの自分たちの番が終わった後に帰っていった)。
第23話ではプリキュアがバッドエンド王国に乗りこんできたため、出撃というよりは迎撃という形になったがここに示すことにする。この時は全員で戦っている(但しチーム戦ではなく、1vs1ずつに分かれてのタイマンであった)。
それ以降は3幹部全員が一斉に出撃することが多くなっている。
第29話ではゲームニスイコマレールの世界でプリキュアと「木曜19時の某フジテレビ番組」さながらのゲーム対決を展開。アカンベェを召喚したのはマジョリーナである(ゲーム内にたくさんいた緑っ鼻アカンベェは誰が出したのか不明)。プリキュアとのゲーム対決をして、様々なインチキをしたにもかかわらず11戦全敗。ただし、この勝負の結果として夏休みの宿題をするのを妨害するという点だけは成功している。
第35話でも3人揃って人間界のおもちゃ屋に登場。このときはウルフルンとアカオーニがアカンベェを召喚。ちなみに複数の幹部が同時にアカンベェを繰り出したのは今のところ、この回が唯一である。
第37話では、今度は3人が人間化して七色ヶ丘中学校に登場。生徒会長になって生徒たちを部下にしようとしたが、アカオーニがドジを踏んだこととれいかの活躍によってそれは阻止された。アカンベェの使用者はウルフルンである。
第38話ではマジョリーナが発明品の「コドモニナール」を探すために人間界へ出撃。発明品で幼児化したウルフルンとアカオーニも元の姿に戻るためにマジョリーナを追いかけて人間界に行ったが、プリキュアと遊んでおり、戦力にはならなかった。
第39話ではメルヘンランドに伝わる絵本「はじまりのシンデレラ」を奪うために3人揃って出撃。絵本の中ではウルフルンとアカオーニがみゆきが演じるシンデレラの姉、マジョリーナがシンデレラの継母を演じた。

話数出撃者アカンベェのモチーフ
第1話ウルフルン
第2話ウルフルンバレーボール
第3話アカオーニやよいが描いた絵
第4話アカオーニサッカーゴール
第5話マジョリーナ鏡(の絵)
第6話マジョリーナ空き缶
第7話ウルフルン森の木
第8話マジョリーナ公園の遊具
第9話アカオーニローラー
第10話ウルフルンお好み焼きのソース…と見せかけて接着剤
第11話マジョリーナタンポポ
第12話ウルフルンガチャガチャ
第13話アカオーニ『大凶』のおみくじ
第14話マジョリーナ通天閣
第15話ウルフルンカーネーション
第16話アカオーニ問題集
第17話マジョリーナFUJIWARAの看板(2体)
第18話アカオーニ玉入れの籠
第19話ウルフルンやよいが作った狐の折り紙
第20話マジョリーナびっくり箱
第21話アカオーニ七夕の笹
第22話ジョーカーアカンベェを使用せず
第23話全員
第24話ウルフルンお菓子の家
第25話アカオーニかき氷
第26話マジョリーナ天狗のお面+水風船×2+輪投げ
第27話ウルフルン蚊遣り豚
第28話マジョリーナ七色ヶ丘中学校校舎
第29話3幹部観覧車
第30話アカオーニピラニア
第31話ウルフルンショベルカー
第32話ジョーカー怠け玉の世界のジェットコースター
第33話アカオーニ映画撮影用のカメラ
第34話マジョリーナエレキギター
第35話3幹部ロボットアニメ「鉄人戦士ロボッター」の悪役「ワルブッター」の玩具
第36話ウルフルン鍵型ペンダント
第37話3幹部投票箱
第38話3幹部どんぐり
第39話3幹部ガラスの靴
第40話ウルフルンバレーボール
第41話アカオーニやよいが描いたマンガの悪役
第42話マジョリーナリンゴ
第43話ジョーカー
第44話ウルフルンレンガの家
第45話3幹部アカンベェを使用せず、自らのパワーアップに使用
第46話ジョーカー、BEプリキュア-
第47話ピエーロ、絶望の巨人-
第48話ピエーロ-

余談

ウルフルン、アカオーニ、マジョリーナのを演じる3名の声優が個人で企画している3幹部イベントがしばしば開催されている。

関連タグ

スマイルプリキュア ウルフルン アカオーニ マジョリーナ ジョーカー(プリキュア) ピエーロ アカンベェ

ゾディアーツヴァグラスニチアサ同期の敵対勢力。

プリキュア歴代敵組織

マイナーランドバッドエンド王国ジコチュー

関連記事

親記事

スマイルプリキュア すまいるぷりきゅあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バッドエンド王国」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1056356

コメント