ピクシブ百科事典

オール・アロング・ウォッチタワー

おーるあろんぐうぉっちたわー

ジョジョの奇妙な冒険の外伝小説「恥知らずのパープルヘイズ」に登場するスタンドの一つ。

本体:カンノーロ・ムーロロ

破壊力:Cスピード:B射程距離:A
持続力:A精密動作性:A成長性:E

概要(ネタバレ注意)

53枚で一組となったトランプと一体化した、群体型スタンド。使用者はジョルノ・ジョバァーナの部下の一人で、本作でのフーゴの同行者、カンノーロ・ムーロロ
フーゴ達には占いの能力を持つ「劇団《見張り塔》」と称していたが、本来の能力は「暗殺団」。
トランプの薄さと小ささによる奇襲性に、長い射程距離、低すぎず高すぎずの破壊力を持つ、隠密行動・情報収集向けのスタンドである。

時には使用者などが拍手をはじめとするご機嫌とりを行うことで、情報などを占う能力を持つスタンドとしてコミカルで怪しげな行動をとるが、これらは演技。
もっとも、計算ずくで道化じみた行動が行えるだけの精密動作性を持っていることの表れともいえる。

本当の能力は「他のスタンド能力の効果をトランプの一枚だけが受ける」こと。発動すれば即死させるような能力も、永続的に本体を蝕む能力も、ムーロロへの影響は53分の1に軽減される。
直接戦闘力は不明だが、上述の高いパラメータを証明するように墜落するヘリから生還するくらいのパワーはあり、加えて搦め手もほぼ無効とインチキじみた強さのスタンドである。
ムーロロもかつては自分は無敵だと思っており、その気になれば誰でも殺せると慢心していたが、同時に心に空洞を抱えており、自分でも自分を信じていないためにスタンドがバラバラに分裂してしまったと自己分析している。

作中ではビットリオ・カタルディのスタンド「ドリー・ダガー」を相性差によりほぼ完封して自滅させた。アンジェリカ・アッタナシオのスタンド「ナイトバード・フライング」についても軽減し、能力の影響下でも問題なく行動している。ヴラディミール・コカキとの戦闘では流石に焦っていたが、演技か本気かは不明(相性勝ちできそうなものだが、コカキはビビっても無理もないくらいの大物ではある)。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 恥知らずのパープルヘイズ カンノーロ・ムーロロ

関連記事

親記事

恥知らずのパープルヘイズ はじしらずのぱーぷるへいず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「オール・アロング・ウォッチタワー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70

コメント