ピクシブ百科事典

カンノーロ・ムーロロ

かんのーろむーろろ

『ジョジョの奇妙な冒険』第5部の外伝小説、『恥知らずのパープルヘイズ』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

ギャング「パッショーネ」情報分析チームの一員。32歳。

ボルサリーノ帽など古いイメージのギャングそのままの姿をし、年長者であることにこだわるなど小物臭が漂う男。

暗殺チームからの依頼でペリーコロが焼却した写真を復元してギアッチョに渡した為、麻薬チームの始末を命じられる。つまりミスタジョルノがギアッチョと戦う羽目になったのはこいつのせい。
それどころか暗殺チームとボスにお互いの情報を流した張本人であり、どちらが勝っても良いように立ちまわっていた。ソルベジェラートが拷問され、最終的にリゾットが『ひとりではレなない』するまでの全てがムーロロによって引き起こされたといっていい。

この性質からコカキからも「貴様の様なヤツが世界を歪ませる」と忌み嫌われ、戦闘においてもいいところなくアンジェリカのスタンド攻撃によって乗っていたヘリごと墜落した…?

スタンドは劇団〈見張り塔〉。
トランプと一体化した、全53体の群体型スタンド。本体がトランプタワーを作ることで発動し、ムーロロが知りたいことを舞台劇の様に演じる…?




















ネタばれ注意!

実はヘリから脱出しており、本来の任務である石仮面の破壊のため単独行動を開始していた。
フーゴシーラEと共に麻薬チーム壊滅の任務を受けていたのは偽装のため。

小物臭い性格も偽装であり、本来は冷静かつ余裕のある性格。以前は生まれた時から希望のない人生を過ごし、パッショーネに入団してからもそのスタンドの強力さから「自分はその気になれば誰でも殺せる、無敵の存在である」「誰の為であっても、俺がストレスを感じる事は許せない」と慢心した薄っぺらい人生を過ごしていた。
しかしその本質をジョルノに見抜かれた結果、生まれて初めて「恥」という感情を感じ、ジョルノに心から服従するようになる。

石仮面の回収にきたビットリオから石仮面を強奪、破壊。
ビットリオとの戦闘では、能力の相性差から攻撃をほぼ無効化。ビットリオにジョルノへ服従することを勧めるがビットリオは死ぬまで自身の能力を使用し、ムーロロにわずかな傷を残して力尽きる。
仲間を裏切らず最後まで戦い抜いたその姿に敬意の一礼を送った。
その後、任務を終えたフーゴたちと合流し帰還する。




スタンド<オール・アロング・ウォッチタワー>

物語の結末


【破壊力 - C / スピード - B / 射程距離 - A / 持続力 - A / 精密動作性 - A / 成長性 - E】
その本来の能力はカードとしての薄さを利用した情報収集、暗殺に適した群体型スタンド。前述の能力は情報収集の結果を伝えていただけである。

ムーロロが無敵と自負するだけありそのスペックは非常に高い。同じ群体型スタンドであるバッド・カンパニーハーヴェストと比較してもバッド・カンパニーの破壊力と両スタンドの成長性以外は互角以上の性能である。

その高い基本性能に加えて「他のスタンドの特殊能力の影響をトランプの1枚だけが肩代わりする」能力を持つ。つまりスタンドの特殊能力の効果を53分の1に軽減する非常に優秀な防御能力である。

因みにムーロロがスピードワゴン財団の研究者から得た情報によると、彼やリゾット、形兆、重ちーのような群体型スタンドの本体は心に何らかの欠落を抱えているという。



関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
恥知らずのパープルヘイズ パンナコッタ・フーゴ シーラE
ジョルノ・ジョバァーナ

pixivに投稿された作品 pixivで「カンノーロ・ムーロロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7887

コメント