ピクシブ百科事典

輪切りのソルベ

わぎりのそるべ

「輪切りのソルベ」とは、「ジョジョの奇妙な冒険」第5部のキャラクター、ソルベの末路である。作中におけるソルベの二つ名ではなく、あくまでファンの間での呼称なので注意されたし。
目次[非表示]

概要

ジョジョの奇妙な冒険第5部、黄金の風の登場人物・ソルベ及び、所属していた暗殺チームに起きた事件。

暗殺チームの一員であるソルベとジェラートは、ボスの正体を掴み、麻薬のルートを横取りしようとする。
だがそれは、組織を敵に回したも同然の行為だった。

ある日、ジェラートは自宅で死んでいるのを発見された。
その死体には「罰」と書かれた紙が貼られていた。
顔は恐怖に染まり、死因は布きれを喉の奥まで飲み込んだための窒息死である。
同時にソルベも行方不明になり、メンバーが八方手を尽くしても見つからなかった。

数日後、暗殺チームの元に小包が36個も届く。
小包の中身は、額縁付きの、謎の物体。
それらを全て並べた時、暗殺チームのメンバーは皆、表情が凍り付いた。

それは、「ホルマリン漬け」にされた、「輪切り」のソルベだった!

なんと、ソルベは身体を36等分に切断されたのである。
その後、パーツごとにホルマリン漬けにされた。
死体の恐怖に歪んだ表情から、生きたまま切断されたと思われる。
ジェラートはその様子を見物させられ、恐怖のあまり猿轡を喉に詰まらせ死んでしまったのだ。
この残忍性・猟奇性ともに極まった行為は、「組織に逆らえばどうなるか」を如実に示していた。

この一件以降、暗殺チームはボスに逆らう気も失せ、組織の従順な下僕として働き続けることとなった。
ボスの娘である、トリッシュの存在が判明するまでは…

アニメでは

原作でも屈指の残虐な描写故に、黒塗り規制されるのでは?と言われていたが、かなり忠実に再現された。さすがに無修正とは行かず、修正が入っていたらしい。違和感がないようスタッフがいかに気を配っていたかがわかる。
アニメオリジナルのシーンも挿入されてあり、

  • ホルマジオがある男の暗殺を開始するシーンから回想が始まっており、成功させてアジトに帰還したところで、原作では未登場だったリゾット以下、チーム全員が姿を見せる。
  • その席上でリゾットがソルベとジェラートの不在を指摘し、「金にがめついソルベが分け前の場にいないのは妙だ」と異変に気付く。
  • ジェラートの死体をホルマジオが発見した際、部屋が血の海になっており、ソルベの処刑がここで行われた事が示唆されている。
  • ペッシが額縁の中の足の指を見て、ジェラートとお揃いのペディキュアであることに気付く。
  • ソルベを切断しているのが、チョコラータらしきシルエットになっている。側にはビデオカメラで撮影しているセッコらしき影もいる。
  • チームは二人の葬式を挙げ、リゾットは「二人のことは忘れろ」と言うが、最後まで教会に残る。
といったシーンが追加されている。

また、原作ではジェラートに貼られていた紙に書かれていた文字が、舞台がイタリアなのに日本語の「罰」一文字だったのに対し、アニメではイタリア語の「Punizione(プニツィオーネ)」に修正されている。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
暗殺チーム ソルベ(ジョジョの奇妙な冒険) ジェラート(ジョジョの奇妙な冒険)
R-18G グロ注意 ホルマリン漬け

関連記事

親記事

pixivに投稿された作品 pixivで「輪切りのソルベ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24926

コメント