ピクシブ百科事典

ホワイト・アルバム

ほわいとあるばむ

ホワイト・アルバムとはジョジョの奇妙な冒険に出てくるスタンド能力の一つである。
目次[非表示]

もしかして:WHITEALBUM

概要

ホワイトアルバム


ジョジョの奇妙な冒険の登場人物、ギアッチョの使用するスタンド。

データ

破壊力スピード射程距離持続力精密動作性成長性
評価ACC(10m:能力射程)AEE

A(超スゴイ)、B(スゴイ)、C(人間と同じ)、D(ニガテ)、E(超ニガテ)

本体がスーツの様に身にまとう装着型のスタンド。デザインはネコミミ風のスピードスケートスーツに見える。

極低温を操り、周囲にあるものを冷却し凍らせる。その超低温は生命を生み出すスタンドゴールド・エクスペリエンスですら生命を産み出せない程の極寒地獄を作り上げる。スーツは強力なパワーで固定されており防御力も非常に高く、ピストルの弾丸程度では軽く凹ませることしか出来ず、スタンドの拳をラッシュで食らってもビクともしないほど頑丈。さらに凍結させた路面を靴底に形成したブレードでスピードスケートのように滑ることで、高速追撃も出来る。


唯一の弱点はうなじの辺りにある空気を取り入れるための穴。
しかし冷却能力を最大限に発揮すれば周囲の空気すら凍らせる(つまり-210℃以下の冷却能力を持つ)ことができ、凍らせた空気を酸素ボンベのように取り込んでスーツ内で解凍することで穴を塞いでも呼吸が可能。
これにより穴を塞いだ状態で戦闘ができ、弱点を突く事も困難となる。
もう1つ弱点を上げるとすれば、無差別に液体を凍らせるという特徴から、バイザーの透明部分に汚水や血液をかけられると、色のある液体が凍ってこびりつき視界が遮断されるという点である。

  • 「ホワイト・アルバム ジェントリー・ウィープス(静かに泣く)」
ホワイト・アルバムの奥の技。凍結させた空気の塊を周囲に無数に浮かべ、透明の防御壁とする。これにより標的が放った弾丸等を標的自身に跳ね返す事も可能。ただしスタンドパワーの消費が激しい諸刃の剣であり、長くは持たない技である。

余談

スタンド能力について

同じ氷結系スタンドである第3部のDIOの館の番鳥ペット・ショップの『ホルス神』とはよく引き合いに出されるが、ホルス神の方は「水分を凍らせて氷を作り、それを操るスタンド」らしく、ホワイト・アルバムとは異なる能力である。

「車に追いつける機動力」「銃弾を一切通さず、車に轢かれても無事なほどの防御力」「近距離における凍結の絶対的な攻撃力」とほとんど欠点が見当たらない、ジョジョ全作品の中でもストレートに最強クラスの能力であろう。単純な能力ほど応用が利き、強力だという好例である。イエローテンパランスオアシスと並んで「身に纏うスタンドは強い」という共通認識も作り上げた。

まともな肉弾戦ではスタープラチナですら危ういのではないだろうか。対極に位置するマジシャンズレッドとの対決も気になるところであるが、操れるエネルギー量的にはこちらはMAXで絶対零度の−273.15 ℃であるのに対し、あちらは数千度の炎熱を操ることから単純な真っ向勝負では相当分が悪いと思われる。

非常に高い防御力とカウンターを持つ故に、メタリカのような内部から攻撃可能なスタンドもしくはクリームザ・ハンドのような防御不可能な攻撃手段を持つスタンドでないと、ホワイト・アルバムの攻略は難しい。

生命が産み出せなくなる程の低温ということを考慮すると、殺人ウイルスや殺人カビの能力を持つパープル・ヘイズグリーン・デイのウイルスやカビを超低温で死滅させることも可能なのかも知れない。
さらには、攻撃範囲も広く、首の空気穴を除いて全身が強力な防御状態にあることから、メイド・イン・ヘブンに対抗出来るスタンドの候補に上げられることもある。

出典:コミックス55巻/SPW財団 新ジョジョ研究部署(本部)→スタンド大解析

名前の由来

名前の由来は、ビートルズのアルバム『The Beatles』。バンド名と同じという紛らわしい名前のため、真っ白なジャケットから「ホワイトアルバム」の通称で呼ばれた。
ジェントリー・ウィープスの由来は、同アルバムに収録された楽曲『While my guiter gently weeps』から。

アニメ版での追加描写

暗殺チーム全員が仲間粛清された姿を目の当たりにした時、動揺したギアッチョからこのスタンド能力が漏れ出てしまっている。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
スタンド 暗殺チーム ギアッチョ
パワードスーツ 猫耳 凍結

関連記事

親記事

スタンド すたんど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ホワイト・アルバム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 160921

コメント