ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

これはもう『爪』を超えた……『牙』だ

これからは『牙(タスク)』と呼ぶ!


本当に本当に なんて遠い廻り道……

『LESSON5』はこのために……


概要

第7部「スティール・ボール・ラン」の主人公の一人、ジョニィ・ジョースタースタンド

ジョジョの歴代主人公では初の遠距離型スタンド。終盤までスタンドのビジョンによる戦闘はなく、その点でも異色と言える。


基本的には、本体であるジョニィの爪を回転させ、カッターのように物体を切り裂いたり、爪を弾丸のように射出したりすることができる、というもの。射出した爪は『爪弾(つめだん)』と呼ばれる。

射程距離は10mぐらいだが、切断伝導範囲は数mと思われる。また、回転は10数秒持続する模様。

同じ「成長するスタンド」であるエコーズ同様に、本体であるジョニーの精神的な成長に応じてパワーアップするが、エコーズとは違ってその過程には自然界に存在する『黄金の回転』の認知や実践も関わってくる。


名前の由来は、フリートウッド・マックのアルバム『牙(タスク)』より。

ストーリー上は上記のセリフにあるように「爪以上のパワーを持つ」ことに因んで、ジョニィ自身がつけた。ただし作中では能力そのものが『爪弾』と呼ばれることが多く、『爪(タスク)』という風に表現されることまである。牙はどこいった。


タグは「タスク」で登録されていることが多い。


ACT1

ビックリマン×ジョジョ No.6 タスクACT1

聖人の左腕がジョニィに取り憑いた事で誕生した第一段階。

詳細はタスクACT1へ。


ACT2

ビックリマン×ジョジョ No.7 タスクACT2

『黄金の回転』を学んだことで進化した第二段階。

詳細はタスクACT2へ。


ACT3

ビックリマン×ジョジョ No.8 タスクACT3

アクセル・ROとの交戦中に進化した第三段階。

詳細はタスクACT3


ACT4

ビックリマン×ジョジョ No.9 タスクACT4

次元の壁、時が停まった世界でも突き抜ける第四段階。

詳細はタスクACT4


余談

以上に述べたようにスタンドのビジョンそのものが大型化していくが、ACT1から4に至るまで、変わらずチュミミ~~~ンという特徴的な鳴き声を発する。


物語序盤では「爪を飛ばす」という主人公にしてはパッとしない能力だったが、成長するごとに凶暴性を増し、最終的にファンから絶対殺すマンなどと呼ばれるようになった。

『最強のスタンド議論』では必ず名前が挙がる、チートスタンドのひとつである。


関連項目

ジョジョの奇妙な冒険 スティール・ボール・ラン

ジョニィ・ジョースター

スタンド ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧


「ACT〜」というカウント方式で成長するスタンドという共通点を持つ。実は本体の中の人も同じである(ASBEoHのジョニィ / テレビアニメ版康一)。

関連記事

親記事

ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧 じょじょのきみょうなぼうけんすたんどいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 375783

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました