ピクシブ百科事典

ジョニィ・ジョースター

じょにぃじょーすたー

ジョニィ・ジョースター とは『ジョジョの奇妙な冒険』第7部の主人公の一人である。
目次[非表示]

『飢えなきゃ』勝てない
ただし あんなDioなんかより ずっとずっと もっと気高く『飢え』なくては!

概要

第7部『スティール・ボール・ラン』の主人公のひとり。ジョニィ、もしくはジョーキッドの名で呼ばれるが、基本的には前者の方で統一されている。
5歳の頃から才能を見せていた天才ジョッキーだったが、有名になるうちに兄の死やの言葉もあったためか次第に高慢になっていった。
2年前、当時付き合っていた恋人にせがまれて映画館に入ろうとしたところ、「ジョニィ・ジョースターなら列を無視して入っても大丈夫」とささやかれ、先頭に並んでいた小男の前に割り込んでしまう。当然咎められたが、金で買収した映画館の人たちを使って追い出すことで黙らせようとする。その結果、キレた小男から腰を銃撃され、下半身不随となってしまった。以降は、落ちぶれた天才として煮え湯を飲まされる人生を過ごすこととなった。

Cowboys


その事を後悔しながら生きていたが、スティール・ボール・ランレースのスタート地点で謎の男・ジャイロ・ツェペリと出会い、自分の足を動かした鉄球の回転の秘密に希望を持ち、レースに参加。レース中はジャイロと協力関係という形で行動を取ることとなる。

家に…帰ろう


レース参加に際して選んだ馬の名前は『スローダンサー』。他の参加者の馬と違って高齢だが、その分知識と経験に溢れている。

レース序盤で『悪魔の手のひら』に遭遇し、そこを通過。
その際にミイラ化した遺体が左腕に取り憑き、スタンド能力を得た。
更にそのスタンドが動かないはずの自身の足を動かしたため、『マイナス』である自分を『ゼロ』に戻すべく遺体を集めることを決意した。
自分達に襲い掛かってくるテロリスト達の目的が自分の所持している『遺体』であることを知ってはいるが、『遺体』が何なのか、なぜテロリストが奪おうとしているのかについては知らない。

劇中の冒頭と終盤で語っている通り、これは『ジョニィが歩き始める物語(再生の物語)』である。

なお、本編から100年以上の未来を描く第8部『ジョジョリオン』では、(当然ながら)既に故人ではあるものの、意外なところで名前が登場し、彼のその後も明らかとなった。

人物

誰が『正義』で誰が『悪』だなんて どうでもいいッ!!
『遺体』を手に入れて 自分の『マイナス』を『ゼロ』に戻したいだけだッ!!

性格

登場当初は一人称が「オレ」で言葉遣いも少々悪かったが、すぐに「僕」に統一され、口調も大人しめのものになった。
物語序盤では歴代ジョジョに比べて精神的未熟さや弱さ、利己的な面がかなり目立つ。上記の半身不随の経緯や頼りない面から、読者の間ではネタにされる事も。また、下半身不随になったことについては、「恋人がせがまなければオレは映画館なんかに行かなかった」と独白しており、自分の非については一切認めていない。
しかしその一方で、目的へ向かおうとする意思は恐ろしい程であり、時には手段を選ばない。その覚悟と美しさを持った殺意リンゴォから漆黒の意思を持つ者と評された。
そして、レースや、遺体を狙う追っ手との闘い、ジャイロとの関わりを通して成長していく。第6部の主人公、空条徐倫と並んで成長の幅が大きいと評されるキャラである。

とはいえ、終盤においても金で相手を買収しようとするところは2年前と変わっておらず、成長した今でも「下」と見た相手に対しては傲慢な態度を取る。これもまた『目的へ向かう意志』の表れと考えるべきか。

また、レースの合間によくジャイロとどうでもいい会話を交わしている。ジャイロがジョークや歌を披露した際はメモを取るほど大絶賛しており、「バンド組む?」とまで言った。ただし無表情で。

「ん~~!! なかなかオモシロかった かなり大爆笑!」
「いいよジャイロ! 気に入った!」「激ヤバかもしれないッ!」

…………が、『ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル』内での仗助に対するセリフの棒読み加減からすると、上記のセリフも心がこもってない可能性も。

歴代ジョジョの中でも劇中で泣くシーンが多い人物。それも仲間の死を悼むといったものではなく、絶望や失望または恐怖から泣く事が多いのも特徴である(物語終盤でもその傾向は変わっていない)。
『気高い飢え』『漆黒の意思』といった、それまでの歴代ジョジョが持つとされる黄金の精神と異なった価値観を持っていることからも、その異色さは際立って見える。

容姿

アメリカの国旗を連想させる衣装を身にまとっている。基本的にカラーに決まりはないが、多くの絵師から青や水色などの寒色系で描かれることが多い。
レースの5th STAGEでのサンドマンとの戦闘後、彼のスタンドのようにフードの部分に鳥の羽根を飾るようになった。ちなみに帽子に付いている飾りは『蹄鉄』と呼ばれる馬具。西洋では魔除けとして幸運をもたらすとされる。

騎手時代はかなりモテていたため、人気の高さを差し引いても容姿は悪くないと思われる。

スタンド:タスク(牙)

牙


爪を回転させ、カッターのように物体を切り裂いたり、弾丸のように射出したりすることができるスタンド。
詳しくは該当記事を参照。

一巡前との繋がり

ジョニィはあくまで愛称であり、本名はジョナサン・ジョースター
この事から、一巡後の世界におけるジョナサン・ジョースターに相応する存在と目されている。
しかし父親との確執、兄や『ダニー』の名前を付けられた鼠に負い目がある、エリナ・ペンドルトンに相応する人物との出会いも幼い頃には無かった(第7部終了後に出会い、結ばれている)など、第一部の『ジョナサン』とは似ても似つかない境遇となっている。担当声優も第1部の『ジョナサン』とは別人である。

ただ、ジョナサン・ジョースターとディオ・ブランドーが強い因縁で結ばれていたように、一巡後の世界でも彼とディエゴ・ブランドーは強い因縁で結ばれているようだ。

また、ゲーム『アイズオブヘブン』では、ディエゴがジョナサンを見た際、「こいつがジョジョ…この世界のジョニィ・ジョースターか」と呼ぶ一幕がある。

担当声優

水島大宙(VOMIC版)
梶裕貴オールスターバトル、及びアニメ版)

関連イラスト

メイキングジョニィ
さようなら。


Johnny
チュミミ〜ン



関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 7部 SBR ジョースター家
ジャイロ・ツェペリ ディエゴ・ブランドー ファニー・ヴァレンタイン大統領
ホット・パンツ ルーシー・スティール

関連記事

親記事

SBR すてぃーるぼーるらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョニィ・ジョースター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4923230

コメント