ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

平行世界から来たディエゴ

へいこうせかいからきたでぃえご

ファニー・ヴァレンタインのスタンド「D4C (いともたやすく行われるえげつない行為) 」によって基本世界に連れてこられたディエゴ。
目次 [非表示]

オレだけの時間だぜ


概要

ヴァレンタイン大統領によって平行世界から連れて来られたディエゴ・ブランドーたち。

劇中には基本世界のディエゴも含めて以下のディエゴたちが登場する。


  1. ディエゴA:基本世界のディエゴ。
  2. ディエゴB:D4Cに敗れて死ぬが、死に際にウェカピポを利用してディエゴAを助ける。
  3. ディエゴC:D4Cによって基本世界に連れてこられ、攻撃に利用されるも、D4Cの能力を知ったディエゴAによって元の世界に返される。

声優


ネタバレ

 【警告】

※以下は『ジョジョの奇妙な冒険』第7部「スティール・ボール・ラン」終盤のネタバレを含みます









































































THE・WORLD』俺だけの時間だぜ










ディエゴ・ブランドー(Dio)

ディエゴD:最後に戦った4人目のディエゴ。本作の真のラスボス


正体

ジョジョの奇妙な冒険』第7部「スティール・ボール・ラン」の真のラスボス

ヴァレンタイン大統領との死闘の末、基本世界のディエゴ・ブランドーは死亡したが、その上昇志向を見込んでいた大統領によって平行世界から後継者として基本世界に連れて来られた。

命名はアイズオブヘブンから。オールスターバトルRでは「平行世界から来たディエゴ」名義。読者には「世界ディエゴ」とも呼ばれる。


ディオと同様、「無駄」が口癖である。

なお、基本世界のディエゴが死んだことで、ほとんどの世界で彼らは死に、唯一生き残っていたのがTHE WORLDを所有するディエゴのようである。


性格

基本世界のディエゴと比べると落ち着いた面が大きく出ており、大統領と出会った時に心配したり、彼を信用すると独白するなど酷い野心家と言うほどではない。

逆にルーシー・スティールを捕まえた時は、弄んでから殺すことを告げるなど歴代ラスボスの中でも俗っぽい悪としての部分を持つ(とはいえディオ・ブランドーポコの姉を従えようとしたり、DIOに至っては不特定多数の女性と関係を持っているなど女性に興味がないわけではない。しかしながらジョジョの世界においては、力尽くで女を犯そうするタイプの敵は珍しい)。

またジョニィの隙を突こうと思えばできたにもかかわらず遺体の奪取を優先して即座に立ち去るなど、目先の勝利に捉われず優先事項を冷静に分析できる。


スタンド『THE・WORLD

自分以外の時間を5秒ほど止める能力。ラッシュ時の掛け声はDIOを髣髴とさせる「無駄無駄」。


「5秒ほど」止めるため、前世界の彼に相当するDIOザ・ワールド、同じタイプのスタープラチナ・ザ・ワールドように停止時間が延び縮みすることはない模様。


最期

大統領を倒したジョニィ・ジョースターの隙を突き遺体を奪取。そのまま基本世界の自分と成り代わってレースを続けながら市街地にてジョニィと死闘を繰り広げる。事前に大統領からジョニィの能力を聞いていたこともあり、片足を犠牲にすることで能力をジョニィに押しつけることに成功。戦闘不能となったジョニィを置き去りにし、レースにも優勝を果たす。そして悠々と大統領が用意していたシェルターに遺体を保管しようとする。この時に「あんたを信じるよ」と大統領に向けて独白している。


が、しかしそこへルーシー・スティールが立ちはだかる。取るに足らない存在と見たディエゴはルーシーを取り押さえ、弄んでから殺すことを告げる。ところが彼女が手にしていたモノを見て顔色を無くす。なぜならそれは、先程死亡した基本世界のディエゴの生首だったからだ。

違う世界同士のモノが接触すると消滅してしまう。ディエゴは時間を止めて逃げだすが、先の戦闘で片足を失っていたため間に合わず、慌ててルーシーを殺そうとするも時間停止が解除されると同時に引き寄せられた生首と接触。頭部を失った首なし死体となった。


「やめろオオオオオオWRYYYYYYYY────────ッ!!」


しかも基本世界のディエゴが乗っていたシルバーバレット(乗馬)が発見され、運営側から「馬の乗り換えは不可」というルール違反を犯したと判断されてしまう。更にディエゴは行方不明とされたため弁明もなく失格となり、勝利者から一転して敗北者となり二重の敗北を喫することとなった。


第1部ディオはまんまとジョナサン遺体を手に入れ敗残者から100年の時を経て復活を遂げたが、ディエゴに関しては完全な敗北者という末路を辿った。


また皮肉にも、首だけになったディオとは逆に彼は体だけになってしまっている。


世界が不完全な一巡の末に再構築された結果、ディエゴは「ディオだから」という理由だけで全てが説明出来た究極の悪の王ではなくジョニィ・ジョースターの道を阻む敵の1人でしかなくなったのかもしれない。


ゲーム作品への出演

アイズオブヘブンではプレイアブルキャラクターとして登場。なお、ストーリーには基本世界のディエゴしか登場しない。


オールスターバトルRではDLCとして登場。

DIOと戦わせると「同じ能力のスタンド? どうなっているんだ」と戸惑いを露わにする。逆にDIOからは同じスタンドということで興味を持たれ「試してやろう」と上から目線で告げられる。

ちなみにDIOに敗北すると「5秒しか止められないなら自分のスタンドの足元にも及ばない」と身も蓋もない評価をされる。


関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 スティール・ボール・ラン

ディエゴ・ブランドー ファニー・ヴァレンタイン DIO

THE・WORLD


平行世界

関連記事

親記事

ディエゴ・ブランドー でぃえごぶらんどー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16948

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました