ピクシブ百科事典

スターダストクルセイダース

すたーだすとくるせいだーす

荒木飛呂彦の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の第3部のことである。
目次[非表示]

ジョジョの奇妙な冒険」第三部の副題。
連載当時の副題は「第三部 空条承太郎 ―未来への遺産―」であった。
週刊少年ジャンプ1989年16号 - 1992年19号連載。全152話。単行本では12巻-28巻に当たる。
主人公側であるジョースター家の血統を受け継ぐ者たちと宿敵ディオ・ブランドーとの長年に渡る因縁の戦いの決着を描いている。

あらすじ

1987年、ジョースター家の宿敵であるDIOジョナサン・ジョースターの肉体を乗っ取り蘇った!
その影響で、ジョナサンの子孫ジョセフ、ジョセフの孫である空条承太郎に、突如スタンド能力が発現する。
承太郎の母、空条ホリィにもスタンドが発現するが、悪影響に蝕まれた彼女は高熱に倒れ、もって後50日という危篤状態に陥ってしまう。
彼女を救うにはエジプトにいるであろうDIOを倒すしかない。
かくして、承太郎達はDIOのいるエジプトを目指し旅立った…。

概要

エジプトにいるDIOを倒すべく承太郎一行が世界中を巡るという、単純明快なロードムービー調活劇である。
1部、2部は5巻~7巻程度で完結していたが、この第3部から構想が大幅に膨らむようになり、連載は3年以上続くことになった。
シリーズを支える重要な要素であるスタンドという概念や「星形の痣」といった設定も、この第3部から登場する。

所謂「ジャンプ黄金期」がピークに向かって発行部数がうなぎ登りにあった時期に連載されていたため、知名度と人気の高さは歴代シリーズ随一である。
よってファンならずとも「ジョジョ」といえばこの3部を思い浮かべる人が非常に多く、ゲームやアニメ等の他メディアで扱われる機会も他の部に比べて多い。

シリーズ中最も「ジャンプ漫画らしい」描写と展開を意識しているが、同時にジョジョらしさも全開で両立されており、スタンドバトルの激しさ、スリリングな駆け引き、パロディとユーモア要素、多様な登場人物、名台詞の数々、有名なDIOとのラストバトルなど、エピソード自体の完成度も極めて評価が高い。

最終ラウンドだ!!!



ちなみに第2部は年老いたジョセフが日本に向かうシーンで終幕を迎えるが、これはそのまま第3部第1話の展開に繋がっており、シリーズ中でも前後の部の展開が密接に関連している特異な例である。

登場キャラクター

ジョースター一行

空条承太郎 / スタープラチナ
本作の主人公にして三代目ジョジョ。寡黙かつクールで冷静沈着だが、家族や仲間の危機は放っておけない性格。世間からは不良のレッテルを張られているが、心には黄金の精神を宿している。

ジョセフ・ジョースター / ハーミットパープル
承太郎の祖父で第二部・戦闘潮流の主人公。主人公を助ける先代枠の元祖。波紋使い。相変わらず軽く抜け目のない策士。承太郎にスタンドが発現したことを知り来日。

モハメド・アヴドゥル / マジシャンズレッド
ジョセフの友人であるエジプト出身の占い師。スタンド使いとしてこの手の事に関してはけっこう詳しい。真面目で揺るぎない意志を持っているが、根は短気で熱くなりやすい性格。

花京院典明 / ハイエロファントグリーン
承太郎の通う学校に転校してきた高校生。冷静沈着、仲間の和を大切にする性格で洞察力が鋭い。スタンドを持っているが故に周囲から距離を取って過ごしていた。最初は洗脳されて敵として登場したが戦闘後に承太郎の仲間となった。

ジャン=ピエール・ポルナレフ / シルバーチャリオッツ
フランス出身のスタンド使い。三枚目枠。最初は敵として立ちはだかったが、戦闘後に洗脳を解かれて仲間となった。騎士道精神を持ち友情に厚いが、激情的で軽く女好きな性格のコメディー

イギー / ザ・フール
エジプト上陸後にスピードワゴン財団が連れてきたのスタンド使い。ニューヨークで野良犬の頂点に君臨していた。当初は戦いに参加しなかったがペット・ショップ戦以降からは仲間として一緒に行動した。

DIOと悪のスタンド使い達

DIO / ザ・ワールド
ジョースター家の宿敵である邪悪の化身。第一部・ファントムブラッドにてジョナサン・ジョースターと相打となり海の藻屑となったかに思われたが生き残り、100年間海底で眠りについていた。DIOが復活してスタンド能力を持ったことが、ジョースター家の人間がスタンドを発現させた原因である。

タロットカードの暗示を持つスタンド使い

グレーフライ / タワーオブグレー
金で雇われたスタンド使い。航空機などを事故に見せかけて墜落させ金品を巻き上げていた根っからの悪党で、スタンド使いの間でも結構有名だった。高速で飛び回るクワガタ虫のようなスタンドを操る。スタンドの出現位置・攻撃方法・死にざまなど、やけに舌にこだわる。動物型スタンドの元祖と言える。

キャプテン・テニール(偽) / ダークブルームーン
承太郎達が乗り込んだ船の船長を殺して成りすました男。特に変装などはしていないようだが、元から本物と似ていたのだろうか。肺活量は常人の3倍もあり、6分以上も水中に潜っていられる。スタンドも半魚人のような姿で水中戦に特化している。作中で唯一、承太郎の未成年喫煙を咎めた人でもある。

フォーエバー / ストレングス
スタンド使いのオランウータン。人間に欲情するほどの高い知能を誇る。一般人にも見えて触れられる物質同化型スタンドの持ち主にして元祖。ボロ船を巨大タンカーに変化させ、自分のスタンドで海を渡ってきた。

呪いのデーボ / エボニーデビル
アメリカンインディアンの呪術師という触れ込みで活動する暗殺者。政財界の大物や軍人などの御用達。スタンド使いの間でも有名だった。自分をワザと攻撃させ、その時の恨みの力で人形を操り攻撃してくる。

ラバーソール / イエローテンパランス
DIO配下のスタンド使い。肉と一体化し、本体を包み込んで攻撃を吸収し、相手の肉を喰らい増殖するスライム状のスタンドを操る。言葉使いが非常に汚く性根も腐りきっている。

ホル・ホース / エンペラー
西部劇のような服装をしているプロの殺し屋。ポルナレフと何度かやり合っているが、いずれも優位に立つなど実力は確か。殺人を行う際の冷静さに関してはDIOも認めている。No.1よりNo.2を自身の人生哲学としており、常にパートナーと一緒に登場している。本心ではDIOに忠誠心を持っておらず、強い者に従っているにすぎない。拳銃がスタンドで、弾丸もスタンドなので自由に操作が可能。

J・ガイル / ハングドマン
エンヤ婆の実の息子で、ポルナレフの妹の仇である両右手の男。鏡や水たまりなどの反射物から敵を攻撃するスタンドを持つ。心も見た目も醜いゲス野郎。ピクシブでは両右手になってしまったイラストにこいつのタグが付けられている。
鏡に「中の世界」なんてありませんよ・・・ファンタジーやメルヘンじゃあないんですから

ネーナ / エンプレス
ホル・ホースの恋人で、騙されて利用されていた被害者…………と思わせて、実はエンヤ婆が送り込んだ刺客の一人。見た目は美人だが本当の姿は醜女である。人面疽のようなスタンドを相手に取りつかせて攻撃してくる。

ズィー・ズィー / ホウィール・オブ・フォーチュン
車を魔改造するスタンドを操るスタンド使い。腕だけがマッチョで胴体は貧弱という奇妙な体格をしている。勝ったッ!第3部完!は有名な台詞である。

エンヤ婆 / ジャスティス
DIOの側近で、彼にスタンドを教えた張本人。J・ガイルの母親で、同じく両右手である。傷口から人の体内に侵入し操り人形にする霧状のスタンドと、老人とは思えない身体能力を持つ。スタンドの矢をもたらした人物であり、第4部以降のストーリーに大きな影響を与えた。

鋼入りのダン / ラバーズ
DIOに大金で雇われたスタンド使い。卑劣な性格で、相手の脳内に取り憑くスタンドでジョセフを人質に取って承太郎を散々痛めつけた。最後は3ページに渡るオラオララッシュを喰らっている(因みに彼が喰らった拳はDIOよりも多い)。

アラビア・ファッツ / サン
直訳すると「アラビアのデブ」。強力な太陽のスタンドで灼熱地獄をもたらす。ジョースター一行を苦戦させたが、本体登場はたったの一コマのみ。

マニッシュ・ボーイ / デス13
赤ん坊のスタンド使い。産まれて11か月しか経っていないが、既に自我を持っており頭が良く、大人を完全に馬鹿にしている。夢の中から攻撃してくる恐ろしいスタンドを持つ。

カメオ / ジャッジメント
相手が心から願った物の土から実体化させるスタンド使い。実体化した願いが生物ならば、意のままに操れる。戦法の関係上、相手の下調べは必須。本体は土遁の術のようにして地中に潜んでいたが、アヴドゥルらに酷い仕打ちを受けた。

ミドラー / ハイプリエステス
鉱物やそれで出来た物に化けるスタンドを操るスタンド使い。原作ではわずか一コマのみの登場で、顔も分からなかったが、アーケードゲーム版で使用キャラとなった際に新しく全身像が描かれた。また言葉遣いも原作とは異なる。

エジプト9栄神の暗示を持つスタンド使い

ンドゥール / ゲブ神
DIOを「悪の救世主」と呼び、絶対の忠誠を誓う盲目の男。エジプト上陸後で最初の敵。水を操るスタンド使いで、遠距離から反響音で相手の位置を探り的確に攻撃してくる。

オインゴ / クヌム神
オインゴボインゴ兄弟の兄。変身能力を持つ。承太郎に化けたのが裏目に出て散々な目に遭う。

ボインゴ / トト神
オインゴボインゴ兄弟の弟。定期的に未来のことが描かれた漫画が浮き出る本がスタンド能力。この本は実際に商品化されている。

チャカ / アヌビス神
500年前の刀鍛冶が本体で、本体の死後も一人歩きしている呪いの妖刀。刀を抜いた人物を操り剣豪にしてしまう能力を持つ。チャカは最初に操られた人物で、チャカが敗れた後も床屋の主人(カーン)、ポルナレフと次々に本体を乗り換えてしつこく承太郎らと戦った。

マライア / バステト女神
脚がグンバツなナイスバディの女。でもキレると汚い言葉を使ってくる。磁力を相手に纏わせるスタンドを持つ。

アレッシー / セト神
38歳独身の中年男性。弱い者いじめが大好きな下劣な性格で、特に子どもをいじめるのが大好き。本体の影がスタンドで、影を踏んだ人を若返らせるスタンド能力で相手をチビッ子に若返らせ一方的に攻撃してくる。

ダニエル・J・ダービー / オシリス神
ダービー兄弟の兄。根っからのギャンブラーでギャンブルで負かした相手の魂をスタンド能力でコインにしてコレクションしている。ジョセフをも破った強敵。

ペット・ショップ / ホルス神
隼のスタンド使いで、DIOの屋敷の番鳥。侵入者や屋敷を嗅ぎまわる人物は容赦なく殺す残虐な性格。氷と冷気を操るスタンド能力で、氷の塊や氷柱ミサイルで攻撃する。

テレンス・T・ダービー / アトゥム神
ダービー兄弟の弟。DIOの執事をしている。兄はギャンブラーだがこっちはゲーマーであり、やはり負かした相手の魂をお手製の人形に封じ込めてコレクションにして遊んでいる。「もしかしてオラオラですかーッ!?」のシーンは屈指の名場面である。

DIOの屋敷内の配下

ヴァニラ・アイス / クリーム
DIOに狂信的なほどの忠誠を誓う腹心。DIOのためなら自身の首も切断するほど。あらゆるものをガオンしてしまう恐ろしく強力なスタンドと、「ドス黒いクレバス」と例えられる執念で立ち塞がる。

ケニー・G / ティナー・サックス
五感全てに影響を与える幻覚を操るスタンドを持つ。スタンド能力でDIOの館の中を迷宮に仕立て上げていたがイギーに本体の隠れ場所を見破られ、数コマでやられた。

ヌケサク
DIO配下の吸血鬼。スタンドを持たず、名前の通りヌケサク野郎。後頭部にもうひとつの顔を持ち、関節を反対側に曲げることで別の人間になり済ます能力を持つが、一発で見破られる。

その他の人物

空条ホリィ
ジョセフの愛娘で承太郎の母親。DIO復活の影響でスタンドが発現したが制御できず危篤状態に陥ってしまう。

スージーQ・ジョースター
ジョセフの妻。2部から数十年後でも天然な性格は相変わらずである。

家出少女(アン)
テニールの船に乗って密航していた少女。最初は男装していた。途中まで一行に同行しており、承太郎に惚れている様子も見せることから読者に本作のヒロインか?と思わせるが、あっさりと退場。作者が男臭い一行に女性キャラを加えようと思って登場させたが、思うようにいかず結局退場させたという説がある。
TVアニメ版にて初めて名前がつけられた。

ウィルソン・フィリップス上院議員
アメリカの上院議員。DIOの運転手兼投擲武器。ジョジョで上院議員と言えば間違いなくこの男。作中では酷い目にあわされ死亡。

メディアミックス

ゲーム

  • SFC版『ジョジョの奇妙な冒険』  RPGだが、ストーリーの超改変などあまりにもおかしい出来であるため黒歴史を一巡してネタゲー扱いされている。
  • 『ジョジョの奇妙な冒険(未来への遺産)』  カプコンによって開発された格闘ゲームで、「三部ゲー」といえばこれを指す。システムの完成度が高く原作再現も緻密で、現在でも評価の高い作品として知られる。アーケード版がオリジナルで、後にプレイステーションにも移植されたが、出荷本数が少なかったため、中古にはプレミアがついている。


CDカセットブック

いわゆるドラマCD。全3巻。若本規夫がDIOを演じていることで有名。

OVA

A.P.P.P.により制作されたOVA。1993-1994年に後半のエジプト編、2000-2002年に前半が作られた。
エジプト編については、荒木氏の「アニメとして面白い作品を作ることにこだわってほしい」というオーダーを受け、原作再現よりも作画・演出の完成度が目立つ内容に仕上がっている(「「タンクローリーだッ!」が顕著な例)。
この他ストーリーの方も、尺に合わせてか一部改変されているため、ファンの間では賛否が分かれている。若い美女に変装しているエンヤ婆は必見。
本作中にDIOがコーランを読むシーンがあるが(原作ではタイトルの書いていない本)、これに「コーランは悪党が読むものというイメージを与えかねない」とイスラム教団体から苦情が寄せられたため、本作は回収・絶版されることになった。

小説

『ジョジョの奇妙な冒険:砂漠発地獄行』(著:関島眞頼)
『ジョジョの奇妙な冒険:熱き砂の墓標』(著:山口宏)
上記2作は1冊にまとめられ単行本として発売されている。

TVアニメ

2014年春、4月4日よりTOKYO MXなどで放送開始。
さらに2015年冬には後半のエジプト編が放送。
1部2部のTVアニメはキャラクターのデザインがかなりリファインされているのに対し、この3部アニメはかなり原作の絵柄を再現したままアニメ化されている。ストーリーも原作再現に重きを置いており、またオリジナルのシーンは原作の穴を補完するようなものが多く、評価は概ね良い。

サブタイトル・敵

前期(タロット編)

1悪霊にとりつかれた男アヴドゥル
2裁くのは誰だ!?花京院
3DIOの呪縛(特になし)
4灰の塔グレーフライ
5銀の戦車ポルナレフ
6暗青の月偽テニール船長
7フォーエバー
8悪魔呪いのデーボ
9黄の節制ラバーソール
10皇帝と吊られた男その1ホル・ホース&Jガイル
11皇帝と吊られた男その2ホル・ホース&Jガイル
12女帝ネーナ
13運命の車輪ズィー・ズィー
14正義その1エンヤ婆
15正義その2エンヤ婆
16恋人その1鋼入りのダン
17恋人その2鋼入りのダン
18太陽アラビア・ファッツ
19死神13その1マニッシュ・ボーイ
20死神13その2マニッシュ・ボーイ
21審判その1カメオ
22審判その2カメオ
23女教皇その1ミドラー
24女教皇その2ミドラー

エジプト編
25「愚者」のイギーと「ゲブ神」のンドゥールその1イギー、ンドゥール
26「愚者」のイギーと「ゲブ神」のンドゥールその2ンドゥール
27「クヌム神」のオインゴと「トト神」のボインゴオインゴ&ボインゴ
28「アヌビス神」その1アヌビス神
29「アヌビス神」その2アヌビス神
30「バステト女神」のマライアその1マライア
31「バステト女神」のマライアその2マライア
32「セト神」のアレッシーその1アレッシー
33「セト神」のアレッシーその2アレッシー
34ダービー・ザ・ギャンブラーその1ダニエル・J・ダービー
35ダービー・ザ・ギャンブラーその2ダニエル・J・ダービー
36ホル・ホースとボインゴその1ホル・ホース&ボインゴ
37ホル・ホースとボインゴその2ホル・ホース&ボインゴ
38地獄の門番ペット・ショップその1ペット・ショップ
39地獄の門番ペット・ショップその2ペット・ショップ
40ダービー・ザ・プレイヤーその1テレンス・T・ダービー
41ダービー・ザ・プレイヤーその2テレンス・T・ダービー
42亜空の瘴気ヴァニラ・アイスその1テレンス・T・ダービー、ケニーG、ヴァニラ・アイス
43亜空の瘴気ヴァニラ・アイスその2ヴァニラ・アイス
44亜空の瘴気ヴァニラ・アイスその3ヴァニラ・アイス、ヌケサク
45DIOの世界その1DIO
46DIOの世界その2DIO
47DIOの世界その3DIO
48遥かなる旅路 さらば友よDIO

スタッフ

原作 - 荒木飛呂彦
プロデューサー - 大森啓幸、森亮介、福田順、林俊安
製作協力 - 川瀬浩平
プロデュース協力 - 里見哲朗
シリーズ構成 - 小林靖子
キャラクターデザイン・総作画監督 - 小美野雅彦
サブキャラクターデザイン・プロップデザイン - 町田真一
美術設定 - 青木薫、ソエジマヤスフミ
美術監督 - 吉原俊一郎
色彩設計 - 村田恵里子
撮影監督 - 山田和弘
編集 - 廣瀬清志
音響監督 - 岩浪美和
音響効果 -
音楽 - 菅野祐悟
音楽制作 -
アニメーションプロデューサー - 梶田浩司
ラインプロデューサー - 笠間寿高
アニメーション制作 - david production
ビジュアルディレクター - ソエジマヤスフミ
シリーズディレクター - 鈴木健一
ディレクター - 津田尚克
製作 - ジョジョの奇妙な冒険SC製作委員会(ワーナー・ホーム・ビデオ & デジタル・ディストリビューション、集英社、クロックワークス)

主題歌

OP(前期)
「STAND PROUD」
歌:橋本仁 / 作詞:藤林聖子 / 作曲:若林タカツグ / 編曲:ZENTA
ED(前期)
Walk Like An Egyptian
作詞・作曲:LIam sterberg / 歌・演奏:bangles
OP(エジプト編)
ジョジョ その血の記憶~end of THE WORLD~
歌:JO☆STARS~TOMMY,Coda,JIN~ / 作詞:藤林聖子 / 作曲:田中公平 / 編曲:田中公平、村瀬恭久
ED(エジプト編)
「Last Train Home」
作曲:Pat Metheny / 演奏:Pat Metheny group

関連イラスト

3部一行


関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 ジョジョ JOJO 3部 星屑十字軍
スタンド スタンド使い ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧
やれやれだぜ てめーは俺を怒らせた ズアッ 現実は非情である 勝ったッ!第3部完!

2014年春アニメ 2015年冬アニメ

ジョジョの奇妙な冒険
第2部「戦闘潮流第3部「スターダストクルセイダース」第4部「ダイヤモンドは砕けない

関連記事

親記事

ジョジョの奇妙な冒険 じょじょのきみょうなぼうけん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スターダストクルセイダース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9000069

コメント