ピクシブ百科事典

スタンド使い

すたんどつかい

スタンド使いとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』に登場する能力・スタンドを持つ者の総称である。
目次[非表示]

pixivではそれっぽい表現を伴う作品に付けられる場合が多い。

概要

ジョジョの奇妙な冒険』の第三部から登場したスタンド
これを発現させ、操り、使いこなす者をスタンド使いと呼ぶ。
中には穏やかな性格であったり幼かったりすることでスタンド能力を発現させても制御しきれない者もおり、高熱を発症し、最悪の場合自分のスタンドに憑り殺される。
また、人間だろうと動物だろうと無機物であろうとスタンド使いである。

そして、スタンド使いは互いに引かれ合う

種類

スタンド使いには大きく分けて3つのパターンがある。

  • 先天的なスタンド使い
例)花京院典明ジャン=ピエール・ポルナレフモハメド・アヴドゥルなど。
後述するパターンに当てはまらず、生まれながらにして若しくは突発的にスタンド能力が発現したと思われるパターン。
第三部に登場した多くのスタンド使いが該当するものと思われる。
幼少期、時にはマニッシュ・ボーイのように乳飲み子の頃からスタンド能力を有する者もいるため肉体が幼くなってしまってもスタンドを有する。しかし幼いとスタンドの姿形も幼く、その能力も本体の未熟な精神力に見合ったものとなる。

  • 後天的なスタンド使い
例)DIOディアボロエンリコ・プッチなど他多数。
第四部以降に登場するアイテムスタンドの矢で貫かれるなどによって後天的にスタンド能力を発現させた者たち。
第三部の敵、DIOもこのアイテムでスタンド能力を入手するに至る。
第五部第六部を含め、多くのスタンド使いはこの方法で発現させ、DIOが第三部で多くのスタンド使いを配下に置いていたのもこの矢によるものであるということが承太郎とポルナレフの調査及びアニメオリジナルの描写から判明する。
ほかにもスタンド能力による発現ボーイ・Ⅱ・マンホワイトスネイク)もある。
7部では以下の方法でもスタンド能力が発現している。
『遺体』を体に取り込む
例)ジョニィ・ジョースターディエゴ・ブランドーなど。
『悪魔の手のひら』と呼ばれる地域に遭遇する
例)マウンテン・ティムファニー・ヴァレンタイン大統領など。

また第六部のケンゾーのように何らかの領域を極めることで、それがスタンドへと昇華し能力が発現することもあるようである。

  • 血縁者がスタンド使い
例)ジョースター家の一族エンヤ婆J・ガイル親子、トリッシュ・ウナウェザー・リポートなど多数。
スタンド使いを血縁者に持つがゆえにスタンド能力を発現させたと思われるパターン。
エンヤ婆J・ガイル親子、オインゴボインゴ兄弟、ダービーテレンス兄弟など血縁者同士がスタンド使いである例は多く、血の繋がりの強さによる影響が見て取られ、そのスタンドの身体的特徴やステータス、スタンド能力に類似性がみられることも多い。
先天的なスタンド使いでなくても後天的にスタンド能力が発現することで、その血縁者たちもスタンド能力が発現することがある。
一族の者には必ず星形の痣が出るジョースター家や、双子の兄弟のような強固な血の繋がりが影響を与えているとも捉えられる。
スタンドの矢に貫かれた時期ないしおおよそ一年以内に血縁者にスタンドが現れることがあるが、東方仗助のように後年になって年単位の時間差でスタンド使いになった者や、幼少期のジョルノ・ジョバァーナのようにスタンド能力に対して無自覚だったケースも存在する。
またスタンド能力が発現していなくても血縁者にその素質が受け継がれている可能性は高いらしく、空条徐倫のように何らかの要因がきっかけでスタンド能力を発現する者もいる。
空条ホリィのようにスタンドを制御しきれない場合でも、発現の要因となった者の死をもってスタンドの呪縛から解放される者もいる。

関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険
スタンド ジョジョの奇妙な冒険・スタンド一覧
超能力者 エスパー

関連記事

親記事

スタンド すたんど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スタンド使い」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「スタンド使い」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1823932

コメント